星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 前途多難の星野写真 | TOP | みずがき湖での北天ぐるぐる >>

2013.01.11 Friday

1/8のリニア彗星(C/2012K5)

0


    1/8の晩(夕方)に撮影した「リニア彗星(C/2012K5)」です。

    1/4の晩にみずがき湖で撮影した写真のご紹介がまだ終わっていませんが、先にこの写真をご紹介します。


    彗星の符号は、以下のように付けられます。
      ・「C/」は、非周期彗星および周期の長い周期彗星に付けられます。(短周期彗星ではないということです。)
      ・「2012」は発見された年を表します。
      ・発見された月を、さらに上旬と下旬に分けて、アルファベットを振り分けます。(ただし、IとZは使いません。)
       この彗星は5月の下旬に発見されたので「K」が付きました。
      ・さらにその期間内で発見された順に数字が付きます。
       この彗星は5番目に発見されたので「5」が付きました。



    ヒアデス星団とリニア彗星(C/2012K5)

      撮影日時 : 2013/01/08 19:16〜  180sec×4枚
      撮影場所 : 山梨県・鳴沢村の育樹記念広場  気温は約−8℃
      カメラ : EOS 60Da (ISO1600、RAW)
      フィルター : LPS-P2 (FF)
      レンズ : EF100mm F2.8 Macro (F2.8)
      トリミング : 92.6%×92.6%
      ガイド : EM10(ノータッチ)
      処理 : CameraRaw6、Photosop CS5、FlatAide


    リニア彗星(C/2012K5)は小ぶりですが、ダストの尾がよく写ります。
    地球との距離が小さい(0.38AU)ので、動きがとても速いです。
    3分露光で連続して撮影しましたが、移動が分かりました。
    でも、恒星に合わせて単純にコンポジットしています。

    この日は ”ヒアデス星団” の近くにいました。
    オレンジ色の星が ”アルデバラン” で、一番明るいのは ”木星” です。

    全体に茶色っぽくもやもやしているのは分子雲(星間雲)でしょうか?
    部分的なムラが、光学系の非フラット性によるものなのか、カブリなのか、分子雲なのか、とても悩ましいです。
    ちゃんとフラットフレームを作ってフラット補正しないと駄目かなあ?
    分子雲だとしたらFlatAideで消えてしまいそうなので、50%の不透明度で元画像と合成しました。










    コメント

    こんにちは。

    謎が解けました。
    リニア彗星の記号の意味。彗星を少し身近に感じることができます(笑)
    100mmでこんなにハッキリ尾が撮れるんですね。もちろん撮影者の技量なんでしょうけど。

    わたし、やまねももんがさんのブログ掲載の写真たちに触発され、
    撮影システムの改変作業中です。なにせ全てが一張羅なもんで(笑)

    星雲・銀河は拡大せずとも星雲・銀河なんだなぁ、
    ということを教えていただき有難うございます。
    星景・星野写真がアップ出来るよう挑戦してみます。

    ○十の手習い(笑)
    2013/01/11 12:12 PM by 山口のじぃ
    こんにちは。

    リニア彗星、もうヒアデス付近にいるんですね。
    早く撮らないと暗くなってしまうと思いつつ、全く晴れない夜が続いています。
    太平洋側が羨ましいです。
    この冬は特に天気が悪く、困っています。

    小さいけれど、彗星らしい姿をしていますよね。
    眼視で一度、見たきりです。
    2013/01/11 12:31 PM by まっちゃん
    >山口のじぃ様、こんにちは。

    リニア彗星などは同じ名前のものがたくさんあるので、符号で言わないと混乱してしまいますよね。
    この彗星はダストの尾が意外と良く写りますよ。
    位置も撮影しやすい場所にいますので、今がチャンスだと思います。

    私は拡大撮影できる機材が無いので、中望遠レンズでやってみるつもりです。
    それによって星雲星団の位置なども覚えていきたいと思っています。

    撮影システムを変えるのはいろいろと大変でしょうが、頑張って下さいね。
    2013/01/11 12:55 PM by やまねももんが
    >まっちゃんさん、こんにちは。

    はい、ふたご座流星群のときは北斗七星のところにいたのですが、動きがとても速いです。
    夕方から夜中過ぎまで見えているので、撮影等はやり易いですね。
    ダストリッチなのでしょうか、尾が良く写りました。
    2013/01/11 1:02 PM by やまねももんが
     やまねももんがさんの写真を拝見していると、カメラレンズでの撮影の素晴らしさがひしひしと伝わってきますね。
     実は、私も、カメラレンズで木星・アルデバランとリニア彗星のスリーショットを狙ってステラナビで写野を印刷していたのですが、撮影できませんでした。もっとも、わたしの環境では、存在が確認できるというレベルだったとは思いますが(苦笑。
    2013/01/11 2:17 PM by 阪神ファンいっこう
    >阪神ファンいっこうさん、こんにちは。

    カメラレンズでの撮影も、望遠鏡での撮影も、それぞれに面白さや楽しさがあると思います。
    でも隣りの芝生は青く見えるのも確かです(苦笑)。

    いっこうさんも、これを狙っていたのですか?
    彗星がもう少し明るければ、もっと焦点距離の短いレンズで狙ったのですがねえ。
    2013/01/11 2:52 PM by やまねももんが
    この場所なら光害フィルターは要らないかも知れませんね。
    こんな珍しい4ショットが見られたとは!
    事前に教えてくれないとダメですよ!
    2013/01/11 5:54 PM by まるこう
    >まるこうさん、こんばんは。

    この日の第一目的は、彗星の撮影ではなかったのです。
    でも出かける前にステラナビゲータでチェックしたら、ヒアデス星団の近くにいるじゃないですか。
    そこで、フォーカスチェックや露光条件のチェックも兼ねて、彗星を撮ってみました。
    夜半前の早い時間帯は街明かりで空が明るいので、フィルターは使ったほうが良いかなと思いました。
    2013/01/11 7:35 PM by やまねももんが
    リニア彗星も大分大きく明るくなりましたね〜。
    中望遠でも彗星がこのくらいの大きさになると見栄えがいいですね。

    アルデバラン付近は分子雲の宝庫ですよ、ちょうどほんまかさんが同じような構図で作例をアップされていますので、是非ご覧になってください。
    2013/01/11 9:03 PM by hana
    今さっき星撮りから帰還しました。
    今朝、やまねももんがさんのブログでリニア彗星の記事を見て、無性に挑戦してみたくなり性懲りもなくまるやち湖へ出掛けました。
    もちろん、私のスキルでは無理でしょうが、心眼で見えたこと、撮ったことににしておきます。
    今日は遅いので、もう寝ます。zzz
    2013/01/12 12:28 AM by 温泉日和
    >hanaさん、おはようございます。

    100mmのレンズでは無理かなあと思ったのですが、大丈夫でした。
    ダストの尾が結構しっかりしていて、いかにも彗星っていう姿ですね。
    パンスターズ彗星が楽しみです。

    ほんまかさんの作品は凄いです。
    分子雲が一目で分かりますね。
    私のは写真のムラかもしれません(苦笑)。
    トータルの露光時間を長くするのが基本だと分かりました。
    2013/01/12 6:18 AM by やまねももんが
    >温泉日和さん、おはようございます。

    昨晩は晴れたのですか?
    雲が多いという予報だったので、私は出かけませんでした。
    この彗星は小ぶりですが尾がしっかりしているので、写ったのではないでしょうか?
    結果が楽しみですね。
    今頃はまだ布団の中でしょうか?
    2013/01/12 6:24 AM by やまねももんが
    はじめまして。肉眼で夕方から夜の惑星をみるのが趣味の者ですが、いっこうさんのところでリニア彗星を見て、とても興味が湧いて質問をしてこちらをご紹介いただきました〜。彗星の名前の付け方、いっこうさんのおっしゃる通り、とてもよくわかりました。ありがとうございました!
    2013/01/14 11:45 PM by felizmundo
    >felizmundoさん、おはようございます。

    ようこそお越し下さいました。
    彗星の名前は発見者の名前が付くのが基本です。
    しかし最近は個人の発見はほとんどなくて、サーベイシステムで一網打尽にされて、そのシステムの名前が付くことが多くなっています。
    リニアはアメリカMITの小惑星サーベイプロジェクトで、通称LINEAR(LIncoln Near-Earth Asteroid Research)と呼ばれているものです。
    その結果、リニアという名前の彗星がたくさん誕生してしまいます。
    だから符号を見ないとどの彗星かが分からなくなっているのですよね。

    2013/01/15 6:08 AM by やまねももんが
    すっかり出遅れましたが、この写真をみたとき、まっさきに木星とアルデバランの間にある「分子雲」に目がいきました!
    「ムラ」とおっしゃっていますが、ここにはちゃんとありますよね。
    でも、ただ「写ってる」だけじゃ納得いかないんですよね。
    だけどこれには、わくわくさせられました。彗星そっちのけですんません。
    2013/01/17 9:35 PM by ミッチー
    >ミッチーさん、おはようございます。

    分子雲なんて、数年前までは知らなかったし、自分の機材で写るなんて思いもしませんでした。
    でも、たっぷり露光して適切に処理してやると浮かび上がってくるのですよね。
    これはとても驚きです。
    この写真は、リニア彗星の動きが速いので露光は短めにしているので、ほとんど分かりません。
    分子雲、見えますか?
    やはりムラじゃないですか?
    2013/01/18 5:11 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top