星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 入笠山にて 春の星座たち (6年前の星空) | TOP | ブログランキングへの参加をやめました >>

2011.05.18 Wednesday

入笠山にて 夏の銀河(天の川) その2 (6年前の星空)

0

    6年前の入笠山シリーズの最後です。

    長野県の入笠山で、夏の銀河(天の川)を撮影しました。
    5/4にも撮影したのですが、それよりも満足できるものが撮れました。



    さそり

     2005/05/08 01:00  EF16-35mm(31mm) F2.8→2.8  ガイド撮影(180秒) DIFFUSER-FILTER
     EOS 20D RAW、ISO800  長野県 入笠山


    ”さそり” が夏の銀河(天の川)を引き連れて昇ってきました。
    星座の形がよく分るように、フィルタを使って明るい星を滲ませています。
    この付近の銀河(天の川)は太くて明るいですが、複雑な形の暗黒星雲もよく分ります。

    星が少し流れてしまっています。雲台のゆるみでしょうか?



    さそりと夏の銀河

     2005/05/08 00:47  FD35mm F2.0→2.8  ガイド撮影(20分) DIFFUSER-FILTER(10分)
     Canon T70  Kodak E200  トリミング : 90%×90%  長野県 入笠山


    リバーサルフィルムで撮影した「さそりと夏の銀河」です。
    露光時間の半分だけ、フィルタを使って明るい星を滲ませています。

    リバーサルフィルムとデジタル一眼レフカメラは、それぞれにメリットとデメリットがあります。
    でも露光時間が1/10程度で済むデジタル一眼レフカメラは、もう手放せません。

    先日はフィルムが浮いてしまったのですが、今日は大丈夫だったようです。



    夏の銀河(天の川)

     2005/05/08 01:19  EF16-35mm(16mm) F2.8→2.8  ガイド撮影(180秒) DIFFUSER-FILTER
     EOS 20D RAW、ISO800  長野県 入笠山


    デジタル一眼レフカメラで撮影した夏の銀河(天の川)です。

    ここは標高が1800mほどあり、街灯りの強い影響も避けられるので、夏の銀河(天の川)がきれいに写せました。
    もう少し季節が進むと、天の川が垂直に立ってくるので、もっとよく写るかもしれません。
    ただし ”さそり座” はすっかり寝てしまいますが。



    夏の銀河(天の川)

     2005/05/08 01:19  FD24mm F1.4→2.8  ガイド撮影(20分) DIFFUSER-FILTER(10分)
     Canon T70  Kodak E200  トリミング : 90%×90%  長野県 入笠山


    リバーサルフィルムで撮影した夏の銀河(天の川)です。

    1つ前の写真と比べてみると、この付近の銀河はデジタル一眼レフカメラでも良く撮ることが分りました。
    色合いに関しては、画像処理をしているので、正確な比較は難しいです。
    一方で、夏の大三角付近の銀河はリバーサルフィルムのほうが良く写ります。

    左端が少し黒いのは雲でしょうか?
    撮影していたときは気づきませんでした。



    夏の銀河(天の川)

     2005/05/08 01:47  FE15mm F2.8→2.8  ガイド撮影(10分)
     Canon EOS55  Kodak E200  トリミング : 90%×90%  長野県 入笠山


    夏の銀河(天の川)を対角魚眼レンズで撮影しました。
    ”さそり座” や ”いて座” から ”はくちょう座” までの天の川が写っています。

    雲が西から拡がってきて、さそり座の一部が見えなくなってきたので、10分の露光で切り上げました。(本当は20分以上露光したかったのですが。)

    下側ぎりぎりのところに明るい流星が写っていますが、撮影中は気が付きませんでした。









    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top