星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< これ、パンスターズ彗星かな? | TOP | やはり入念な準備が必要ですね >>

2013.03.12 Tuesday

星野写真(60Da、100mm) ペルセウス座領域2

0


    60Daと100mm中望遠レンズによる星野写真シリーズです。
    メシエ天体(全て),カルドウェル天体(一部),その他の面白そうな散光星雲や暗黒星雲、が対象です。


    この「ペルセウス座領域1」には、以下の天体があります。  (※ 領域名は私が勝手に付けています。)
      Mel.20 : 散開星団  α星付近のとても大きな散開星団です。
      NGC1528 : 散開星団






      撮影日時 : 2013/03/05 20:33〜  240sec×8枚
      撮影場所 : 山梨県・高根町  気温は約−2℃
      カメラ : EOS 60Da (ISO1600、RAW)
      フィルター : LPS-P2 (FF)
      レンズ : EF100mm F2.8 Macro (F4.0)
      ガイド : EM10(ノータッチ)
      処理 : CameraRaw6、Photosop CS5、StellaImage6.5、FlatAide




    StellaNavigator での写野  (恒星は9.0等まで、星雲星団は11.5等までを表示)




    Mel.20 (ピクセル50%表示で切り抜き)



    どこからどこまでが散開星団なんでしょうか?



    NGC1528他 (ピクセル50%表示で切り抜き)



    赤い散光星雲(NGC1491)が程よいアクセントになっています。










    コメント

    こんにちは。
    本当にMel20はどこからどこまでなんでしょうね。
    これを見るなら肉眼か低倍率の双眼鏡ですね。

    NGC1491は知りませんでした。 紅一点って感じですね。
    どうしても反対側の足のカリフォルニア星雲にスポットを当ててしまうので目立たないのでしょうね。
    2013/03/12 5:31 PM by かたくちいわし
    さすが、天の川領域。祭りができそうなくらい散開星団がたくさんありますね。
    NGC1513は星が面白い集まり方をしていますね。まが玉をひっくり返したような。まが玉星団と名付けます。言ったもん勝ち。
    2013/03/13 8:39 AM by まるこう
    >かたくちいわしさん、こんにちは。

    Mel20は、大きくて低倍率の双眼鏡で見るときれいでしょうね。
    写真は、もっと星の色が出るようにしたいです。

    NGC1491は、最初は随分と赤い星があるなあと思いました。
    でも拡大してみたら星雲じゃないですか。
    このシリーズをやって、随分と勉強させられていますよ。


    2013/03/13 1:15 PM by やまねももんが
    >まるこうさん、こんにちは。

    写真を眺めていて、何か星が集まっているように見えるなあと感じると、散開星団であることが多いですね。
    星雲や星団に名前をつけたら、どこへ申請するのでしょうね。
    2013/03/13 1:19 PM by やまねももんが
     地味なエリアのふりをして、意外ににぎやかですね。散開星団は、望遠鏡で直焦撮影してもまばらでつまらないので、カメラレンズの勝ちですね。
     星雲星団の呼び名は、言った者勝ちでしょう。○○とよばれている、みたいな書き方しか見たことありませんから(笑。わたしも名付け親になるぞ!
    2013/03/13 10:51 PM by 阪神ファンいっこう
    >阪神ファンいっこうさん、おはようございます。

    銀河に沿った領域なので、やはりいろいろありますよね。
    小さいけれど赤い星雲などはアクセントになって良いですね。
    特に大きな散開星団はカメラレンズが適しているようです。
    だから私の出番があるのですよ。

    どんどんユニークな名前を付けてくださいね。
    2013/03/14 6:32 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top