星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 星野写真(60Da、100mm) からす座領域1 | TOP | 3/15のパンスターズ彗星 >>

2013.03.15 Friday

3/14のパンスターズ彗星

0


    前日の夜から朝にかけて雨が降りましたが、天気の回復が芳しくありません。
    GPV予報では、山梨県は午後から夜半前にかけて雲が広がるようです。
    でも長野県まで行けば晴れそうです。

    長野県の原村へ出かけることにしました。
    大月から笹子トンネル付近は雨(みぞれかも?)が降っていて、気持ちに暗雲が広がります。
    でも甲府盆地の西側まで来ると、晴れ間が広がっていました。

    途中の八ヶ岳PAで休憩をとったときに、隅のほうで赤道儀を設置している人を見かけました。
    マークXでしたので、昔からの天文屋さんと思います。

    小淵沢ICで下りて鉢巻道路を原村方向へ進みましたが、西側の南アルプスに雲がかかっているのが気になります。
    かなり悩みましたが、引き返すことにしました。
    最初は山梨県の高根町を考えましたが、もう少し先の明野村までかっ飛びました。
    すでに太陽は見えなくなっていましたが、なんとか18時前に着きました。

    急いで赤道儀を組み立てて、極軸は大まかに北の方向(と思われる方向)に向けます。
    カメラを載せて、フォーカスを調整して、彗星を探しました。
    GPV予報通り?に南側から雲がやってみました。
    南アルプスにもかかってきましたが、彗星の方向だけは雲間があります。



    18:37  60Da + 200mm

     2013/03/14 18:37  EF200mm F2.8 F2.8→4.0  追尾撮影(0.8秒)  4枚をコンポジット(加算平均)
     EOS 60Da RAW、ISO1000  山梨県・明野村にて


    彗星が確認できたのは18:30頃だったでしょうか?
    でもじきに雲に隠れてしまい、雲の下にしっかり出てきたところを撮影しました。
    今日は赤道儀で追尾撮影していますが、露光時間が短くてほとんど効果がありませんね。



    18:39  5DMark2 + 100mm

     2013/03/14 18:39  EF100mm F2.8 Macro F2.8→4.0  追尾撮影(1.0秒)  4枚をコンポジット(加算平均)
     EOS 5DMark2 RAW、ISO1000  山梨県・明野村にて


    こうしてみると、ちょうど雲間に彗星がいますね。
    最近は運が良いのかなあ?
    でも、そろそろ運が尽きるかも。



    18:46  60Da + 200mm

     2013/03/14 18:46  EF200mm F2.8 F2.8→4.0  追尾撮影(2.0秒)  4枚をコンポジット(加算平均)
     EOS 60Da RAW、ISO1000  山梨県・明野村にて


    赤く染まった夕空に、双眼鏡(8×42)で彗星がしっかり見え、尾も分かりました。
    うちの奥さんもしっかり見えたと喜んでいました。
    でも、やはり肉眼では確認できません。
    彗星の右上に星が写っていますが、調べてみたら「うお座」の5.7等の星のようです。
    もっと明るい星だと思っていました。

    稜線がぼやけているのは、赤道儀で追尾撮影して、さらに4枚をコンポジットしているためです。

    ところで、彗星の尾は思っていたよりもずっと短いですね。
    この写真の写野は短辺が4.26度なので、ざっと見積もって0.5程度しかありません。
    この程度なのでしょうか?、それともまだ空が明るいからなのでしょうか?
    そう思うと、まだしばらく追いかけてみたくなります。
    でも、地平高度はあまり高くなっていかないし、そろそろ月明かりの影響が出てくるのですよね。



    18:47  60Da + 200mm

     2013/03/14 18:47  EF200mm F2.8 F2.8→4.0  追尾撮影(2.0秒)
     EOS 60Da RAW、ISO1000  山梨県・明野村にて


    上の写真から1分も経たないのに、もう南アルプスに隠れてしましました。
    頭部は見えていませんが、尾が写っていますね。
    稜線を少しでもはっきり表現したかったので、コンポジットしていません。










    コメント

    おはようございます。
    水墨画の世界に迷い込んだような気持ちです。
    ひとつひとつが絵になってる、素晴らしいです。
    私は人の作品を評価出来る技量はないですが、
    感動が伝わっていることだけは確かです。
    これからは心新たに、勉強のためお邪魔させていただきます。
    2013/03/15 10:09 AM by 山口のじぃ
    >山口のじぃ様、こんにちは。

    ありがとうございます。
    薄雲があると夕暮れの空は赤っぽくなって綺麗ですよね。
    でも彗星にとっては、もっと透明度の高い空のほうが良いですよ。
    風景写真でも、60Daでの撮影はノーマル機よりも赤っぽく写るようですね。
    2013/03/15 10:24 AM by やまねももんが
    こんにちは。

    関東甲信地方は天候の回復が遅れたんですね。
    でも、こうして雲があるのも風情があります。
    雲間に彗星がいるのは、やはり運がいいんですよ。

    私も透明度が良い高原や山へ行って撮りたいのですが、平日は動けず歯がゆい思いをしています。
    60Daは、夕空を撮るとだいぶ赤っぽくなるんですね。

    2013/03/15 11:55 AM by まっちゃん
    >まっちゃんさん、こんにちは。

    八王子は太陽が全く顔を出しませんでしたよ。
    でも何とか見れて撮影できたので良かったです。

    仕事があるとそうですよね。
    私もヘールボップ彗星の時はそんな状態でした。

    60Daはホワイトバランスの設定等のせいもあるでしょうが、全体的に赤っぽく写るようですね。

    2013/03/15 12:20 PM by やまねももんが
    こんにちは。
    鉢巻道路まで来て引き返すって、ほとんど原村じゃないですか!私はてっきり韮崎あたりで決断したと思いましたよ。ご苦労様です。引き返すも勇気ですね〜。
    まっちゃんさんのお言葉を借りれば、昨夜に撮影を試みたいっこうさんと私は不運ということですな。とほほ…

    今日は超快晴なので、彗星リベンジと早朝出動をしてみたいと思います。
    2013/03/15 12:25 PM by 温泉日和
    >温泉日和さん、こんにちは。

    はい、富士見町と原村の境目あたりで引き返しました。
    富士見町のスキー場の駐車場も寄ったのですが、木立が邪魔しそうで諦めました。
    幸運と不運は紙一重ですよね。
    明日はわが身と思っていますが、とにかく行動しないことには始まらないと考えています。

    ダッシュの帰宅、気をつけて下さいね。


    2013/03/15 1:07 PM by やまねももんが
    こんにちは。
    グラデーションの夕空にたなびく彗星の尾。美しいです。
    それでもAPS-Cに200mmとなると追尾の恩恵ってあると思いますよ。
    きっと日頃の行いが運も味方してくれるのでしょう。
    頭沈んでも尾だけ写るってすごいですね。

    真夜中だとどのくらいの尾が写るのでしょうね。そんな事を想像してしまいます。
    このまま暗くならなければいいのに。

    しかし車種で天文歴までわかってしまうとは(汗
    2013/03/15 5:00 PM by かたくちいわし
     彗星がくっきり写ってますね。コンポジットの効果でしょうか?大岩山の頂上に沈んだのですね。う〜ん、いいショットだなあ〜。
     この日は仕事で見れませんでした。雲が出ているのであきらめもついていたのですが、見れたのですね。今ごろ後悔しても遅い(^^;
    2013/03/16 6:34 AM by ヤマボウシ
    >かたくちいわしさん、おはようございます。

    星景写真的には、夕暮れで雲もあってちょっと絵になりますよね。
    星野写真的には、ちょっと悔しいシチュエーションですが、、、。

    赤道儀に載せておくと何かと都合が良いので、この日は設置しました。
    星が見えない時間帯に設置したので、極軸合わせは適当です。

    空が真っ暗だったら、驚くほど尾が写るんじゃないですかねえ。
    マークXは車ではなくて赤道儀のことです。
    五藤光学でしたっけ?
    2013/03/16 9:54 AM by やまねももんが
    >ヤマボウシさん、おはようございます。

    コンポジットで背景が少し綺麗になって、コントラスト強調処理に耐えられたかなと思っています。
    彗星が沈んだところは大岩山という名前なのですか?
    甲斐駒ケ岳しか分からないもので、、、。

    普通の星見ならば出かけないような天気ですよね。
    でも明るい彗星ともなれば、スイッチが入ってしまうのです(笑)。
    2013/03/16 10:01 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top