星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 月夜の風景写真 | TOP | 4/4のパンスターズ彗星 >>

2013.04.04 Thursday

月夜の北天ぐるぐる

0


    4/1は明け方のパンスターズ彗星を撮影しに山梨県の高根町に出かけました。
    少し早く着いたので、いつものように比較明合成で北天ぐるぐる写真を撮っていました。

    星空がとても青っぽくなりましたが、月明かりのせいでしょうね。



    月夜の北天ぐるぐる

     2013/04/01 01:07  Tokina10-17mm(10mm) F4.0→4.0
     固定撮影(239秒、インターバル1秒) 41枚を比較明合成
     EOS KissX3 RAW、ISO200  山梨県・高根町にて


    下弦少し前の月がとても明るいのです。
    月明かりで通常の星景写真はうまく撮れないのですが、これだけはきれいに撮れるのですよね。
    どうしてなんでしょう?

    ”北極星” の左上では ”北斗七星” が高度を下げていき、右下では ”カシオペア"が昇っていきます。
    左側で明るい星は2つ沈んでいくのは ”ふたご座のカストルとポルックス” だと思います。
    右上隅の明るい星は ”こと座のベガ” ですが、レンズの収差で変な色になっていますね。
    その左下の明るい星は ”はくちょう座のデネブ” です。

    北極星の上のほうに何かが写っていますが、人工衛星でしょうか?
    1枚だけに写っていました。










    コメント

     フレアは、ステラナビで撮影地を入れて、人工衛星を表示させればすぐに判明しますよ〜。うずうず。
     月明かりに景色が照らされて、見ごたえのあるぐるぐるですね。こんな写真が撮れるよう、がんばりたいです。

     
    2013/04/04 1:39 PM by 阪神ファンいっこう
    こんばんは。

    ぐるぐるが月明かりの中でも良く撮れるのは北側だから-でしょうか。
    もし天球がプラネタリウムのような壁だったら、北側は強く反射してしまうでしょうね。
    昔の人はそんな事は思いもしなかったでしょうね(笑
    2013/04/04 7:08 PM by かたくちいわし
    >阪神ファンいっこうさん、こんばんは。

    月が明るい夜は、ぐるぐる写真に限りますよ。
    通常の星景写真はイマイチなのですが、これは何故かきれいに写るのですよね。
    しかも赤道儀は不要ですからお手軽ですよ。
    2013/04/04 8:13 PM by やまねももんが
    >かたくちいわしさん、こんばんは。

    なるほど、そうかもしれませんね。
    月明かりが順光になるのですね。

    え〜っ、天球は丸い壁で、そこに星が張り付いているんじゃないのですか?
    そして天球が廻っているんでしょ?
    2013/04/04 8:17 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top