星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 撮影場所の悩み | TOP | 4/12のパンスターズ彗星 続き >>

2013.04.12 Friday

4/12のパンスターズ彗星

0


    今朝撮影したパンスターズ彗星(C/2011 L4)です。
    画像処理がやっと終わったので、早速公開させて頂きます。



    3:42  60Da + 200mm






     2013/04/12 03:42  EF200mm F2.8 F2.8→4.0  追尾撮影(180秒)  4枚をコンポジット(加算平均)
     EOS 60Da RAW、ISO1600  LPS-P2 (FF)  トリミング : 67%×67%  山梨県・高根町にて


    無理を承知で、とても強いコントラスト強調処理を行ってみました。
    扇形に広がった尾が浮かび上がってきましたが、 いったいどこからどこまでが尾なのでしょうか?
    この尾の形は、まさしく大彗星ですね。
    でも残念なことに小さすぎます。
    トリミングを含めて、35mm版換算で焦点距離は480mm相当になります。
    50mmから100mm程度のレンズで、こんな姿に写るのを期待していたのですよねえ。

    どうしても画像が荒れてしまうので、背景を暗くしてごまかしています(苦笑)。
    またフラット補正がうまくできなかったので、トリミングしてしまいました。
    フォーカスに関してもまだベストの状態ではないのですが、これが精一杯です。

    彗星の下の方に何やら銀河のようなものが写っていますね。
    調べてみたらNGC147という9.3等の銀河でした。
    この銀河と彗星の距離は角度で1.3度程度なので、尾の長さは1.5度程度はありそうですね。

    尾を含めた彗星の右側が少し暗くなっています。
    処理の過程で作りこんでしまったものではないと思うのですが、何でしょう?

    画像を拡大して見てもらうと分かりますが、彗星核のすぐ近くに同じような明るさの恒星がありました。
    トータルの露光時間は12分間でしたが、恒星との位置関係が動いているのが分かりました。
    そこで今回は、彗星核を基準にして位置合わせを行なってコンポジットしています。

    今回この撮影と処理が出来たことで、パンスターズ彗星の追っかけもそろそろ終わりかなあと思っています。
    後は、カシオペア座に近づいたときに一緒に写したいですね。










    コメント

    こんばんは。

    パンスターズ彗星を満喫されていますね。
    扇形の尾が鮮明に描写されていてすばらしいです。
    こちらでは、彗星が明け方に回ってから一度も晴れません(泣!)。
    信じられないほどの悪天候続きです。
    ここ数日は冬型の気圧配置で、今朝は霜がおりる寒さでした。
    天気の良い関東地方が羨ましいです…。
    2013/04/12 8:00 PM by まっちゃん
    >まっちゃんさん、こんばんは。

    この時期に冬型の気圧配置になると、関東や甲信越は空の透明度が良くなるのです。
    特に明け方は冷え込んで、春とは思えないような星空になったりします。
    やはり明け方は夕方に比べて空がきれいですね。
    彗星はやや暗くなってきましたが、見栄えは今のほうが良いですよ。
    地平高度も10度を軽く越えるようになってきて、やっと本来の姿を見れるようになりました。
    そちらも天気が安定すると良いですね。
    2013/04/12 8:19 PM by やまねももんが
     これはすごい! やまねももんがさんには珍しく、夕方更新も納得です。今回のパンスターズ彗星の写真の中で一番です。群を抜いています。すっげ〜。
     やまねももんがさんの写真は天体写真ですが、私の写真は記念写真ですね(笑。今朝も記念写真を撮りに行きましたが。玉砕しました。雲め!
    2013/04/13 6:50 AM by 阪神ファンいっこう
    >阪神ファンいっこうさん、おはようございます。

    明け方に見えるようになってからは、ずっとこんな写真を狙っていたのですよ。
    前回は強風もあって駄目でしたが、やっと撮影できました。

    いっこうさんにしては、とても珍しい時間ですね。
    星空写真を撮って帰ってきて、ブログの記事を書かれたのですね。
    これから寝るのですか?
    2013/04/13 7:12 AM by やまねももんが
    おはようございます。
    見事な扇形の姿で綺麗ですねえ。

    一緒に写り込んでいるNGC147は、どこかで見たような名前だと思ったんですが、調べてみたらカルドウェル天体のC17でした。C17はM31の伴銀河なので、遠近の差が大きな奥行きのある画像ですね。
    2013/04/13 7:45 AM by さとう
    >さとうさん、おはようございます。

    この姿を見ていると、パンスターズ彗星は只者ではないですね。
    もっともっと近くで見てみたかったです。

    NGC147はカルドウェル天体だったのですか。
    番号から分かるなんて、さとうさんは凄いですね。
    M31の伴銀河って、メシエ番号が付いている2つだけではないのですね。
    2013/04/13 7:56 AM by やまねももんが
    これはすごい! やまねももんがさんには珍しく、夕方更新も納得です(あれ?)
    いや本当に凄い写真です。 こんなに強い処理をされる事もあるのですね。
    そうそう、こんな感じでNGC147と一緒に撮りたかったのです。でもたとえ黄砂の影響が無かったとしてもここまでの写真は撮れなかったと思います。
    2013/04/13 6:29 PM by かたくちいわし
    >かたくちいわしさん、こんばんは。

    前回もこのような写真を撮りたかったのですよ。
    不満なところはまだまだありますが、やっと撮れました。

    この彗星は尾の広がりがとても凄いので、それを浮き上がらせるためにはかなり強い処理が必要でした。
    街明かりなどの影響が全くなければ、ここまでしなくても良いのでしょうがね。
    海外で撮影された画像があまりに凄いので触発されてしまいましたよ。

    2013/04/13 7:42 PM by やまねももんが
    スゴイ写真ですね!
    NGC147方向に伸びる扇の尾がムラになっているのが面白いです。

    じーっと見ていたら、エンゼルフィッシュに見えて来ました。(笑)
    2013/04/14 1:11 AM by まるこう
    >まるこうさん、おはようございます。

    この彗星の尾の形はとても不思議で面白いですね。
    でも尾の先端部はとても淡いので、どこまでが尾なのかよく分かりません。
    言われてみれば、エンゼルフィッシュですね。
    オリオン座にある星雲みたいに大きくなって欲しかったです。
    2013/04/14 5:04 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top