星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 4/12のパンスターズ彗星 続き | TOP | 星座写真の試み 続き >>

2013.04.15 Monday

星座写真の試み

0


    4/11は、翌朝のパンスターズ彗星を撮りに、山梨県・高根町に出かけていました。

    早めに出かけて、久し振りに60Daと100mmレンズによる星野写真も撮りました。
    星野写真はフォーカス合わせや構図決めに時間がかかるのですが、撮影を開始すれば1時間ほど時間が空きます。
    以前はこの時間に星景写真を撮っていたのですが、4/12の記事に書いたように、ここでの星景写真に前向きになれなくなっています。

    この夜はかなり冷え込んで、4月だというのに氷点下でした。
    何もしないでいると、余計に寒さが堪えます。

    そこでという訳ではないのですが、現地で急に思い付いて星座写真を撮ってみることにしました。
    準備も何もしていないので、詰めは甘いです。
      ・構図はいい加減です。
         ・星座の領域が全部入っていないかもしれません。
         ・赤経や赤緯に対して傾いていると思います。
      ・このレンズは、フルサイズで使うには周辺部の像が悪いです。
         ・ディフュージョンフィルターを使っても、ごまかしきれませんでした。
      ・ポタ赤で追尾したのですが、極軸調整が不十分で、星が少し流れています。

    星の色を強調するような方向で処理をしてみました。
    またいつもより背景を暗くしています。



    おおぐま座

     2013/04/12 02:18  EF16-35mmF2.8  35mm、F2.8→4.0  追尾撮影(240秒)
     Lee Soft-2 Filter(レンズの後ろ)  4枚をコンポジット
     EOS 5DMark2 RAW、ISO1600  山梨県・高根町にて


    ”おおぐま座” はとても大きな星座ですね。
    ”北斗七星” はその一部でしかありません。
    一つだけ星の色合いが違うのが分かりますね。



    うしかい座とかんむり座

     2013/04/11 22:49  EF16-35mmF2.8  35mm、F2.8→4.0  追尾撮影(240秒)
     Lee Soft-2 Filter(レンズの後ろ)  4枚をコンポジット
     EOS 5DMark2 RAW、ISO1600  山梨県・高根町にて


    ”うしかい座” は「熨斗(のし)」の形の並びしか良く分かりません。
    ”アルクトゥルス” は少し黄色っぽいですね。
    ”かんむり座” は小さい星座ですが、星の並びが可愛くて好きな星座です。



    いつものように処理をしていったら、下の画像のように明るい星の周りが少し暗くなってしまいました。
    ディフュージョンフィルターを使った影響ですかね。
    そこで、ガウスぼかし(50pixel)の処理を行った画像を作って、比較明合成してみました。
    全体的にシャープさは少し落ちましたが、少し目立たなくなったと思いますがどうでしょうか?






    下の画像はコントラスト強調などをせずにRaw現像した状態のものです。
    コントラストも弱いし、色も乏しいし、街明かり等によるカブリも酷いです。



    今回はまず、ぴんたんさんの「FlatAide」でフラット処理を行いました。
    初めはグラデーションツールを使って手動でカブリを補正していったのですが、うまくできませんでした。
    画角が広い星野写真はこれが難しいですよね。
    天の川や大きな散光星雲があると私にはうまく使いこなせないのですが、
    今回のような場合は本当にきれいにフラット補正してくれます。
    凄いツールですよね。

    後はPhotoshopでマスクを使ったコントラスト強調処理をしています。
    そして途中で、StellaImageにもっていって色彩強調処理をしています。


    Raw現像直後の画像と比べると、まるで別物のように見えますよね。
    画像処理は魔法のようにも思えてきます。

    でも一方で、処理後の画像がカメラから出てくれば、星空写真を楽しむ人がずっと増えるのではないかと思ってしまいます。
    現状では、撮影時間よりも処理の手間のほうが何倍もかかっていますからね。

    そうなったら、私はそれを出発点としてもっと先に進んでみたいです。


    なお、先に言っておきますが、これをシリーズ化する計画はありませんよ。
    たまに撮るのは楽ですが、シリーズ化して可能な星座を全て撮ろうとすると、かなり大変ですからね。









    コメント

    綺麗ですねーー!!!
    シリーズ化を求める声が続出しそうですよ。これは。

    輝星がでっかく太らせるのにどうやったらいいんだろう?とずっと疑問でした。元画像のようにディフュージョンフィルターだけでは大きさが不十分なので、うまい方法がないかなと、画像処理でやってみるのですが・・・、なかなかうまくいきませんでした。

    なるほど、ガウスぼかし+比較明ですね。やってみます。

    2013/04/15 2:12 PM by まるこう
    >まるこうさん、こんにちは。

    本格的な星野写真の撮影の合間に、ポタ赤を使ってやってきました。
    フィルム時代にはよくやったのですが、久し振りにやってみると結構面白いですね。
    あれこれ試行錯誤しましたが、明るい星の色が思った以上に出てくれました。
    シリーズ化はご勘弁を!
    2013/04/15 2:19 PM by やまねももんが
    こんにちは。
    シリー・・・え?ダメですか?
    ボチボチ撮る感じでいいのではないでしょうか。私もそのつもりですし(^_-)
    で、とても良い情報をありがとうございます。 このガウスぼかし+比較明をすっかり忘れていました。
    これで広角の星座写真が捗るかも。
    ちょっと早速やってみます。
    シリー・・・ズ化・・・たまにはでいいので撮って我々にも見せてくださいね。
    2013/04/15 4:12 PM by かたくちいわし
    >かたくちいわしさん、こんにちは。

    星座写真シリーズは、かたくちいわしさんが宣言していませんでしたっけ?

    ガウスぼかしの大きさや、比較明合成での不透明度をいろいろ変えてやってみて下さい。
    私は、ガウスぼかしは半径が50pixelで、不透明度は70%で合成しています。

    たまに撮るのではシリーズになりませんよね。
    でもシリーズ2本は無理でしょう。
    私がかたくちいわしさんの年なら頑張ってみますがねえ。
    2013/04/15 4:42 PM by やまねももんが
     シリーズ化は無理にしても、たまにやってください。ぜひお願いします。
     シリーズといえば、最近兄弟ネコネタがないですねぇ。彗星でお忙しいとはおもいますが、こちらもお願いします。
    2013/04/15 4:51 PM by 阪神ファンいっこう
    >阪神ファンいっこうさん、こんにちは。

    はい、了解しました。
    そう言えば、以前ほど兄弟猫の写真を撮っていませんね。
    猫って寝てばかりいるので、なかなか面白い写真が撮れないのですよ。
    寝顔ばかりじゃつまらないですよね。
    2013/04/15 5:09 PM by やまねももんが
    星座写真ですか。初めて聞いたジャンルですね。
    これなら星座の勉強も凄くわかりやすいです。
    僕、誰でも知っているような星座しかわからないので、勉強の為にこれからも
    お願いします。週1ペースでいいのでシリーズ化を…(笑)
    2013/04/15 7:24 PM by JBL
    >JBLさん、おはようございます。

    星座写真は、星座単位の星野写真ってとこでしょうかね。
    一般的に通じる名前ではないかもしれません。
    私もJBLさん+α程度しか知らないので、シリーズ化なんて無理ですよ。
    週1って、かなりのペースじゃないですか。
    2013/04/16 6:15 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top