星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 星座写真の試み 続き | TOP | 兄弟猫の近況 >>

2013.04.17 Wednesday

4/16のパンスターズ彗星

0


    4/16の早朝に撮影したパンスターズ彗星(C/2011 L4)です。


    3:10  5DMark2 + 100mm

     2013/04/16 03:10  EF100mm F2.8 Macro F2.8→4.0  追尾撮影(120秒)  8枚をコンポジット(加算平均)
     EOS 5DMark2 RAW、ISO1600  山梨県・高根町にて


    ”カシオペア” に随分と近づきましたね。
    天の川の中に入ってきたので微光星がいっぱいです。
    星雲や星団も写っていますが、だいたい同じような大きさです。
    尾がとても広がっていて、小さなシジミチョウが飛んでいるように見えます。

    構図をミスってしまって、カシオペアの星が一つ入っていませんでした。
    ファインダーで構図を決めて、試写での確認をしないまま撮影してしまいました。
    いつものことですが、どうも詰めが甘いです。


    この日は強い風が吹いていましたが、気温が高くて、空が霞んでいました。
    それが1時半頃に風が止んで、2時前から急激に気温が低下しました。
    30分ほどで6℃近く下がったでしょうか。
    それと共に空の透明度もやや改善してくれました。



    3:30  5DMark2 + 50mm

     2013/04/16 03:30  EF50mm F2.8 F2.8→4.0  追尾撮影(120秒)  2枚をコンポジット(加算平均)
     EOS 5DMark2 RAW、ISO1600  山梨県・高根町にて


    彗星の高度が高くなってきたので、100mmレンズでは地上の風景が入らなくなってきました。
    そこで50mmレンズで撮影したのですが、彗星がとても小さくなってしまいました。
    空の透明度が少し良くないので、彗星の写りもイマイチなのも要因の一つだと思います。
    低空の空の色合いを見れば、前回や前々回との違いが分かりますね。


    私の双眼鏡(7×42)で何とか存在が確認できましたが、もうぎりぎりですね。
    写真は2枚を加算平均して、地上の風景は1枚目の画像を切り出して貼り付けてあります。



    3:57  5DMark2 + 50mm

     2013/04/16 03:57  EF50mm F2.8 F2.8→4.0  追尾撮影(90秒)  2枚をコンポジット(加算平均)
     EOS 5DMark2 RAW、ISO1600  山梨県・高根町にて


    早く帰ろうと思うのですが、ついつい薄明中の彗星を撮ってしまいます。
    薄明が始まる時間がどんどん早くなるのが実感できますね。

    写真は2枚を加算平均して、地上の風景は1枚目の画像を切り出して貼り付けてあります。



    4月は思っていた以上に晴れて、空の状態がとても良い日もありました。
    これで今月の夜遊びは終わりになると思います。
    疲れがだいぶたまってきました。

    来月の新月期になったら、彗星はだいぶ暗くなって小さくなっているのでしょうね。










    コメント

    こんにちは。

    がんばって撮影されていることに敬意を表します。
    彗星、ちょっと小さくなってきたみたいですね。
    こちらでは相変わらず悪天候続きなので、どうやらこのまま再会できずに終わってしまいそうです。
    まあ、夕方、けっこう見たからいいか、なんて思っています。

    それにしても、地球との位置関係や見えた時期が悪かったですね。
    もっと位置関係が良ければ大彗星になったでしょうし、天気と透明度の良い時期なら、もっと見やすかったことでしょう。
    私としては喰いたらない感じですが、やまねももんがさんは満足されたことと思います。
    ISON彗星は、天候に邪魔されず晴れてほしいなあ。
    2013/04/17 9:30 AM by まっちゃん
    >まっちゃんさん、こんにちは。

    近日点通過から1ヶ月少しが経って、地球軌道の外側に出てしまいましたね。
    大化けはありませんでしたが、近日点通過前後はちょっと頑張ってくれたようです。

    仰る通りで、様々な悪条件が残念でしたね。
    でも思っていた以上に撮影できて楽しかったです。
    次はアイソンですね。
    2013/04/17 9:46 AM by やまねももんが
    こんにちは。
    「シジミチョウ」とは言い得て妙ですね。
    以前やまねももんがさんが山で撮られていた写真にもいましたね。

    60Daでの赤い星雲との競演も見たかったです。
    パンスターズはかなり撮られましたね。
    本当にお疲れ様でした。あ。別に遠慮なさらずに気が向いたらまだ撮ってくださいね(笑 60Daで。
    2013/04/17 3:01 PM by かたくちいわし
    >かたくちいわしさん、こんにちは。

    この彗星の尾の形は本当に面白いですよね。
    これで数倍大きかったらさぞや見応えがあったでしょうね。
    そうなったらシジミチョウではなくてアゲハチョウですね。

    実は60Daでも撮影したのです。
    でもなんだか画像が汚くてボツになりました。
    どうもレンズの選択をミスったようです。
    2013/04/17 3:20 PM by やまねももんが
    見れば見るほど、不思議な形の尾ですね。
    彗星の尾がこんなふうになるなんて、私は今回のパンスターズ彗星で初めて知りました。

    シジミチョウというよりも、シジミでもいいかも。(笑)
    2013/04/17 10:26 PM by まるこう
    やまねももんがさん

    八ヶ岳の南と東で同じ時間帯に撮影していたのだと思うと、なんだか楽しい気分になります。が、写りの違いには呆然となりました。
    何気ない1カットですが、やまねももんがさんの研究と積み重ねの成果を改めて痛感しました!!
    2013/04/17 10:54 PM by nikon 8cm
    >まるこうさん、おはようございます。

    はい、とても不思議な形ですよね。
    幅の広いダストが曲がっていて、それを少し下のほうから見ているのだと思います。

    なるほど、シジミでもいいですね。
    2013/04/18 5:55 AM by やまねももんが
    >nikon 8cmさん、おはようございます。

    お会いしたかったですねえ。
    思ったよりも天気の回復が遅かったようで残念です。

    星野写真としてはまだまだ低空なのでカブリがだいぶありました。
    そこでぴんたんさんのFlatAideでフラット補正をしています。
    これで彗星が数倍大きかったら文句無いのですがねえ。
    2013/04/18 6:01 AM by やまねももんが
     こういう写真は、経験がものをいいますね。幅の広い尾をちゃんととらえていてすごいです。最初の写真、100mmで、パックマンとかM103とか写っているので、カシオペア領域1かと思いました。このエリア、60Daだと赤いのがもっと写るんでしょうか。
     それにしてもすごいなぁ。
    2013/04/18 4:50 PM by 阪神ファンいっこう
    >阪神ファンいっこうさん、こんにちは。

    最近、星野写真をいろいろとやっているので、少しは足しになったかなと思っています。
    60Daは50mmレンズを使ったのですが、写りがイマイチだったのでボツにしました。
    カシオペアを全部入れようとして50mmレンズを選んだのですが、100mmレンズで撮影すれば良かったですね。
    2013/04/18 6:30 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/723

    トラックバック

    ▲top