星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 宇宙物理学  太陽の兄弟星 | TOP | 早朝の珍客 >>

2013.09.26 Thursday

ポタ赤を前にして、ああでもないこうでもない

0


    もうかれこれ2ヵ月半も夜遊びに出かけていません。
    画像処理の方法どころか、撮影方法も忘れかけています。
    そこで新月期を前にして、まずは機材のチェック等を始めました。

    まずはポタ赤です。
    最近は一枚撮りの星景写真でも、ポタ赤を使って60秒ほどたっぷりと露光することが多くなっています。
    現状のポタ赤はこちらの記事を見てください。  → 2013.01.03の記事

    大きな不満は無いのですが、一つ挙げるとすると、カメラを北側に向け難いことです。
    自由雲台が極軸と平行に取り付けてあるので、北側はカメラをあまり上向きにできないのですよね。

    少し前のことですが、温泉日和さんがタカハシのV金具を使って何とかしようという記事を書かれていました。
      → 温泉日和さんのブログ記事はこちら

    私はポタ赤を組み直した時に、ちょうどこのV金具が余ったのですよね。
    かなり時間が経ってしまいましたが、やってみました。


    今まで自由雲台を取り付けていた部分にV金具を取り付けて、その上に自由雲台を取り付けてみました。
    自由雲台がほぼ垂直に立ったので、これでカメラが向けられない方向は無くなるはずです。

    少しトップヘビーの度合いが増してしまいましたかね。
    そして相変わらずバランスが悪いですね。

    ポタ赤って、実際にカメラを搭載すると思った以上ににバランスに苦労します。
    しっかりした小型の赤道儀のほうが使い勝手はずっと良いですよ。
    でも星景写真では、これを持ってあちこち歩き回りたいので、できるだけ軽くしたいのです。



    横位置で、カメラを北側に向けた状態です。
    思った方向にちゃんと向けることができました。
    ファインダーが少し覗きづらいですが、まあなんとかなるでしょう。



    縦位置で、カメラを北側に向けた状態です。
    うわぁ、バランスが悪いなんてもんじゃないですね。
    今まではこの方向はカメラが向かなかったので未経験の世界です。

    でもまあ、蹴飛ばしたり強風が吹かなければ倒れることはないでしょ。
    なお、三脚の脚は三段をほぼ全部伸ばして使っています。
    このポタ赤は、荷重というか負荷はどの程度まで耐えられるのかなあ?
    まあタカハシだから大丈夫でしょうかね。

    こういう場面では、私は意外と大胆というか無神経なのですよ。



    縦構図でカメラを南側に向けた状態です。
    北側に向けた場合よりも、少しはバランスの悪さがマシになります。

    最近は星空写真を横位置よりも縦位置で撮ることが多くなっています。
    皆さんもいろいろと苦労なさっているのでしょうか?




    これは先ほどのセッティングを反対側から見たものです。

    あれ?
    カメラの底部が右側になっていますねえ。
    5Dmark2では、周辺部の赤ムラ対策のために、カメラの底部が左側になるようにしているのです。
      → こちらの記事



    カメラの底部を左側にするために、L型ブラケットを使ったりしています。
    でもこの場合にそれをやると、こんな状態になってなってしまいます。



    素直にセッティングするとこうですよね。
    でもこの状態は極軸の回転方向に負荷がかかるような気がするのです。
    それに、あちこちのネジやクランプをしっかり締めておかないと、全体がぐるりんと回ってしまったりするのですよね。

    でも今のところ、これしか選択肢が無さそうですね。


    リハビリのつもりでポタ赤をいじくっていたのですが、逆に疲れてしまいました。
    後は現場で実際に使ってから、また考えましょう。

    早く晴れないかなあ?









    コメント

    スカイパトロールかっちょえーですね。
    V金具もいい感じですね。
    たしかに北向きはちょっときつそうですね。
    角度を変えてテストすると
    いろいろ問題点とか見えてきますね。
    私もバージョンアップに浮かれてないで
    テストしてみまーす。
    2013/09/26 8:06 AM by 道端小石
    >道端小石さん、おはようございます。

    ポタ赤って、いろんな意味でそれほど初心者向けじゃないですよね。
    自由雲台も、意外と不自由ですよねえ。

    でも使いこなすために、ああでもないこうでもないとやるのも楽しいです。
    いつもは暗い現場でしか見たことがなかったのですが、こうして明るいところで見てみると、いろいろ見えてくるものですね。
    2013/09/26 9:09 AM by やまねももんが
    なんだかシャンパンタワーを見ているようなスリルにぞくぞくしてしまいます(笑)。
    わたしはビクセンのGP2ポタ赤を使っていますが、付属のウエイトシャフト+ウエイトでは短すぎて、自由雲台+カメラではバランスが取れません。何を考えてこんな中途半端なセットにしているのやら。見た目重視ですかね。
    仕方なく3倍ほど長いシャフトを手に入れて使っている次第です。
    2013/09/26 10:24 AM by 悠々遊
    >悠々遊さん、こんにちは。

    実際は三脚の脚を伸ばしているので、簡単には倒れないと思っています。
    でも、もうひと回り重い、がっちりした三脚が欲しいですね。

    確かにウエイトシャフトが短いですね。
    設計する人は星空写真を撮ったことがないのでしょうかね。
    2013/09/26 10:35 AM by やまねももんが
     さすが師匠、暗い所での実践前に、まずは明るいところでシミュレーション。私はいつも現場で悩んで後悔してます。「ああ、家で一度やっておくんだった」(笑。
     みなさん、いろんなポタ赤を使っていて、参考になります。ブログ村ポラリエ代表、がんばりま〜す。
    2013/09/26 10:35 AM by 阪神ファンいっこう
    >阪神ファンいっこうさん、こんにちは。

    いやあ、ブログネタが尽きてきたのでやってみたのですよ。
    でも明るいところでやってみてよかったです。
    いろいろなことがわかりました。
    やはりシミュレーションは大事ですね。

    2013/09/26 10:42 AM by やまねももんが
    なんかもう、オブジェのような感じですね。
    ポタ赤を触った事すらないので、この様にカメラを取り付けるのは不安すぎます(汗)
    緩んだり、バランス崩してガシャン!ってことにはならないのでしょうか?

    やまねももんがさんの星景、随分と見ていないような気がします。
    そろそろ一発頼みますよ(笑)
    2013/09/26 12:48 PM by JBL
    >JBLさん、こんにちは。

    いつもは暗いところでしか見ていないのでよく分からなかったのですが、
    明るい場所で改めてみると自分でも唖然としてしまいました(苦笑)。
    一度、強風で倒されたことがありました。
    まるでスローモーションを見るようでしたね。

    それ以来、いつでも支えられる体勢で撮影していますよ。
    傍目から見ると、JBLさんのシャンプーハットには負けると思いますけど。
    2013/09/26 1:21 PM by やまねももんが
    こんにちは。
    >しっかりした小型の赤道儀のほうが使い勝手はずっと良いですよ。
     やっぱりそうなんですね。ポタ赤購入で迷った挙句、セレストロンのAVX赤道儀をポチってしまいました。物が届いて、あまりの頑丈さにビビッています。
    2013/09/26 11:00 PM by ヤマボウシ
    私は安物の小さめの自由雲台を使っているせいで、北極星の方に向けるとカメラとhiglasiが干渉してしまいます。この金具はいいですねぇ。と、価格を見たら数千円もするではありませんか!

    2013/09/26 11:44 PM by まるこう
    >ヤマボウシさん、おはようございます。

    山などへ担いでいくなら軽量コンパクトなポタ赤が必須でしょうが、
    撮影場所へ車へ行けるなら要求されるものは違ってきますよね。
    セレストロンのAVX赤道儀は小型ではなくて大型ではないでしょうか?
    でもご自宅で撮影できるなら、その選択は間違っていなかったと思いますよ。

    2013/09/27 5:44 AM by やまねももんが
    >まるこうさん、おはようございます。

    やはり北側は向け難いですよね。
    もっとスマートな解決策はないかなあ?
    V金具といえどもタカハシですから、物は良いですがお値段も、、、。

    2013/09/27 5:48 AM by やまねももんが
    こんにちは
    スカイパトロールの場合は安定感がないですね。
    この機体が欲しい私が考えているのは、V金具を写真のように利用する場合は、ボーグのアングルプレート35を三脚とポタ赤の間に入れることで重心を真ん中で通すことができないか?ということです。
    私はそれを使っているのですが、カメラをどの方向に向けても支えなくても倒れることありませんでした。バランスが取れていると思います。
    アストロタッパーをあの仕様で使用してみましたが今までよりも楽な姿勢で撮影できましたよ。
    ももんがさんはドイツ式もあるので、ポタはあくまでもポタとしてそこまで投資する部分かどうかは迷いますけれどね…
    それはそうと、今朝の八ヶ岳は空気感が完全冬モードです。今日もせっせと霧ヶ峰に出かける予定です。ももんがさんも早く来ないとこっちは雪降ってきますよ(笑)。


    2013/09/27 7:05 AM by 温泉日和
    >温泉日和さん、おはようございます。

    アングルプレート35を使って重心を真ん中にもってくるという考えはいいですねえ。
    でも今使っているマンフロットの雲台は微動装置が付いているので、極軸合わせのためには捨てがたいです。

    今日は秋晴れですねえ。
    昨日出かけたのですが、今日のほうが良かったかなあ?
    田んぼは稲刈りが始まっていましたよ。
    2013/09/27 8:05 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/873

    トラックバック

    ▲top