星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< こんな青空を待ち望んでいます | TOP | 暑いにゃ〜 >>

2011.06.21 Tuesday

星空写真の撮影方法(概要編)

0


    晴れませんね。
    この時期は、過去にも星空の写真を殆ど撮っていないので、撮影や後処理に関してお話させて頂きます。

    第2弾は、「星空写真の撮影方法」です。

    今日は、概要編です。


    [1] 星景写真(1枚撮り、星を点に写す) 固定撮影

    撮影した星空の明るさは、ISO感度,レンズの絞り(F値),露光時間の組み合わせで決まります。
    暗くてきれいな星空が見える場所では、以下の式が適正な露光条件の目安かと思います。
        (ISO感度)×(露光時間(秒))/(F値×F値)〜12500

         ※ 最近は星をもっとくっきり写したくて、この数倍の露光をすることも多いです。 (追記 2014.02.12)

    露光時間を長くすると、日周運動によって星は点ではなくて線になってしまいます。
    レンズの焦点距離や星の位置によっても異なるのですが、大まかに言って、点に見えるようにするには露光時間を30秒以内にしたいです。

    ISO1600のカメラでF2.8のレンズを使う場合は、適正な露光時間は60秒程度になります。
    幾つかの選択肢が考えられます。
        ・露光時間を30秒程度にして、画像処理で明るく補正する。
        ・星が短い線になるのを許容する。
        ・赤道儀でガイド撮影する。  → [2]で説明します。

    画像処理で無理に明るくするのは、画像がノイジーになるのでお勧めできません。


    60秒の固定撮影の例


     2005/11/30 21:36  EF16-35mm(16mm) F2.8→2.8  固定撮影(60秒)  DIFFUSER-FILTER
     EOS 20Da RAW、ISO1600  瑞牆山自然公園


    この程度の画像サイズでは一見分からないので、下に拡大した画像を示します。
    この例ではディフュージョンフィルターを使用しているので、より目立たなくなっているかもしれません。





    高感度でもノイズの少ないカメラと明るいレンズを使うと、固定撮影で地上の風景と星空をバランス良く写すことが出来ます。
    EOS 5DMark兇両豺隋以下のような条件で撮影しています。
        ・広角レンズ → ISO2500、F2.0程度、露光時間20秒
        ・対角魚眼レンズ → ISO3200、F2.8、露光時間30秒

    20秒の固定撮影の例


     2011/01/31 21:41  EF24mm F1.4→2.0  固定撮影(20秒)  Lee Soft-2 Filter(後)
     EOS 5DMark供RAW、ISO2500  長野県 原村 自然文化園にて



    固定撮影でこんな写真が簡単に撮れるようになり、星空写真(特に星景写真)の世界は大きく変わりました。



    [2] 星景写真(1枚撮り、星を点に写す) ガイド撮影

    ISO1600とF2.8の組み合わせの場合、星景写真でも赤道儀でガイド撮影していました。
    星は点像に写るのですが、地上の風景は日周運動で流れて、少しボケてしまいます。
    ISO感度を下げたほうがノイズの点で良いのですが、地上の風景のボケが増してしまいます。

    60秒のガイド撮影の例


     2006/04/21 22:59  EF16-35mm(16mm) F2.8→2.8  ガイド撮影(60秒) DIFFUSER-FILTER
     EOS 20Da RAW、ISO1600  山梨県 高根町



    この方法は、星を点像に写すことができるという利点と、地上の風景がボケてしまうという欠点を併せ持っています。
    どちらを大事にするかは好みの問題と思います。

    高感度でもノイズの少ないカメラと明るいレンズを手に入れてからは、この方法は必要無くなりました。



    [3] 星景写真(1枚撮り、星を線に写す)

    5分程度の固定撮影をすると、星座の形が分かりやすくなります。
    [1]よりもISO感度を低く設定でき、レンズの絞りも絞れます。
    星像がシャープすぎるので、弱いディフュージョンフィルターを使用することもあります。


     2011/01/06 00:33  EF24mm F1.4→2.8  固定撮影(300秒)  Lee Soft-1 Filter(後)
     EOS 5DMark2 RAW、ISO400  山梨県 みずがき湖ビジターセンターにて




    [4] 星景写真(比較(明)の合成の場合)

    1枚の露光時間は数分〜10分で撮影しています。
    タイマーリモートコントローラ(TC-80N3)を使って連続撮影しますが、1秒間のインターバールが生じてしまい、星像は完全には繋がっていません。

    月夜の晩でもきれいな星空が撮れます。
    まだ街中では撮影したことがありません。


    [闇夜]

     2010/12/04 23:50  Tokina 10-17mm(12mm) F4.0→4.0  固定撮影(600秒)
     17枚を比較明合成  インターバル1秒  EOS KissX3 RAW、ISO200  山梨県 高根町



    [月夜]

     2011/02/22 22:52  Tokina10-17mm(10mm) F3.5→5.6  固定撮影(119秒)  49枚を比較明合成
     EOS KissX3 RAW、ISO400  山中湖 パノラマ台にて




    [5] 星野写真  地上の風景を入れない場合

    撮影対象に応じて、魚眼レンズから望遠レンズまでいろいろなレンズを使います。
    赤道儀でガイド撮影し、強い画像処理を施すことが多いです。
    複数枚の画像をコンポジットしたり、フラット補正すると、見栄えの良い写真になります。

    彗星や星雲星団などもこの方法で撮影します。


     2010/11/06 01:32  EF15mm F2.8→2.8  ガイド撮影(120秒)  Lee Soft-3 Filter(レンズの後ろに配置)
     3枚をコンポジット  元画像を用いてフラット補正  EOS 20Da RAW、ISO800  山梨県 瑞牆山自然公園にて




    [6] 星野写真  地上の風景を入れる場合

    さそり座などの地形高度が低い星座などは、地上の風景が入ってしまいます。
    赤道儀でガイド撮影すると、地上の風景は日周運動で流れてしまいます。
    あまり強い画像処理はできません。(コンポジットやフラット補正もできません。)


     2005/05/08 01:19  EF16-35mm(16mm) F2.8→2.8  ガイド撮影(180秒) DIFFUSER-FILTER
     EOS 20D RAW、ISO800  長野県 入笠山




    [7] 流星写真

    幾つかの撮影方法があります。
        ・固定撮影 → 星景写真
        ・ガイド撮影 → 星野写真 (複数枚のコンポジットを狙います。)

    いずれも、ISO感度を高めに設定し、レンズはあまり絞らずに、露光時間は30〜60秒です。

    流星は、目で見たほどには写りません。
    「あぁ〜っ」と思わず声が出てしまうほど明るくないと写りません。
    だから、ひらすら撮り続けるしか手が無いと思っています。


    下の写真は固定撮影の例ですが、露光時間が長すぎたので、明るさを調整しました。


     2005/11/08 23:07  EF15mm F2.8→2.8  固定撮影(115秒)
     EOS 20D JPEG、ISO1600  山梨県 高根町




    撮影方法と後処理の詳細は、後日お話させて頂きます。
     








    コメント

    こんにちは!
    ほんと、晴れませんねぇ。
    でも今日は、星空指数80%だし、GPVをみると、日が変わってから雲がなくなりそうな感じです。
    月が明るくなるまでは星が見えそうですね。

    これからも素敵な写真、どんどん載せて下さい。
    2011/06/21 1:45 PM by 阪神ファンいっこう
    阪神ファンいっこうさん、こんにちは。

    今年の梅雨は、中休みもほとんどありませんね。
    そんな中で、仰る通り、今夜はちょっと可能性がありますね。どうしようかな?

    水耕栽培、元気に育ってますか?
    2011/06/21 2:52 PM by やまねももんが
    まるこうです。
    初心者の私にとって、めちゃめちゃ参考になりました!! これは保存版ですね。またよろしくお願いします。
    2011/06/22 2:22 PM by まるこう
    まるこうさん、こんにちは。

    皆さんよりは少し長くやっていると思いますので、参考になれば幸いです。
    でもほとんど独学でやってきたので、思い込み等があろうと思います。
    あれっと思ったらご指摘下さい。

    このシリーズはもう少し続く予定です。
    2011/06/22 4:16 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/88

    トラックバック

    ▲top