星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< エンケ彗星とアイソン彗星 | TOP | みずがき湖での星景写真 冬の星座 >>

2013.10.09 Wednesday

みずがき湖での星景写真 夏の大三角

0


    9/28の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真をご紹介します。
    今日は「夏の大三角」を主題にした星景写真です。

    天の川がきれいに写るので、同じような構図ですがたくさん撮ってしまいました。
    たっぷり露光のあっさり処理が良いと思っているのですが、天の川の写りが良いのでコントラストをいつもより強めに仕上げています。



    夏の大三角  でも追尾が失敗

      2013/09/28 21:50  EF24mm F1.4→3.2  追尾失敗(90秒)  Lee Soft-3 Filter(レンズの後ろ)
      EOS 5DMark2 RAW、ISO3200  山梨県・みずがき湖にて


    街灯などの明かりで山の木々が面白い色になっていますね。

    何故かうまく追尾ができなくて星が流れています。
    一方で地上の風景はぶれなくて良い感じに写っていますね。
    ポタ赤の電池を入れ替えても状況は変わらず、、、。
    あちこちチェックしたら、緩んでいる箇所がありました。
    おっと、危ない!危ない!



    夏の大三角

      2013/09/28 21:56  EF24mm F1.4→3.2  追尾撮影(90秒)  Lee Soft-3 Filter(レンズの後ろ)
      EOS 5DMark2 RAW、ISO3200  山梨県・みずがき湖にて


    今度は追尾はOKです。
    でも地上の風景は、上の写真のようにぶれないほうが良いですね。
    でも星や天の川をしっかり写すには少し追尾する必要があるので、両立できないのですよねえ。

    この日は空の透明度がよかったようで、天の川がとてもきれいな色で写すことができました。
    カメラのモニターを見ながら「いいじゃん!」とつぶやいていました。

    なお、このオレンジ色の照明はときどき消えるのですよね。
    車の通行などと連動しているのでしょうか?



    夏の大三角  固定撮影

      2013/09/28 22:32  EF24mm F1.4→4.0  固定撮影(300秒)  Lee Soft-3 Filter(レンズの後ろ)
      EOS 5DMark2 RAW、ISO1000  山梨県・みずがき湖にて


    ちょっと趣向を変えて、5分間の固定撮影で撮ってみました。

    星が線状に写るのは好き嫌いがあるようですが、私は嫌いじゃありません。
    昔のフィルム時代では、結構当たり前だったですよね。

    地上の風景がくっきりと写っていて、向こう側に見える星空との奥行きが感じられるような気がします。



    女神像と夏の大三角

      2013/09/28 23:07  EF24mm F1.4→2.8  追尾撮影(60秒)  Lee Soft-3 Filter(レンズの後ろ)
      EOS 5DMark2 RAW、ISO3200  山梨県・みずがき湖にて


    女神像のところへまた行ってみました。
    少し前にも撮りに来たのですが、”夏の大三角” の高度が低くなって、構図が作りやすくなりました。
    左側に見えるのがビジターセンターで、緑色の非常灯が点いています。

    女神像としては、もう少し左側から撮りたいです。
    そうじゃないと何の像だか分からないですよねえ。
    なかなかうまい具合いにいきませんね。



    女神像と夏の大三角  固定撮影

      2013/09/28 23:22  EF24mm F1.4→4.0  固定撮影(300秒)  Lee Soft-3 Filter(レンズの後ろ)
      EOS 5DMark2 RAW、ISO1000  山梨県・みずがき湖にて


    5分間の固定撮影で撮ってみました。

    上の写真とどちらが良いでしょうか?
    私はこちらのほうが気に入っています。
    ISO感度を低くしていることもあって、画像もきれいですよね。










    コメント

    こんにちは
    最後のは甲乙つけがたいです。
    前景と星とのバランスで決まるのでしょうねぇ。
    点で写っている方は「おぉ!」
    線で写っている方は「わぉ!」
    って感じでしょうか?線がもう少し長いと「すげー!」になるかもしれませんね(笑)

    最近、ポタ赤システムを少し軽量化しようかと思います。CLSでの赤い星雲目的はやめて、ノーマルで1〜2分露光を、あちらこちらでやりたいと思うようになりました。よって機動性を高めようと思案してる次第です。もちろん、ももんがさんのこの写真の影響です。
    2013/10/09 8:05 AM by 温泉日和
    >温泉日和さん、おはようございます。

    温泉日和さんは、星が線に写るのには違和感がないのですね。
    天文写真をやっている人でない場合は違和感を持つ人もいるようです。
    まあ、肉眼眼でこのようには見えませんからね。

    機動性を高めての星景写真、いいですねえ。
    期待していますよ。
    私もそうですが、ときどきやりたいことが変わるのですよね。
    そうやって全体が底上げされていくと思いたいです。
    2013/10/09 8:13 AM by やまねももんが
    こんにちは。
    追尾と固定を見比べられて面白いですね。
    どちらか1枚だけ写真をくれると言われたら、星をじっくり鑑賞したいので上の1枚ですね。絵的には上は星空の静寂を感じられ、下のは星が降り注ぐ様でダイナミックな地球の動きを感じます。ISO3200でもそれほど画が荒れませんね。ISO1000はそれに比べクリアーで綺麗だなと思います。どちらも、女神像とマッチしていていいと思います。

    >女神像としては、もう少し左側から撮りたいです。
    女神像を回しちゃったらどうでしょうか(笑)

    2013/10/09 10:55 AM by ヤマボウシ
    >ヤマボウシさん、こんにちは。

    ときどき両方の方法で撮ってみるのですが、どちらが良いか悩ましいですね。
    日によって好きなほうが変わったりします。

    ISO3200でも画像があまり荒れていないのは、カメラとノイズ低減処理のおかげです。
    ノイズ低減処理はPhotoshopのCameraRawで行なっていますが、これはとても気に入っています。

    女神像、これ回るのですか(笑)?
    2013/10/09 11:06 AM by やまねももんが
     1枚目の風景と2枚目の星空を合成すればいい、とすぐに考えてしまう私は、デジタル時代の申し子です(笑。
     ポラリエは、星景モードがあって、2分の1の速度で追尾してくれます。使ったことないですが。
     追尾撮影に1票です。もしくは、もっと長時間露出のぐるぐるが好きです(笑。
    2013/10/09 4:27 PM by 阪神ファンいっこう
    >阪神ファンいっこうさん、こんにちは。

    2分の1の追尾速度は面白そうですね。
    是非試してレポートをお願いしますよ。

    女神像を前景にして長時間のぐるぐるは良いですね。
    でもここのカメラを置きっぱなしにしておくと、鹿に倒されてしまうかもしれませんね。
    いっこうさん、見張っててくれませんか?
    2013/10/09 5:05 PM by やまねももんが
    ぐるぐると追尾した天の川を合成したらどうなるんだろうと思った私ははみ出し者><
    固定の100,200,150秒とかもなんだか見たくなりました。
    なんか100秒とかよさそうなんですけど中途半端ですかね??
    LeeSoftやっぱりいいですね。
    2013/10/12 12:31 AM by 道端小石
    >道端小石さん、おはようございます。

    あまり時間の短い固定撮影はかえって中途半端かなと思います。
    でも追尾装置がなくて星をしっかり写したいときは90秒ぐらいの固定撮影をするときがありますよ。
    ディフュージョンフィルターの効果は好き嫌いがありますからね。
    これはレンズの後ろに配置できるのも気に入っています。
    2013/10/12 4:48 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top