星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 夕暮れの金星と北天ぐるぐる | TOP | 北八ヶ岳は曇っても晴れ晴れ! >>

2013.11.02 Saturday

固定撮影の星景写真 露光時間の比較

0

    10/27の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。

    なぜかポタ赤が追尾しなくなってしまったので、固定撮影しかできなくなってしまったのです。
    そこで、固定撮影において3種類の露光条件で撮影して比較してみることを思いつきました。
        ・ISO4000、60秒
        ・ISO2000、120秒
        ・ISO1000、240秒

    露光時間を長くしていくと、日周運動による星の軌跡が目立ってきます。
    星が線状に写ることに違和感を感じる人もいます。
    その場合には、星をほぼ点状に写すために、露光時間は20秒程度にしなければなりません。
    そうなるとISO感度をかなり高く設定しなければなりません。

    星が線状に写ることに違和感を感じない場合は、露光条件の選択肢が広がります。
    星の軌跡を少し伸ばしてやると、以下のようなメリットがあると思っています。
       ・明るい星が目立つ。
       ・星の色が比較的よく表現できる。
       ・ISO感度を低くできるので、ノイズ感が少ない。


    以下に、同じ条件でRaw現像したものを示します。

    女神像と夏の大三角    60秒、ISO4000

      2013/10/27 21:47  EF24mm F1.4→4.0  固定撮影(60秒)  Lee Soft-3 Filter(レンズの後ろ)
      EOS 5DMark2 RAW、ISO4000  山梨県・みずがき湖にて



    女神像と夏の大三角    120秒、ISO2000

      2013/10/27 21:48  EF24mm F1.4→4.0  固定撮影(120秒)  Lee Soft-3 Filter(レンズの後ろ)
      EOS 5DMark2 RAW、ISO2000  山梨県・みずがき湖にて



    女神像と夏の大三角    240秒、ISO1000

      2013/10/27 21:51  EF24mm F1.4→4.0  固定撮影(240秒)  Lee Soft-3 Filter(レンズの後ろ)
      EOS 5DMark2 RAW、ISO1000  山梨県・みずがき湖にて



    等倍で切り出してざらつきの様子を比較してみました。
    確かにISO感度を低くしたほうが画像はきれいですが、ISO4000でもそれほど不満には感じません。
    これはCameraRawのノイズ低減処理に負うところが大きいです。

     




    あとは、絵作りにおいて星の軌跡をどうするかを考えることになりますね。
    露光時間を短くすると、目で見た感じに近くなり、その瞬間を切り取った絵になります。
    一方で露光時間を長くすると、絵に動きが感じられ、昇ってきたとか沈んでいくという雰囲気が表現できるのではと思っています。
    今回の作例では、女神像が静的なので、星は動的のほうが良いかなあと感じてます。

    でも60秒から240秒の範囲では、思ったよりも違いは大きくなかったです。
    もっと大幅に変えてみれば良かったですね。


     








    コメント

    管理者の承認待ちコメントです。
    2013/11/02 1:38 PM by -
    さすがはやまねももんがさん。転んでもただでは起きないで、こういう時だからこその検証を行ってらっしゃる。
    ISO感度とノイズの関係では、しばしば迷うことがあります。コンポジットで解決できることもありますが、星景写真では前景に動きがあるとコンポジットできないこともありますよね。
    2013/11/02 7:44 PM by 悠々遊
    >悠々遊さん、こんばんは。

    そうなんですけどね、最近は転んでばかりいて、本命のものがちっとも進展がないのですよ。

    星景写真では、比較明合成以外はコンポジットは難しいですね。
    だからできるだけたっぷり露光するようにしています。
    でも、地上の風景はくっきり写すことと、星を点像に写すのは、両立が難しいですね。
    2013/11/02 7:59 PM by やまねももんが
    おはようございます。この3連休、こちらは天気がよくないです…。
    とはいえ、おとといの晩に遠征して、
    じつはこういう固定撮影をやってみました。
    やまねももんがさんのおっしゃる絵作り的なところまで思い至りませんでしたが、
    感度と露光時間については「難しい問題だ」と思っていたところでした!
    自分としては、星はあんまり流したくない、という希望がありますので、
    感度を高くしたいところですが、自分のカメラはISO1600までしか上げられないんです。
    (でも拡張(?)して3200っていうのもあるようですが、これは試してません)
    ISO4000とかチョーうらやましー、って見てます(笑)。
    2013/11/03 11:05 AM by ミッチー
    >ミッチーさん、こんにちは。

    ミッチーさんが固定撮影とは珍しいですね。
    私はこの日はポタ赤での追尾撮影を考えていたのですが、急遽このようなことをやってみました。
    明日はこの続きを記事にしますよ。
    星景写真のほうが、高ISO感度での画質が要求されます。
    コンポジットもできませんしね。
    最近のカメラはもっと高ISO感度でも画質が改善されているようです。
    今年は赤道儀を買い換えてしまったので、当分無理ですね。
    2013/11/03 11:49 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/909

    トラックバック

    ▲top