星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 11/22のラブジョイ彗星 | TOP | 沈むペガススと昇ってきたしし >>

2013.11.24 Sunday

月夜の美鈴池

0

    11/22は、明け方のアイソン彗星を撮影する前に、長野県の海の口で夜の風景写真を撮りました。
    この日は月齢18の月があって、夜空はとても明るいです。
    だからあえて星景写真は考えずに、風景写真として撮影しました。

    月は明るいのですが、ちょうどこの場所の上空だけに雲が湧くようです。
    だから周囲は結構暗かったです。
    でもときどき雲間から月が顔を出すと、びっくりするほど周囲が明るくなります。
    月が雲に隠れていたおかげで、地上の風景が昼間のような写真にならなくて良かったと思います。
    それでいて空は月夜のように写っているので、とても面白い写真が撮れたと思っています。

    気温はもちろん氷点下ですが、動き回っているので寒さは感じませんでした。

    写真はかなり青っぽく、そして少しビビッドに仕上げています。
    Raw現像時のカメラプロファイルは「Adobe Standard」を使いました。
    またかなり明るく仕上げています(実際はもっと暗いです)。





    これは、月が雲間に出てきた時に撮ったものです。
    ちょっと昼間の写真のようですよね。




    これは月が雲間に隠れた時に撮ったものです。
    こちらのほうが雰囲気があるように思えます。
    八ヶ岳には、ずっとこのように雲がかかっていました。




    池の北側に行って、水辺近くから撮ってみました。
    池は薄っすらと凍っているようです。
    地面も霜柱があるようで、歩くとざくざくと音がしました。

     




    雲の動きが結構速くて、面白い写真になりました。
    肉眼では星はあまり見えなかったのですが、写真にはよく写っていますね。





    カラマツ並木です。
    星は全く意識していなかったのですが、”オリオン” と ”おおいぬ” が写っていました。
    ”こいぬ座のプロキオン” は枝の隙間にちょっとだけ写っていますね。
    構図をもうちょっと考えれば良かったなあ。





    カラマツはもう殆どが落葉してしまったようですね。





    ロッジ周辺の灯りに照らされて、カラマツがオレンジ色に染まっています。
    上の方には明るい月が見えていますね。



      撮影データ
         ・レンズ : EF24mm F1.4→4.0
         ・カメラ : EOS 5DMark2 RAW、ISO1600
         ・露光時間 : 30秒〜90秒


     







    コメント

    おはようございます。
    縦構図1枚目の雲が主役の写真には驚かされました。竜巻?って。
    今朝もまた目の保養をさせていただき、ありがとうございます。
    昼間の風景に星が写っている不思議な感覚です。
    こんなきれいな色合いにするには、ホワイトバランスを調整されているということでしょうか。
    2013/11/24 10:41 AM by 悠々遊
    >悠々遊さん、こんにちは。

    雲が流れていたので1分ぐらい露光したら、とても面白い写真が撮れました。
    狙ったものではなく、まあビギナーズラックみたいなところでしょうか(笑)。
    Raw現像時に、ホワイトバランスは調整しています。
    キヤノンのカメラはAUTOで撮ると、かなり赤っぽくなるのですよね。
    あとはコントラストと明るさなども調整しています。
    2013/11/24 11:32 AM by やまねももんが
    こんにちは
    これら月夜の写真、とても素晴らしいです。夜だから雲もクッキリ写るのですね。私も縦構図の1枚目、カッコいいと思います。
    月光写真て、普段見えないような風景になるので楽しいのですよね。だからたまにやってみたいと思ってしまうのです。(しょっちゅう撮ってる人もいるけど…)
    2013/11/24 1:02 PM by 温泉日和
    >温泉日和さん、こんにちは。

    月夜の風景写真って楽しいですね。
    いつもはどうしても星を意識してしまうのですが、この日は何故かそういう気持ちがほとんど無かったです。
    雲は動きがあってしかも留まっていました。
    だから縦構図の1枚目のような写真が撮れたのだと思います。
    いつも月光写真を撮っている人の楽しさが少しわかったような気がしましたよ。
    2013/11/24 2:07 PM by やまねももんが
    これ好きです!
    なんとなーく、こういうのは月があればいいのかな、と思ってました。
    でもやまねももんがさんが「風景写真」と言い切っておられるのが
    星を主役にしたい自分としては懸案事項ですね(笑)。
    どっちもいい塩梅でできるといいなあ。
    「Adobe Standard」って確か初期値ですね。
    いろいろ試してみてこれに決めたということですか?
    最もリニアな感じに出るのはこれなんでしょうかね。
    と言っても、自分は後でごりごり処理する感じなんですが。
    2013/11/24 9:09 PM by ミッチー
    やまねももんがさん

    何だか夢の世界のような不思議な雰囲気で、枯れ葉の上で妖精の小人たちがダンスしているのが見えるようです。
    低い位置からのアングル、新鮮で面白いです!こんな構図で向うの空には彗星なんて写ったらシビレますね。
    2013/11/24 10:43 PM by nikon 8cmi
    >ミッチーさん、おはようございます。

    風景と星空の両立はなかなか難しいです。
    星の並びをちょうど良いように配置するには、私のように行き当たりばったりでは撮れませんよね。
    地上の風景の明るさと星空の明るさのバランスも、月齢とか月の高さなどを考慮する必要があるのだと思います。
    いつもの星景写真は「Camera Neutral」を使っています。
    こちらのほうが自然に感じられるのですよね。
    でも少しビビッドにしたかったので、今回は「Adobe Standard」を使ってみたのです。
    2013/11/25 6:23 AM by やまねももんが
    >nikon 8cmさん、おはようございます。

    初めのうちは暗くて落ち着かなかったです。
    でも面白い写真が撮れるので、そのうちに夢中になっていました。
    妖精の小人さんは見えませんでしたが、鹿の気配は感じましたよ。
    アイソン彗星の高度が高くなったら撮ってみたいですね。
    でもその頃には雪が積もっているかもしれません。
    2013/11/25 6:29 AM by やまねももんが
     立体感とか奥行とかをすごく感じる写真ですね。これからは、『月が明るいからどうせだめだ』などと思わず、月光に照らされた風景もねらってみます。
     やまねももんがさんやJBLさんがいる位置にいくには、何十年かかることやら(笑。
    2013/11/25 1:19 PM by 阪神ファンいっこう
    >阪神ファンいっこうさん、こんにちは。

    あまり先入観を持たずにいろいろやってみるのが良いですね。
    今回そう思いましたよ。
    いやいや、本気になって突っ走ればすぐですよ。
    そんなことを言っていると優勝できませんよ〜。
    あれ?何の話だっけ。
    2013/11/25 2:03 PM by やまねももんが
    すごいですね。。。
    さすがとしか言いようがありません。
    この立体感な写真に感動です!
    2013/11/25 10:56 PM by 道端小石
    >道端小石さん、おはようございます。

    ありがとうございます。
    でも普通に撮っているだけですよ。
    月と雲の状態がちょうど良かっただけだと思っています。
    2013/11/26 5:43 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top