星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< ふたご座流星群2013 | TOP | ふたご群ではないですけど >>

2013.12.16 Monday

ふたご座流星群2013 (2)

0

    昨日の続きです。
    12/13の夜(日付が変わって12/14ですね)のふたご座流星群です。

    カメラは総動員して3台体制でした。
    今のカメラは便利ですね。
    連写モードに設定してレリーズをロックすると、後はカメラが頑張ってくれるのです。

    2001年のしし座流星群のときもカメラは3台体制でした。
    でもそのときは、ときどき時計を見ながら、5分とか10分おきにレリーズを押さなければなりませんでした。


    どうも流星はカメラを向けていない場所に流れるようですね。
    もっと写ったと思っていたのですが、そうでもなかったです。



    ラブジョイ彗星と流星

     2013/12/14 05:06  EF16-35mm(16mm) F2.8→2.8  固定撮影(30秒)   Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)
     3枚を比較明合成  EOS KissX3 JPEG、ISO3200  山梨県・高根町にて


    ”ラブジョイ彗星と、、、” と言うにはかなり無理がありますね。
    まあ一応写ってはいますが、目を凝らしても分かるかどうか程度です。

    流星は火球クラスです。
    もっと東のほうで見ている人は凄かったでしょうね。

    カメラをもう少し右に向けて撮影していたかったです。
    そして、この写野からはみ出すような長い尾の彗星が写したかったです。
    アイソン彗星の核は1kmにも満たない小さなものだったようですね。
    それじゃあ、太陽にあれだけ近づいたらひとたまりもないですよね。
    11月にアウトバーストして楽しませてくれたのが精一杯の頑張りだったのですね。

    そんなことを考えながら撮影していました。



    冬の大三角と流星

     2013/12/14 03:20  EF14mm F1.4→2.8  固定撮影(20秒)
     2枚を比較明合成  EOS 5DMark2 JPEG、ISO3200  山梨県・高根町にて


    西の空で月がだいぶ低くなってきました。
    白く見えていた雲も赤っぽく照らされています。

    続けて流星が写ったので、2枚を比較明合成してみました。
    流星って時間的にかなりムラがあるように感じます。
    流れないときは本当に流れません。
    でも短い時間に複数が流れるときもあります。



    冬の大三角と流星

     2013/12/14 04:37  EF14mm F1.4→2.8  固定撮影(30秒)  Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)
     2枚を比較明合成  EOS 5DMark2 JPEG、ISO5000  山梨県・高根町にて


    これも、続けて写りました。

    JPEGで撮ったのですが、色合いがとっても変です。
    ここまで修正するのが精一杯でした。
    色温度を400Kに設定したのが適切でなかったのかなあ?
    ISO5000で撮ったのも初めてなので、それも関係しているのかなあ?



    薄明が始まりました

     2013/12/14 05:37  EF14mm F1.4→2.8  固定撮影(20秒)  Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)
     EOS 5DMark2 JPEG、ISO5000  山梨県・高根町にて


    薄明が始まって、空がほんのりと明るくなってきました。
    片付けをしながら撮った最後の一枚です。
    色合いが変ですが、見慣れてきたのか違和感が薄らいできました。

    それにしても寒かった!
    でも流星も見れたし、ラブジョイ彗星も撮影できたし、満足です。


     








    コメント

    こんにちは
    1枚目の大火球は凄いですね。一応、東側に居た人間ですが、この時間は既に帰宅してせっせとブログを書いてました。
    中央道でも運転中にいくつか流星が見えました。思わず高根町か井戸尻公園に途中下車しようか考えてしまいました。
    私の流星写真も、凄いのが一枚写りましたよ!凄い暗いのが…(笑)
    2013/12/16 7:30 AM by 温泉日和
    >温泉日和さん、おはようございます。

    ふたご座流星群は、月が沈んでから明け方までが勝負だと考えていました。
    だから薄明が始まるまでは頑張りましたよ。
    来年のしぶんぎ座流星群でリベンジはどうですか?
    これも明け方が狙い目だと思うので、前の日はお酒を飲んじゃ駄目ですよ〜。
    2013/12/16 8:11 AM by やまねももんが
     月が沈んでから撮影をスタートしたのですが、まるこう氏の写真を見て、もっと早くから撮ればよかった、と後悔しています。明け方が近くになるにつれ、ふたご座と反対側、ラブジョイ側の流星が多くなったように感じたのは気のせいでしょうか。去年もそんな風に思ったことを思い出しました(笑。
     ただ、今年は、空気が乾燥していたのか、充電式カイロがヒーターとして役立っていたのか、レンズが曇ることがなかったのがよかったです。
     それにしても流星の撮影、難しい!
    2013/12/16 1:40 PM by 阪神ファンいっこう
    >阪神ファンいっこうさん、こんにちは。

    月明かりが無くなると暗い流星が見えてくるので、たんさん流れたように感じますね。
    でももともとかなり明るい流星でないと写真には写らないので、月明かりの影響はそれほどないのかもしれません。
    露光時間を短くすれば良いのですよね。
    でも後のチャックが大変になりますが、、、。
    はい、私はヒーターを使わなかったのですが、全く問題なかったです。
    一昨年でしたっけ、酷い目にあったのは。
    2013/12/16 3:20 PM by やまねももんが
    やっぱり撮影する時間によるのですかね。
    「撮影は計画的に」ですね^^;
    2時間ぽっちじゃダメってことがよくわかりました^^;
    次はがんばりまーす
    2013/12/16 11:30 PM by 道端小石
    ふたご座流星群は数も多いし、明るいのも多くて見ごたえが有りますね。今回は月明かりがありましたが、昼間のような風景と流星とが有って良かったですよ。流星群はどうしてもカメラの台数が欲しくなりますが、確かに画像チェックは大変ですね。私は5台で二日間だったので2万枚近くになってしまいました(^^;
    1枚目の火球は凄い大きさでしょうね。私のに写っていると良いなぁ。
    2013/12/16 11:44 PM by とりぷるあい
    さすがです!こんなのが撮れる腕が欲しいものです。
    それにしても1枚目のはすごいですね。肉眼で見ても迫力があったのかな。

    俺は次の日に全く同じ場所で撮影してましたが、暗い流星しか写りませんでした^^;

    来年のしぶんぎ座流星群は最高の条件らしいので、ぜひ挑戦したいですね。
    2013/12/16 11:59 PM by NS0407
    >とりぷるあいさん、おはようございます。

    はい、とにかく写しまくるしかないですからねえ。
    でも2万枚は凄いなあ。
    私は合計でも1000枚ぐらいでした。
    それでも目がしょぼしょぼして大変でしたよ。
    1枚目の火球は近くで見たら凄いでしょうね。
    関東の真ん中付近の上空でしょうかね。
    2013/12/17 5:46 AM by やまねももんが
    >NS0407さん、おはようございます。

    流星を写すには腕は関係ないですよ。
    写るかどうかは運なので、とにかく写しまくるしかないと思っています。
    どうも時間的にムラがなるようで、流れない時は数10分も流れなくて、流れる時は続けて流れたりします。
    だからできるだけ長い時間頑張りたいですね。
    しぶんぎ座流星群の頃はもっと寒いのでしょうね。
    2013/12/17 5:51 AM by やまねももんが
    >道端小石さん、おはようございます。

    私は2時間半ぐらいでしょうか。
    写る写らないはほとんど運だと思います。
    写野の外にはもっと明るいのがたくさん流れましたからねえ。
    計画は立てていたような、そうでないようなですね。
    最初は雲が多かったので計画通りには行きませんでしたよ。
    2013/12/17 5:55 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top