星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< ふたご座流星群2013 (2) | TOP | カノープス >>

2013.12.17 Tuesday

ふたご群ではないですけど

0

    今年のふたご座流星群は思っていたよりも活発だったようです。

    流星痕を撮影された方もおられます。
        → てらおよしのぶさんのブログ
        → まるこうさんのブログ


    私もふたご群ではないですが、偶然にも流星痕を撮影できました。


    これ、流星のようです

     2013/12/14 05:26:29  EF14mm F1.4→2.8  固定撮影(20秒)  Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)
     EOS 5DMark2 JPEG、ISO5000  山梨県・高根町にて


    左上の光跡は飛行機だと思っていました。 (残念ながら見ていませんでした。)
    でも次のコマにも同じような位置にうっすらと何かが写っているのですよね。
    そしてその次のコマにも、さらにその次のコマにも、、、。

    そこで気がつきました。
    これは流星で、次のコマから写っているのは流星痕ではないでしょうか?
    そこで、同じ部分を切り出して、少しコントラスト強調をしてみました。
    真っ直ぐだった光跡は、うねりながら拡散していく様子が分かります。
    赤っぽく見えていますね。

    なお、この流星はふたご群ではないです。


    20秒露光で連続して撮影した12枚の画像を示します。  (縦に非常に長いです。)
    時刻は画像に付されていたものです。 (当日に秒単位まで正しくセットしてあります。)
      連写モードで撮影したのに、どうしてインターバルが2秒も入るのでしょう?

     


    デジタルカメラになって、こんなものが写せるようになったのですね。
    もっと明るい流星痕なら、露光時間を短くして時間分解能を高くしたら面白いでしょうね。


     








    コメント

    まっすぐだった痕が、しおれるように拡散していく様子がよくわかりますね。
    私の撮影したのもそうでしたが、赤っぽいですね。
    流星自体は青っぽいのに、痕が赤いというのも興味深いところです。

    KAGAYAさんとこもすごい写真がありましたよ。てらおよしのぶさんと同じ流星のようです。
    http://twitpic.com/doniu7#.Uqwt5jT1giM.facebook
    2013/12/17 7:16 AM by まるこう
    >まるこうさん、おはようございます。

    この流星は残念ながら見ていなかったのですが、見ていたら声を上げていたでしょうね。
    時間と共にうねうねしていく様子が面白いです。
    昔撮影したしし座流星群の痕も赤っぽかったですよ。
    KAGAYAさんのもそうですが、動画にすると面白いですね。
    2013/12/17 7:28 AM by やまねももんが
     すごいですねぇ、こんなのが撮れるんだぁ。っていうかこれって運が必要ですよね。
     ↑まるこうさんのリンク先のもそんな感じですしね。
     流星痕って言葉は知らなかったですが、昔、肉眼でみたことがあります。聞こえてはいないのですが、バキバキって感じで、嘘みたいな光景でした。
    2013/12/17 9:12 AM by 山口のじぃ
    >山口のじぃ様、こんにちは。

    はい、こんなのが撮れちゃいました。
    最近のデジカメは凄いですね。
    まるこうさんのリンク先(てらおよしのぶさんも同じ流星痕だと思われます)のはもっと明るかったのでしょうね。
    明るいのは肉眼でも見えますよね。
    私も初めて見たときはびっくりしました。
    2013/12/17 10:13 AM by やまねももんが
     そういえば、飛行機か人工衛星だろう、とはずした、こんな感じの写真、あったような気がします。いったいどのくらいの範囲で同じ流星が見られるかわかりませんが、この時間は撮影していたので、家に帰ってもう一度チェックしてみます。
     流星痕の拡大写真、おもしろいですね。プレセペ星団も写ってるし、人工衛星も2つ写ってるし。GIFアニメにしてみてはいかがでしょう。
    2013/12/17 11:23 AM by 阪神ファンいっこう
    >阪神ファンいっこうさん、こんにちは。

    流星の高度って大雑把に言って100kmぐらいでしたっけ?
    だからかなり離れていても同じ流星が見れますよね。
    もちろん見える方向は違ってきますが。

    全体が写っていなくて部分的にしか写っていないと、飛行機なんだか分からないですよね。
    今回はよく見たら流星痕が写っていたので判断できましたが、、、。
    2013/12/17 11:50 AM by やまねももんが
    これもすごいですね。
    このような記録撮影はいつまでも記念に残りますね。
    すごすぎる=
    2013/12/18 10:43 PM by 道端小石
    >道端小石さん、おはようございます。

    はい、思いがけない記念になりました。
    やはりふたご群は見逃せませんね。
    2013/12/19 5:05 AM by やまねももんが
    はじめまして。
    双子群はコンスタントに出て、月さえなければ長時間撮影できますし、もっとも数稼げますよね。
    それにしても今では痕の連続画像まで自動で撮れてしまっているとは・・・・・・
    銀塩時代に撮っていたものとしては、隔世の感です。
    2013/12/19 8:37 PM by me_00_55
    >me_00_55さん、おはようございます。

    コメント、ありがとうございます。
    天気も含めて、私にとってふたご群は年間で最大の流星群ですね。
    今年は月の影響が大きかったのがちょっと残念でした。
    フィルム時代にはしし座流星群で流星痕を撮影したことがありますが、それ以外では初めてです。
    2013/12/20 4:10 AM by やまねももんが
    リコメありがとうございます。
    そうですね。ペルセと双子は、流星屋にとってメインイベントでしょう。(^^)
    ペルセは晴れ続けること滅多ないですが、双子なら連日の晴れが普通ですからね。
    月明かりでも、今では露出切り詰め+コマ数増やせば撮影でき、全くいい時代ですよ。
    しし座流星群で、あの大火球の流星痕を撮影されてましたか。
    私も撮りましたが、当時はフィルム一本分の連射が精々でしたからね。
    でのその痕の連続撮影中に、また他の流星が写り込んだカットが2コマ位ありました。
    あの頃は力入っておりましたのでカメラうん十台投入し、セッティングに数時間費やしへとへとで流星雨を迎えましたが、今ではとても出来ません。
    2013/12/20 12:54 PM by me_00_55
    >me_00_55さん、こんにちは。

    あのしし座流晴雨はもう一度見たいですねえ。
    今の機材なら凄い写真が撮れると思いますよ。
    うん十台とは凄い!
    私は3台でもヒーヒー言いながら撮影していました。
    2013/12/20 1:39 PM by やまねももんが
    流星痕がハッキリと写っていますね。同じ流星を撮影した画像を明るく現像してみましたが、痕は見えませんでした。撮影場所が離れているので、流れている位置が結構違いますね。高根町の方に近かったのでしょうか。
    2013/12/20 8:19 PM by とりぷるあい
    >とりぷるあいさん、こんばんは。

    高根町と育樹は直線距離で50kmぐらい離れていると思います。
    流星の高度は大まかに言って100kmぐらいでしょうから、見える方向は結構違ってきますね。
    私のほうが流星に近かったのかもしれません。
    2013/12/20 8:55 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top