星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 星景写真における街灯などの扱い | TOP | 冬の大三角で遊んでみました >>

2014.01.04 Saturday

最近の星景写真の撮影と処理

0

    最近の私の星景写真に関して、撮影と処理に関してまとめておきます。
    そんな大げさなものではないですが、何かの参考になれば幸いです。

    例題は、昨日ご紹介したものです。


    [1] 機材

    星景写真ですが、星をしっかりと写したいのでポタ赤を使って追尾撮影しています。
    ポタ赤はタカハシのスカイポート(TG-SD)です。
    ポタ赤はマンフロットの410雲台(2軸に改造)に載せて、極軸望遠鏡の中心付近に北極星が位置するように調整しています。
    またタカハシのV金具を使って、カメラを載せる自由雲台が垂直に立つようにしています。
    これによって北側にもカメラを向けることができます。
     


    レンズのフォーカスは明るいうちに調整しておいて、フォーカスリングはビニールテープで固定しておきます。
    レンズは写真のように保温していますが、レンズが曇るような場合にはヒーターを巻きます。
    カメラのアクセサリーシューには水準器を取り付けて、水平垂直は毎回チェックしています。
    ディフュージョンフィルターは Lee Soft-3 を使い、適当な形に切ってレンズの後ろに貼り付けています。
     


    [2] 撮影条件

    レンズは周辺部での収差や周辺減光を低減させるために、F4.0あたりまで絞っています。
    夜空の暗い場所では、ISO感度を3200に設定して、露光時間は90秒から120秒程度にしています。
    なお、気温は−5℃程度でした。


    [3] 処理

    処理と言っても複雑なことはしていません。
    ほとんどはRaw現像(Photoshop Camera Raw)のパラメータ調整で済ませています。

    パラメータ
        ・プロファイル : Camera Neutral (ブルー色度座標値を+5に設定)
        ・レンズ補正 : レンズプロファイル補正を使用 (ゆがみ→80、周辺光量補正→70、色収差を除去)
        ・基本補正 : 下図参照
        ・トーンカーブ : 下図参照(コントラスト(中)を使用)
        ・ディテール(シャープ、ノイズ低減) : 下図参照
     


    8ビットの画像をPhotoshopに渡して、軽く追加の処理をしました。
    まず画像の下側が明るいので、グラデーションマスクを使って少し明るさを抑えました。
    最後に少し青みを押さえました。

    最終的な画像のヒストグラムを下図に示します。
    やや青っぽい色合いが好きなので、レベルは B>G>R になっています。
    また画像中心付近の輝度は65程度になっています。
     


     








    コメント

    こんにちは
    いつもいつも参考にさせて頂きありがとうございます。
    V金具のアングルプレート化が活躍しているようですね。私は機動力重視なのでV金具を使わなかったのですが、年末の橋の撮影の時に絵作りに非常に難儀したのでリベンジ編では使いました。結果、南東から南西の撮影、天頂付近がとても楽したよ。

    一つ質問させて下さい。
    プロファイルをadobe standardにしない理由はありますか?私は今までここを気にしていなかったのですが、ももんがさんのマネをしてcamera〜にしたら、”星の黒点”が消えました。
    黒点といきなり言っても意味分からないでしょうが、私の星撮りの時に出る持病のようなもので、5D2でも夜景などの撮影で初期では黒点が話題になっていたようです。
    それとも好みの問題ですか?ももんがさんの研究の蓄積で今の各数値があるハズなので、単純な好みの問題ではない筈…とご返事に期待してます(笑)。
    宜しくお願いします。
    2014/01/04 7:44 AM by 温泉日和
    >温泉日和さん、おはようございます。

    はい、このアイデアのヒントをくれた温泉日和さんには感謝しています。
    東西南北、どの方向でも同じようにカメラを向けられますよね。

    「adobe standard」は星景写真などには少しビビッド(派手)かなと感じています。
    だから出発点を少し大人しくして、彩度などを調整して自分の好みに仕上げていきます。
    風景写真や薄明時の撮影では「adobe standard」を使うことが多いですね。

    黒点問題は5D2の初期に騒がれましたね。
    私はそれが一段落した後で購入したので、全く気にしていませんでした。
    ハードではなくてソフト(ファームウェアかも?)で対応できたみたいなので、Raw現像などによっても変わる可能性はありますね。
    いやいや、私は几帳面な部分とズボラな部分が同居しているので、結構何も考えないでやっていることが多いですよ。
    温泉日和さんの黒点問題に少し光が刺してきたようで、良かったですね。
    2014/01/04 8:20 AM by やまねももんが
     こんにちは。
     写真館をやってる友人がいるのですが、私のカメラの扱い方を見て「ギャッ!」とか「うォッ!」とか「ダメダメダメ」とか言うのがトラウマになって必要以上に神経質になってしまっています(笑)
     しかし、師匠のグルグル巻きレンズを見て、またまた目からウロコ、耳からエラぶたが落ちました。
     そうですよねぇ、ピントが決まり焦点距離が決まってればレンズ触る必要ないですもんね。
     よ〜し、グルグル巻きでまたやる気出てきました(笑)
     私のペンタ。水準器も標高も方位も表示できます。ハッキリ言って自慢です。ま、豚に真珠ですが(笑)
    2014/01/04 11:29 AM by 山口のじぃ
    >山口のじぃ様、こんにちは。

    レンズによっては温度変化でのフォーカスずれがあったりしますが、広角レンズならまず大丈夫だと思います。
    暗闇で操作することもあって、知らない間にフォーカスリングに触れてしまう危険性は大きいですよ。
    テープで固定しておけば安心です。
    見た目よりも実用性が大事だと思います。

    じぃ様のカメラは機能満載で良いなあ。
    もっともっと使い倒して欲しいと言っていますよ〜。
    2014/01/04 1:29 PM by やまねももんが
     これはすごく参考になります。
     いつまでもやまねももんが師匠の弟子から独立できそうにありません。まだまだ師匠とよばせてください。
     今年もいっぱい勉強させていただきます。がんばるぞ〜〜。
    2014/01/04 6:20 PM by 阪神ファンいっこう
    これは!
    いままで感覚で処理していたので
    このようなデータはとっても大変たすかりまーす。
    ありがとうございます。

    2014/01/04 7:04 PM by 道端小石
    >阪神ファンいっこうさん、おはようございます。

    少しでも参考になれば嬉しいです。
    いやいや、私もそろそろ隠居しようと思っているので、早く独立して下さいよ〜。
    2014/01/05 7:37 AM by やまねももんが
    >道端小石さん、おはようございます。

    参考になれば嬉しいです。
    Raw現像で使ったパラメータは保存されるので便利ですよね。
    2014/01/05 7:44 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/969

    トラックバック

    ▲top