星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

<< みずがき湖での星景写真 あれこれ (12/29) | TOP | 星野写真(60Da、100mm) ペルセウス座領域2 >>

2014.01.10 Friday

みずがき湖での星景写真 あれこれ (1/2)

0

    1/2の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。

    今年最初の夜遊びです。
    直前になってGPV予報が良くなったので、慌てて出かけました。
    20時過ぎに着くとほぼ快晴です。
    さすがに誰もいませんねえ。
    気温は最初は−3℃ぐらいでしたが、23時を過ぎると−6℃ぐらいまで冷え込みました。


    冬の大三角

     2014/01/02 21:01  AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G (14mm、開放)  追尾撮影(120秒)
     Lee Soft-2 Filter(レンズの後ろ)  EOS 20Da RAW、ISO3200  山梨県・みずがき湖にて


    とっても久し振りに20Daを使ってみました。
    ダークフレームは別途取得して、PAP2で減算しました。

    懐かしい色合いです。
    60Daほどは赤い星雲は写りませんが、M42の色が赤っぽくて、嬉しいですね。
    かなりの露光オーバーになってしまって、地上の明るい部分がおかしなことになっています。

    4枚ほど撮ったところでバッテリー切れの表示が出てしまいました。
    一応フル充電して来たのですが、、、。
    数年前にも同じ状態になって、バッテリーを買い換えたのですよね。
    何とか外部電源を使えるようにしないと駄目ですね。
    それに液晶モニターがとても小さくて、老眼の私にはよく見えません(涙)。


    冬の大三角

     2014/01/02 22:59  EF24mm F1.4→4.0  追尾撮影(80秒)  Lee Soft-3 Filter(レンズの後ろ)
     EOS 5DMark2 RAW、ISO3200  山梨県・みずがき湖にて


    駐車場の裏手というか脇に、東屋のようなものがあります。
    それをちょっと入れて ”冬の大三角” を撮ってみました。
    構図が難しいですね。
    ああでもない、こうでもないと、うろうろしながら悩みました。
    これが良いという訳ではなくて、これしか無かったというのが本音です。
    GPVの予報よりもだいぶ早くに薄雲が出てきました。


    オリオンとおうし

     2014/01/02 23:28  EF24mm F1.4→3.2  追尾撮影(60秒)  Lee Soft-3 Filter(レンズの後ろ)
     EOS 5DMark2 RAW、ISO3200  山梨県・みずがき湖にて


    薄雲が広がってきてしまいました。
    でも星景写真としては、ちょっと雰囲気のある写真になったような気がします。
    薄雲が少し赤っぽく写っていて、もやもやした感じがちょっと分子雲のようにも見えませんか?

    星野写真を撮影中なのですが、そちらは駄目かなあ?


    冬の大三角

     2014/01/02 23:36  EF24mm F1.4→3.5  追尾撮影(60秒)  Lee Soft-3 Filter(レンズの後ろ)
     EOS 5DMark2 RAW、ISO3200  山梨県・みずがき湖にて


    南から本格的な雲がやってきそうですね。
    これも星景写真としては、ちょっと面白い感じになったような気がします。
    決して負け惜しみではないですよ〜。 (でも本音は負け惜しみです。)


    GPVでは1時頃から雲が広がってくる予報でした。
    でも2時間ばかり早く、23時頃から薄雲が広がってきてしまいました。
    星野写真の2カット目は駄目かなあ?
    0時頃に片付けて撤収しました。

    このところ100mmレンズによる星野写真をメインにしているので、このみずがき湖がホームグラウンドになっています。
    その合間?に星景写真を撮っているのですが、いつも同じような写真ばかりですみません。


     








    コメント

    こんにちは
    20Daの写真とは渋いですね。しかも4枚ぐらいで終了、液晶も小さく…歴史を感じさせますね。「お、今日は久しぶりの20Daシリーズだな」と見ていたら、いきなり何気に5D2に代わってるし(笑)
    同じ日に私は富士見町でしたが、同じような時間帯でもこちらは-3〜4度(道路の電光掲示板)でした。似たような標高、緯度だけど随分と違うものなのですね。
    2014/01/10 7:16 AM by 温泉日和
    >温泉日和さん、おはようございます。

    はい、4枚撮影したところで凍死してしまったようです(涙)。
    しかも、そのうつの2枚はダークフレームです。
    このころのカメラは液晶モニターが本当に小さいですね。

    同じ日の同じような時間帯に星空を見上げていたのですね。
    気温って結構変動して、夜なのに上がったりすることもありますよ。
    風向きなどの影響ですかね。
    2014/01/10 8:02 AM by やまねももんが
    4枚で凍死! なんだか30年後の自分を見ているようでせつないです。『これでも若いころはばりばり働いたんだぜ』(涙。いたわりつつ、暖かくなってから時々使ってあげてください。
     私も、改造カメラを20DからX3にかえたとき、液晶の大きさ、ライブビューでのピント合わせに感動しました。もう20Dにはもどれません(笑。 
     
    2014/01/10 10:00 AM by 阪神ファンいっこう
    >阪神ファンいっこうさん、こんにちは。

    いっこうさんの30年後って、私の20年後じゃないですか?
    でも、もうすぐだなあ。
    その頃は縁側に座って、お茶でも飲みながら昔話でもしましょうね。
    本当に液晶モニターが小さいですよね。
    昔はよくこんなので画像をチェックしていたなあと関心してしまいましたよ。
    2014/01/10 12:26 PM by やまねももんが
    追尾撮影が60秒だと、木々のシルエットが鮮やかになりますね。
    星も綺麗だし、こっちの方が好みかな。単焦点はやっぱり良いんでしょうか。
    2014/01/10 6:17 PM by ヤマボウシ
    >ヤマボウシさん、こんばんは。

    地上の風景が近いほど露光時間はあまり長くしないほうが良いですね。
    ディフュージョンフィルターを使っていることもあって、60秒程度なら許容範囲だと思っています。
    まあ一般的には単焦点のほうが良いような気はしますが、最近のズームは優秀ですよね。
    フルサイズカメラの場合は、このレンズでも周辺部の星像は良くないですよ。
    2014/01/10 7:49 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top