星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 冬のダイヤモンドとその反対側の星空 | TOP | 昨日の星景写真の画像処理 >>

2014.01.18 Saturday

こんな星景写真はどうでしょうか

0

    星景写真と一口に言っても、いろんなスタイルがあると思います。
    私が目指しているのは、星空は星野写真のような写りで、しかも地上の風景がくっきりと写っている、そんな写真です。

    でも今までにそんなものが撮れたことはありませんでした。
    それが1/4の晩の山梨県・みずかき湖で、目指しているものにかなり近いものが得られました。

    最大の要因は、星空の透明度が抜群に良かったことです。
    加えて、南側の甲府盆地は雲が多かったようで、それが街灯りの影響をだいぶ抑えてくれました。

    そして画像処理に新たな技を導入したことも大きな要因だと思っています。



    冬の大三角

     2014/01/05 02:21  EF24mm F1.4→2.8  追尾撮影(60秒)  Lee Soft-3 Filter(レンズの後ろ)
     EOS 5DMark2 RAW、ISO3200  山梨県・みずがき湖にて


    ”オリオン” が西側の山に隠れていくところです。
    寒さが我慢できなくなって、これがこの日のラストショットになりました。

    空の透明度が非常に良くて、更に低空の赤みがとても少なかったです。
    地上の風景はしっかり写っていますが、星空はほとんど星野写真の写りだと思います。
    これが60秒露出の1枚撮りとは自分でもとても信じられません。
    いつもこんな写真が撮れたら幸せでしょうね。
    でもこの星空は、1年に1回巡り合えるかどうかでしょうね。


    まずはラストショットの画像を使って、画像処理をあれこれ試行錯誤してみました。
    他の写真も処理をして公開していきたいと思います。


     








    コメント

    おはようございます。
    やっぱり、60秒は風景がぶれなくていいですね。小さな星がやけに沢山写ってますね。
    条件次第でこんなになるんだなぁ。綺麗です。ところで、「新たな技」って何だろう。
    画像処理の本をまじめに読んでから、聞いてみたい^^;
    2014/01/18 9:37 AM by ヤマボウシ
    え? これ本当に1枚撮り?
    というぐらいすごい写りですね。
    一瞬、合成かなと思っちゃいましたよ。
    これが、やまねももんがさんが目指している方向のひとつなんですね。
    2014/01/18 9:59 AM by 悠々遊
    こんにちは。

    素晴らしい透明度ですね。
    仰るとおり、60秒露出一枚撮りとは思えません。
    地上の風景もきれいに写っています。
    やはり天体写真は透明度が第一ですね。
    当夜の他の写真もぜひ見せていただきたいです。
    こちらは相変わらず曇ばかりです…(涙)。
    2014/01/18 10:54 AM by まっちゃん
    >ヤマボウシさん、こんにちは。

    風景をくっきり写すためには、露光時間はあまり長くしないほうがいいですね。
    でも星空もしっかり写したいので、いつも迷いながら撮影しています。
    この日の星空はとても綺麗でしたよ。
    とても寒かったですけどね。
    新たな技は、明日の記事でご紹介しようと思っています。
    2014/01/18 11:23 AM by やまねももんが
    >悠々遊さん、こんにちは。

    はい、これが私が追求していた星景写真です。
    まだゴールには届いていないと思いますが、かなり近いところまで来たと思っています。
    1枚撮りなんて嘘みたいでしょう。
    こんな星空に出会ってしまうと、いつもの星空では満足できなくなってしまいそうで怖いです。
    2014/01/18 11:28 AM by やまねももんが
    >まっちゃんさん、こんにちは。

    はい、空の透明度が第一だと思い知らされました。
    この場所はすぐ前に道路があって街灯もあるのですが、ほとんど気になりませんね。

    枚数はたくさん撮ったのですが、ほとんど同じような構図なのですよねえ。
    こんな画像に変身できると分かっていたら、もっといろいろ撮影すれば良かったです。

    今年は冬型の天気になることが多いですね。
    こちらは冬晴れが続いていて、申し訳ない気持ちです。
    2014/01/18 11:37 AM by やまねももんが
     おぉ!!すごい!さすが我がお師匠さま〜ッ!
    私めが雑用にかまけてるあいだにこんなすごいのを。
     あいや〜、The 星景写真。
    これがあったかぁ。わたしゃ、星景写真の地上風景と宇宙の接点がボケている部分に、いくばくかの不満をかんじておったのですが、こりゃぁ不満解消ですわい。
     M42のあたりを拡大して見たら、まさしくどこか地球以外の惑星上で眺めた景色になっちょる。
     よし、透明度がなくてもわしには奥の手がある。
    整形写真じゃ(笑)
    2014/01/18 6:25 PM by 山口のじぃ
    >山口のじぃ様、こんばんは。

    星空写真に手前の風景を貼り付けたように見えるでしょ。
    でもそうじゃないて1枚撮りなのですよ。
    そんな星景写真を目指していたのですが、やっと不可能ではないことが分かりました。
    でもそれには透明度の非常に良い星空が必要なことも思い知らされました。
    じぃ様の奥の手は凄そうですね(笑)。
    こんど是非見せて下さいな。
    2014/01/18 8:06 PM by やまねももんが
    ついに始まりましたね、待ってました。
    「いつもの星空では満足」できなくなっている私です(笑)。
    こういう日の記憶がずーっと残ってると、後々苦労するもんだなあ、
    なんて思ったりしてます。
    とはいえ、このチャンスを逃さないっていうことが、
    フットワークの良さ、日頃の努力なんですね。
    2014/01/18 9:06 PM by ミッチー
    こんにちは!
    オリオン座が山ほどからちょこんと顔を出している所が
    可愛くも見れました。新しいワザ?いつもながらすごく綺麗です。空の透明感大事ですよね!
    私はいつも一枚撮りですが、、、、一体何処が違うんでしょう?ぜんぶ?そうかも知れませんね、、、笑!
    2014/01/19 1:29 AM by kazu
    >ミッチーさん、おはようございます。

    ミッチーさんも極上の星空を体験してしまったのですね。
    これは幸せなようで不幸なことかもしえませんね(苦笑)。
    でも空の透明度って、気象予報からはほとんど読めないのですよね。
    実際に現地に行ってみないと駄目なので、確率から言うとがっかりするほうが多くなるでしょう。
    まあ、あまり期待しないで、でもフットワーク良くというところでしょうか。
    2014/01/19 6:11 AM by やまねももんが
    >kazuさん、おはようございます。

    オリオンが可愛いでしょう。
    隠れそうなので、あわてて撮ったものです。

    空の透明度は影響が大きいですね。
    前からそう感じていたのですが、改めて実感しました。

    画像処理に関しては、CameraRawでのRaw現像がとても気に入っています。
    これに頼っている部分がとても大きいですね。
    2014/01/19 6:19 AM by やまねももんが
    確かにすごい透明度の空ですね。
    また天頂から山際までが同じ状態の星空というのがまたすごいです。
    それと地上の明かりも1分露光なのに嫌味はないですね。
    いいもの見せていただきました。
    いつかはこのような星景撮れるようにがんばりまーす。
    2014/01/19 9:31 PM by 道端小石
    >道端小石さん、おはようございます。

    はい、びっくりするぐらいの透明度でしたよ。
    いつもと同じ条件で撮影しているのですが、こんなに写りが違うとはねえ。
    地上の明かりは、大きく悪さをしなければ星景写真には取り入れるようにしています。
    カラフルな感じを出すためです。
    2014/01/20 5:55 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/982

    トラックバック

    ▲top