星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

2017.12.31 Sunday

それはクリスマスイブの日にやってきました

0

    2匹の子猫がクリスマスイブの日に突然やってきました。
    真っ白い子と、白とグレーの子です。
    10月初旬に生まれたそうです。

    ちょっと訳ありで預かることになりました。

      真っ白い子

      白とグレーの子
     
    まずは動物病院で健康診断をしてもらいました。
    特に病気等はなく、感染症のウィルス反応も陰性でした。
    ただし、ウィルス反応は1ヶ月半後に再検査が必要だそうです。
    その結果が分かるまでは、空(くう)とは接触しないようにしなければなりません。
    でも完全に隔離してしまってはお互いに慣れないので、両立に苦労しています。


     

    最初の日、子猫を見た空(くう)はびっくりして2階へ走っていって、しばらく降りてきませんでした。
    数日はこんな顔で遠くから見ていましたが、最近はときどき子猫のゲージの前まで行っています。
    どうも子猫用のフードが気になるようです(笑)。


    部屋を閉め切って子猫を自由にしてやると、凄い勢いで追いかけっこをしたり取っ組み合いを始めます。
    海(かい)と空(くう)もそうでしたが、子猫の時は兄弟で暮らすのが良いですね。
    楽しそうに感じるのか、ドアの向こうでは空(くう)が不満げに鳴きます。
    暫くは我慢してもらって、後で遊んでやります。


    子猫の名前はまだありません。
    病院ではとりあえず「しろ」と「ぶち」になりました(笑)。


    この1週間は怒涛のように過ぎました。
    子猫は体調が急変することがありますし、様子を常に把握しておかなければならないので、気が休まりません。
    おまけに空(くう)はまだ真っ暗な時間に起こしにくるし、、、。
    来月の夜遊びはちょっと無理かもしれませんね。

    ではそろそろ、大掃除のラストスパートにとりかかります。


     








    2017.12.29 Friday

    星野写真(60Da、100mm) おうし座領域4

    0

      60Daと100mm中望遠レンズによる星野写真シリーズです。
      メシエ天体(全て),カルドウェル天体(一部),その他の面白そうな散光星雲や暗黒星雲、が対象です。


      この「おうし座領域4」には、以下の天体があります。 (※ 領域名は私が勝手に付けています。)
        ・おうし座分子雲 : 分子雲,暗黒星雲






        撮影日時 : 2015/12/18 23:41〜  480sec×15枚
        撮影場所 : 山梨県・みずがき湖にて 気温は約-4℃

        撮影日時 : 2017/12/17 23:02〜  360sec×19枚
        撮影場所 : 山梨県・みずがき湖にて 気温は約-8℃

        カメラ : EOS 60Da (ISO1600、RAW)
        フィルター : 無し
        レンズ : EF100mm F2.8 Macro (F4.0)
        追尾 : EM11(ノータッチ)
        処理
          ・RAP2 : ダーク減算、フラット補正
          ・CameraRaw9.12 : Raw現像
          ・StellaImage6.5 : デジタル現像、Lab色彩調整
          ・Photosop CC : コントラスト調整、色合い調整、等々
          ・FlatAidePro
          ・Nik Collection (Silver Efex Pro 2、Dfine 2)

        空の暗さ(B)、透明度(BC)、フォーカス(AB) 5段階評価  2015/12/18
        空の暗さ(BC)、透明度(B)、フォーカス(BC) 5段階評価  2017/12/17



      StellaNavigator での写野 (恒星は9.5等まで、星雲星団は12.0等までを表示)




      この領域は、プレアデス星団の東側で、ヒアデス星団の北側です。
      主役は「おうし座分子雲」です。
      おうし座分子雲はこの画角でも入りきらないほど広がっていますが、この辺りが最も濃いように思われます。

      分子雲という言葉は、私も使っていますが、よく見聞きするようになったのは最近のことですよね。
      星間雲,分子雲,星雲(輝線星雲,反射星雲),暗黒星雲(暗黒物質ではありませんよ!)と
      いろいろな言葉がありますが、私は次のように捉えています。
      素人なので勘違いしている部分があるかもしれませんが、、、。

      星間雲は原子や分子のガスや塵などが集まって雲のようになっているものです。
      その中で特に分子が主成分のものを分子雲と呼んでいるのだと思います。
      宇宙で最も多く存在している原子は水素ですから、この場合の分子は主に水素分子です。
      分子は原子同士が衝突して結合しないと出来ませんから、分子雲は星間雲の中でも濃い(密度が高い)と思われます。

      それらがどのように見える(どのように写る)かによって呼び方が違ってきます。
      近くに明るい星(恒星)があると、その星の光を反射して雲が輝きます。
      これを反射星雲と呼び、その光は連続スペクトルになります。
      その星(恒星)が高温の場合は、紫外線などのエネルギーの高い光によって、分子が壊されたり原子が
      電離したり励起したりします。
      この励起した原子は、原子特有の波長(エネルギー)の光(電磁波)を放出します。
      量子力学で習いますが、原子はとびとびのエネルギーしか持てないからです。
      水素原子が3番目に高いエネルギー順位から2番目に高いエネルギー順位に移るときに、656.3nmの赤い光を出します。
      これが有名なHα光です。
      順位の組み合わせに応じて波長(エネルギー)が決まるので、その光は輝線スペクトルになります。
      水素原子では可視光の領域で最も輝度が高いのが上記のHα光です。
      このように輝線スペクトルで輝いている星雲が輝線星雲で、写真ではほとんどが赤く写ります。

      近くに明るい星(恒星)が無い場合には、星雲として輝かないので見えません。
      でも背後の星の光を遮ってしまうほど雲が濃い場合には、暗黒星雲として認識できます。
      背後に明るい星雲などがある場合は、馬頭星雲のようにもっとはっきり見えます。

      背後の星が透けて見えるような場合でも、最近のデジタルカメラと画像処理によって分子雲を
      浮かび上がらせることができるようになったのは驚きです。
      分子雲が薄い場合は色合いはほとんど無いようですが、比較的濃い場合は赤茶色のような色合いで
      仕上げている画像が多いですね。


      今回は2時間弱の露光をしましたが、空が少し明るく感じられ、フォーカス調整もうまく追い込めませんでした。
      星の瞬きがかなり大きくて、星像の大きさの見極めがしっかりできなかったのが原因です。

      そこで、2015年の撮影のものを含めて仕上げることにしました。
        → 2015年の撮影のものはこちら
      なお構図が少しずれていたために、横方向を1%ほど、縦方向を3%ほど、トリミングしています。

      2015年の撮影のものは分子雲がかなりざらついていたのですが、だいぶきれいになったと感じています。
      撮影日の異なる画像はざらつきの様子が異なるようで、それらを組み合わせると効果が大きいようです。
      それに気を良くして、前回よりもさらに炙り出してみました。


      同じ日に撮影したプレアデス星団がある「おうし座領域2」と繋げてみました。
      PhotoshopのPhotomergeで簡単に繋がりましたが、コントラストや色合いが揃っていませんね。
      モザイクを意識しないでそれぞれを仕上げたので当たり前ですが、、、。
      そこでそれぞれの背景の色合いを少し調整して繋げてみました。




       








      2017.12.26 Tuesday

      星野写真(60Da、100mm) おうし座領域2

      0

        60Daと100mm中望遠レンズによる星野写真シリーズです。
        メシエ天体(全て),カルドウェル天体(一部),その他の面白そうな散光星雲や暗黒星雲、が対象です。


        この「おうし座領域2」には、以下の天体があります。 (※ 領域名は私が勝手に付けています。)
          ・M45 : 散開星団 (プレアデス星団、すばる(和名))

          ・IC353 : 散光星雲
          ・IC359 : 反射星雲
          ・IC1435 : 反射星雲 (メローペ星雲)
          ・暗黒星雲(Bはバーナード・カタログ)






          撮影日時 : 2016/11/03 23:59〜  360sec×20枚
          撮影場所 : 山梨県・みずがき湖にて 気温は約+3℃

          撮影日時 : 2017/12/17 20:38〜  360sec×21枚
          撮影場所 : 山梨県・みずがき湖にて 気温は約-8℃

          カメラ : EOS 60Da (ISO1600、RAW)
          フィルター : 無し
          レンズ : EF100mm F2.8 Macro (F4.0)
          追尾 : EM11(ノータッチ)
          処理
            ・RAP2 : ダーク減算、フラット補正<BR>
            ・CameraRaw9.12 : Raw現像
            ・StellaImage6.5 : デジタル現像、Lab色彩調整
            ・Photosop CC : コントラスト調整、色合い調整、等々
            ・FlatAidePro
            ・Nik Collection (Silver Efex Pro 2、Dfine 2)

          空の暗さ(BC)、透明度(BC)、フォーカス(B) 5段階評価  2016/11/03
          空の暗さ(BC)、透明度(B)、フォーカス(BC) 5段階評価  2017/12/17




        StellaNavigator での写野 (恒星は9.5等まで、星雲星団は12.0等までを表示)




        この領域は何と言っても ”プレアデス星団(すばる)” です。
        清少納言が「枕草子」で筆頭に挙げているくらいですからね。

        でも、おうし座分子雲のうねうねが面白いです。
        だからあえてM45を端に寄せて、分子雲を入れた構図にしてみました。
        左上の赤茶色の暗い雲のように写っているのが分子雲です。
        この画像にはその一部分しか写っていませんが、フィルム時代ではこんなものは見たこともなかったです。

        さらにこの領域は、全体に淡いもやもやしたものが見られます。
        これは星間雲なんでしょうね。
        その星間雲の濃い部分が分子雲となり、近くに明るい星があると散光星雲や反射星雲として輝くのでしょうね。


        時間帯は早かったものの撮影対象は天頂付近にあったので、夜空の状態は比較的良かったです。
        しかしフォーカス調整をしくじってしまって、赤いフリンジがだいぶ発生してしまいました。
        星の瞬きがかなり大きくて、星像の大きさの見極めがしっかりできなかったのが原因です。

        そこで、2016年の撮影のものを含めて仕上げることにしました。
          → 2016年撮影のものはこちら
        なお構図が少しずれていたために、横方向を2%ほど、縦方向を4%ほど、トリミングしています。

        総露光時間が4時間にもなったので、荒っぽい処理にもかなり耐えてくれたと感じています。
        分子雲やもやもは、さらつきを抑えながらもある程度は浮かび上がらせることができたのではないでしょうか?
        でも色合いはちょっと自信がありません。
        特に意識しないで仕上げていったら、こんな感じになったのですが、、、。
        あちこちに存在する淡いもやもやは場所によって色合いが違いますね。
        少し青っぽいものもあれば、少し赤っぽいものもあります。
        これは単なる色ムラではなくて実体だと思っているのですが、どうでしょう。

        M45を取り巻く星雲はちょっと不満が残っています。
        刷毛で掃いたようなスジ状の構造は潰れてしまっています。
        色合いはもう少し青みを強くしたかったのですが、うまく調整できませんでした。
        ところで、星にまとわりついている部分と大きくとりまいている部分とでは少し色合いが違うのですね。

        また今回はフォーカス調整がうまくできなかったこともあって、星の色合いがきれいに表現できませんでした。
        これは私の光学系や画像処理における永遠のテーマのように感じています。



        M45 (ピクセル50%表示で切り抜き)

            プレアデス星団は青白っぽい星雲に囲まれているように見えます。
            でも星団と星雲は関係がなくて、たまたま星雲がこの場所にあって照らされているだけらしいです。
            メローぺの周りの星雲はIC1435という番号が付いています。

            さらにその周りにはとても淡いもやもやが見えます。
            M45の左上の領域はやや青っぽく見えますが、右下の領域は少し赤みが感じられます。

            青白い色調の中で、オレンジ色の星がとても目立っていますね。
         


         








        2017.12.24 Sunday

        クリスマス用の星景写真は企画倒れでした

        0

          今夜はクリスマスイブですね。

          木々の枝に星が鈴なりになっているような星景写真を撮りたかったのですが、、、。
          寒さで頭が回らずに?、10分間の固定撮影をしてしまいました。


          冬の大三角の軌跡


           2017/12/21 02:06  EF16-35 f2.8 (23mm、F4.0)
           EOS 6D RAW、ISO800  固定撮影(600秒)  山梨県・みずがき湖にて


          枝振りの良い木を前景に入れて ”冬の大三角” の軌跡を撮影してみました。
          10分露出の1枚撮りです。
          でも、特に ”おおいぬ座のシリウス” が枝にかなり隠れてしまいました。
          この手法はかなり難しいですね。

          夜半をだいぶ過ぎたので、空の状態は良くなってきていました。
          ISO感度を下げたこともあって、星空はきれいに写っています。
          一方で木々や地面は暗くて諧調がほとんど無くノイジーです。
          これを救済するにはどうしたら良いのでしょう?



          さて私のホームグラウンドになっているみずがき湖ですが、TVに出るそうです。
          ビジターセンターや増富温泉などで行われたテレビロケの放送が
          今日(12/24)の午後4時半から、テレビ朝日「帰れまサンデー」という番組で放映されます。
          秘境のバス路線をタレントさんが旅するという内容で、食事の様子や二階の天体観測所の様子や星空の話なども出ると思いますので、お時間ある方はどうぞご覧ください。


           








          2017.12.23 Saturday

          夏の大三角と冬の大三角

          0

            12/17の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。



            沈みゆく夏の大三角


             2017/12/17 18:45  EF16-35 f2.8 (24mm)
             地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)×2枚
             星空部分 : ISO8000、F4.0、固定撮影(20秒)  Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
             地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
             EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


            季節は冬ですが、宵のうちならまだ ”夏の大三角” を見ることができます。

            でもこの時間帯はまだ夜空が少し明るくて透明度もそれほど良くないのですよね。
            だから元画像では天の川も微かにしか写っていません。
            そこで、思いっきりはっきりくっきり志向で仕上げてみました。
            星空部分の背景はかなり荒れてしまいましたが、20秒露光ですから仕方がありません。



            昇ってきた冬の大三角


             2017/12/17 21:33  EF16-35 f2.8 (23mm)
             地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)×2枚
             星空部分 : ISO8000、F3.5、固定撮影(20秒)  Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
             地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
             EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


            ”夏の大三角” が西の空に沈んでいくと ”冬の大三角” が東の空に昇ってきます。

            夜も更けてきたので夜空がだいぶきれいになってきました。
            ”冬の大三角” は明るい星が多いので、とても華やかですよね。

            この白い柵はとても良いアクセントになっていると思います。


            1枚目と2枚目とで星空の色合いが違っていますが、空の状態に合わせて仕上げていったらこうなったのです。
            まあ雰囲気的にも合っているかなと思います。


             








            ▲top