星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2017.06.15 Thursday

星野写真(60Da、100mm) こと座領域2

0

    60Daと100mm中望遠レンズによる星野写真シリーズです。
    メシエ天体(全て),カルドウェル天体(一部),その他の面白そうな散光星雲や暗黒星雲、が対象です。


    この「こと座領域2」には、以下の天体があります。 (※ 領域名は私が勝手に付けています。)
      ・M57(NGC6720) : 惑星状星雲 (リング星雲)






      撮影日時 : 2017/05/29 22:58〜  300sec×8枚
      撮影場所 : 山梨県・みずがき山  気温は約+7℃
      カメラ : EOS 60Da (ISO1600、RAW)
      フィルター : 無し
      レンズ : EF100mm F2.8 Macro (F4.0)
      ガイド : EM11(ノータッチ)
      処理
        ・RAP2 : ダーク減算、フラット補正
        ・CameraRaw9.9 : Raw現像
        ・FlatAide : フラット処理
        ・FlatAide-Pro : スターシャープ処理
        ・StellaImage6.5 : デジタル現像、Lab色彩調整
        ・Photosop CC : コントラスト調整、色合い調整、等々

      空の暗さ(BC)、透明度(BC)、フォーカス(B)  5段階評価



    StellaNavigator での写野 (恒星は9.5等まで、星雲星団は12.0等までを表示)



    「こと座領域1」では、M57(リング星雲)とM56(球状星団)を入れる構図にしています。
    でもこと座の星の並びは特徴的なので、星座全体を入れる構図を別途用意してみました。
    M56は入りませんが、M57の位置が良く分かると思います。

    総露光時間がかなり短くなってしまいましたが、淡い星雲などが無いので何とかなったかなと思います。
    フォーカス調整は慎重に行ったつもりですが、赤いフリンジが少し発生してしまいました。
    今まではCameraRawでの現像時にフリンジ低減処理をしていました。
    でも星の色合いが乏しくなったり、星雲の色合いも薄くなったりして、副作用があるのですよね。
    そこで少し前に購入した「FlatAide-Pro」でR成分だけにスターシャープ機能を施してみました。
    効果の様子を見ながらパラメータを調整でき、かなり良い具合いにできたかなと思っています。
    これは良い武器が手に入りました。

    ここはM57を除けば星だけの領域です。
    天の川が近いので、思った以上に星(微光星)がたくさんありました。
    星の色合いを大事にしたかったので、コントラスト強調などはかなり控えめに仕上げました。
    星を表現するにはこのくらいが良いですね。
    星雲などがあると、ついついやり過ぎてしまって、いつも星が肥大化してしまいます。
    「ベガ」は青白さがきれいですね。
    そして中央やや下寄りにあるオレンジ色の星が目を引きます。
    これは見かけの二重星であるδ星に片割れで、赤色巨星のようです。



    M57 (ピクセル100%表示で切り抜き)

        とても小さいので、思い切ってピクセル100%で切り出してみました。
        それでも豆つぶのようですね(苦笑)。
        かろうじてリング状になっているのが分かるでしょうか?
        焦点距離が短いので面積当たりの輝度が高くなって、白飛びしそうです。
        惑星状星雲独特のきれいな色合いを追及するのは無理ですね。
     


     








    2017.06.14 Wednesday

    薬師池公園の菖蒲と紫陽花

    0

      先日、町田市にある薬師池公園に菖蒲と紫陽花を見に行きました。

      両方共に、ちょうど見頃で、きれいに咲いていました。




























      曇り空でしたが、花の写真には良いかなと思って出かけました。
      でも少しは日差しがあったほうが色が鮮やかになりますかね。

      それにしても、カメラおじさんの多いこと。
      まあ、私もそのなかの一人ですが、、、。


       








      2017.06.13 Tuesday

      シャクナゲとツツジと星空

      0

        5/29の晩に山梨県のみずがき山自然公園で撮影した星空写真です。

        シャクナゲとツツジが咲いていたので、何枚か星空と一緒に撮ってみました。
        でも、こういう写真ってなかなか難しいですね。



        昇ってきたさそりとツツジ


         2017/05/29 22:49  EF16-35 f2.8 (24mm)
         地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(360秒)
         星空部分 : ISO8000、F3.5、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
         地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
         EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山にて


        ツツジがきれいに咲いていたので、それを前景にして昇ってきたさそりを撮りました。
        夏の銀河(天の川)も微かに見えています。
        その中に見える一番明るい星は ”土星” です。

        これは最近の星景写真でよく用いている手法で撮影したものです。
        かなり暗い場所なので、地上風景用の画像はたっぷり露光したつもりです。

        この頃はまだ空の状態が良くなくて、星空が濁った感じになってしまったのが残念です。
        それでも地上風景がカラフルなので、合成するとまあまあの星空に見えちゃいますね。
        ツツジは暗くてよく見えなかったのですが、思ったよりもよく写りました。



        シャクナゲとツツジ、そして昇ってきたカシオペア


         2017/05/30 02:12  EF16-35 f2.8 (24mm)
         ISO2500、F4.0、固定撮影(240秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの後ろに配置
         地上風景用と星空用と別々に処理して、マスクを使って合成
         EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山にて


        駐車場から見上げるとシャクナゲとツツジがきれいに見える場所を見つけました。
        星空は昇ってきたカシオペアをメインにしましたが、実はそれしか構図がとれなかったのです。

        不自然さは排除したかったので、合成はしないつもりで1枚撮りにしました。
        でも地上風景と星空との明るさが合わなくて、地上風景用と星空用と別々に処理して、マスクを使って合成しました。
        花をきれいに写したいのでISO感度を下げると、必然的に露光時間は長くなります。
        星の軌跡がジャギーにならないように、ディフュージョンフィルターはレンズの後ろに配置してあります。
        Leeの一番弱いものを使いましたが、思ったよりも星が滲まなかったですね。
        まあ花がまりボケなくて良かったとも言えますが、、、。
        コントラストはあまり強調せずに、明るめに仕上げています。

        こういうのって初めて撮ったのですが、難しいですね。
        もっと良い撮り方はないのかなあ?
        ISO感度をぐっと落として、比較明でぐるぐる写真にするのも良さそうですね。



        シャクナゲとツツジ、そして昇ってきたカシオペア


         2017/05/30 02:17  EF16-35 f2.8 (20mm)
         ISO2500、F4.0、固定撮影(240秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの後ろに配置
         地上風景用と星空用と別々に処理して、マスクを使って合成
         EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山にて


        ズームレンズの焦点距離を少し短くして、構図を少し変えて、もう1枚撮りました。
        構図的にはこちらのほうが良いかなあ?

        車のライトなどが軽く当たると、ちょっと良い感じになる場合があります。
        でも、こういう時に限って車の出入りが無いのですよね。


         








        2017.06.11 Sunday

        夏の大三角付近の銀河(天の川)

        0

          5/20の晩に長野県の蓼科で撮影した星空写真です。



          夏の大三角付近の銀河(天の川)


           2017/05/21 01:12  EF16-35 f2.8 (24mm)
           ISO2500、F4.0、追尾撮影(240秒)、4枚をコンポジット
           EOS 6D RAW  長野県・蓼科にて


          広角レンズで撮影して、星野写真風に仕上げてみました。
          ただし色合いはイメージ優先で調整しています。

          ”夏の大三角” が空高く昇ると、ついつい撮りたくなりますね。
          写野が広いとカブリ補正がとても面倒ですが、それを乗り越えると楽しい世界が待っています。
          ノーマルカメラでの撮影ですが、炙り出してやると赤い星雲が薄っすらと浮かび上がってきます。

          ポタ赤で追尾したのですが、どれも星が少し流れてしまいました。
          極軸調整というよりも、ポタ赤と雲台のたわみのような気がします。


           








          2017.06.10 Saturday

          高幡不動尊の紫陽花

          0

            数日前に、日野市にある高幡不動尊の紫陽花を見に行きました。
            ここはとてもたくさんの種類の紫陽花を楽しむことができるので、ここ数年は毎年のように行っています。

            ヤマアジサイにはちょっと遅かったようですが、まだまだきれいに咲いていました。
            西洋アジサイも咲き始めていましたが、見頃はもう少し後のようですね。
            花の見頃の時期というのはなかなか難しいです。
























            100mmマクロレンズだけを持っていきました。
            標準〜広角レンズもあると良いのですが、複数持っていくと最近は重く感じるようになってきたのですよね。


             








            ▲top