星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2018.07.02 Monday

猫も暑いよねえ

0

    いやあ、毎日暑いです。

    関東甲信地方は6/29に梅雨明けが発表されましたが、その前から暑くて、もう8日も30度超えが続いています。
    八王子は辛うじて猛暑日にはなっていませんが、今日はその一歩手前まで気温が上がりました。


    猫も行き倒れ状態です。
     





    行き倒れというのは冗談で、これはシロの普通の格好です。
    今まで飼った猫のなかでは、ダントツに寝相が悪いというか、大胆な格好で寝るやつです。


    猫は暑さに強いのでしょうか?弱いのでしょうか?
    猫は体温が高いので人間よりも強いような気もします。
    でも人間のように汗をかかないので体温調節が苦手だと思います。
    湿度が高くて蒸し暑いのは苦手なそうです。

    まあ人間と同程度だと思っていたほうが良さそうですね。
    という訳で、リビングはエアコンで冷房をして、冷房をしていない部屋にも自由に行けるようにしています。
    空(くう)もシロもグレも、冷房はそれほど嫌ではなさそうです。
    最初に飼ったごん太は冷房が苦手だったようで、暑いのに二階に行っていて可哀想でした。


    この暑さもあと数日で一旦落ち着くそうですが、是非そうなって欲しいです。


     








    2018.07.01 Sunday

    写真展の片付け、BBQ、そして勉強会

    0

      昨日は北杜市みずがき天文愛好会の例会が開かれました。




      前日に関東甲信地方で梅雨明けが発表され、当日は例会日和?でした。

      写真展の片付けを行った後でBBQを楽しんで、最後に勉強会を行いました。
      詳しい内容は愛好会のブログで紹介しています。
        → こちら


       








      2018.06.29 Friday

      「星空写真展」が明日で終了します

      0

        北杜市みずがき天文愛好会の「星空写真展」が明日で終了します。
        行楽等で近くに出かけた時はぜひお寄りください。

        なお、明日の展示は14時まで、その後で片付けの作業を行う予定です。





         








        2018.06.28 Thursday

        猫ブログになりそう(苦笑)

        0

          今日は満月とか。
          この新月期は、結局夜遊び無しで過ぎていきました。

          今週になって、いきなり梅雨明け?と思わせるような天気になりましたね。
          とても蒸し暑くて、体に堪えます。


          猫も熱中症になるそうなので、気をつけてやらねばなりません。
          まあ人間と同じ環境にいる限り大丈夫だと思いますが、、、。

          カリカリ(ドライフード)よりはウェットフードをよく食べるようになりました。
          暑い時は猫も口当たりの良い食べ物を好むのですかね。





          近くに鳥がいるようです。
          最初は空(くう)とシロが見ていたのですが、グレが割り込みました。
          3匹がぎゅうぎゅう状態です。




          私がパシャパシャと写真を撮っているので、シロが振り返って見ています。
          グレは何をしているのやら。


           








          2018.06.26 Tuesday

          天の川の描写は加減が難しいです

          0

            前回の記事でご紹介した「夏の銀河(天の川)」ですが、
            星野写真としてはやはり物足りないので、少し手を加えてみました。


            夏の銀河(天の川)


             2018/05/20 00:18  EF16-35 f2.8 (20mm、F4.0)  追尾撮影(120秒)×8枚
             Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
             EOS 6D RAW、ISO1600  山梨県・みずがき湖にて


            でも地上部分も写っていると、なかなか通常の星野写真のように踏み込めません。
            すでに黒つぶれしている地上部分が「さらにこれ以上やるのかあ?」と言っているようで、、、。
            結局、このあたりで精一杯でした。
            そして青みを少し抑えてみたのですが、この領域の色合い調整はいつものことですがとても難しいです。





            処理途中で似たような星の並びがあるのに気が付きました。
            下側の丸は ”アンタレス” のところで、”アンタレス” を真ん中にした3つの星の並びが特徴的ですよね。
            この星の並びのミニチュア版があるのを、少し上の丸の部分に見つけたのです。
            ここはへびつかい座になりますが、真ん中の星が一番明るくて、おまけにそれが赤っぽいところまでそっくりです。
            どうして今まで気づかなかったのでしょう?


             








            ▲top