星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2018.05.17 Thursday

これは「みどり供廚?

0

    パンスターズ彗星(C/2016 M1)を撮影したつもりが、写野の外だったというまさかの結果に終わってしまいました(涙)。
      → 詳細は昨日の記事
    でも1枚目に人工衛星と思われる明るい飛跡が写っていたのです。
    明るい星は ”火星” です。


    これは「みどり供廚?


     2018/05/15 02:33:11  EF100mm F2.8 Macro (F4.0)  追尾撮影(180秒)
     EOS 60Da RAW、ISO1600  山梨県・みずがき山自然公園にて


    彗星の写真として仕上げる場合にはコンポジットの段階でこの飛跡は消してしまいます。
    今回はこの1枚画像を飛跡を主体に仕上げてみました。

    ステラナビゲータで調べたところ、この衛星は「みどり供廚里茲Δ任后
    「みどり供廚2002年に打ち上げられた地球観測技術衛星ですが、2003年に交信ができなくなってしまったそうです。

    右上にも暗いですが別の人工衛星が写っています。


     








    2018.05.16 Wednesday

    犯人はこいつだ!

    0

      話:その1

      今朝パソコンの電源を入れたら、外付けのハードディスクのひとつが電源ランプが点きません。
      一番古いやつなので、壊れたかと焦りました。

      まさか電源プラグが抜けているなんてことは無いよなあ。
      一応調べてみるかと机の下に潜ってみたら、電源タップの一か所がランプが点いていません。
      この電源タップはひとつづつスイッチが付いているタイプのものです。
      そのスイッチを入れてやると、ランプが点いて、ハードディスクも動き出しました。

      どうも我が家のいたずら坊主がスイッチを踏んづけたようです。
      板でカバーして入りにくいようにはしているのですが、好奇心旺盛の年頃ですからねえ。

      犯人は99%こいつです!





      話:その2

      月曜日の晩は夜遊びに出かけて、最後にパンスターズ彗星(C/2016 M1)を撮影したはずでした。

      確かに赤道儀に載せたカメラを向けて8枚ほど露光しました。
      でも自宅で画像を確認したところ、彗星は写野の外だったのです。

      私はステラナビゲータで写野を表示させて、それをプリントアウトして持っていきます。
      今回のものはこれです。



      短時間で構図が決められるように、左下に火星を配置しました。

      撮影した画像には、左下にちゃんと火星は写っています。
      でもあれ?
      何か変だぞ!
      まわりの「やぎ座」や「いて座」の少し明るい星が無いのです。

      冷静になって原因を探してみました。
      ステラナビゲータではカメラを選択してレンズの焦点距離を入力して写野を表示させます。



      この機能は60Daと100mmレンズによる星野写真シリーズでよく使っています。
      ステラナビゲータを立ち上げたときに、その設定が残っていたようで、そのまま使いました。

      この星図による写野と実際の画像の写野を比べてみると、実際の画像のほうが狭いのです。
      だからパンスターズ彗星が写野の外に追い出されてしまったのです。

      でもどうして?

      念のためにカメラの選択をやり直したら、写野がすっと狭くなりました。



      何だこれ?


      という訳で、この日に撮影したものを仕上げる元気が湧いてきません。


       








      2018.05.14 Monday

      4分露光の星景写真

      0

        5/4に長野県・海ノ口で撮影した星空写真です。

        合成を前提にしないで星をほぼ点像に写そうとすると、ISO感度をかなり高くしなければなりません。
        そうすると暗い場所では地上風景がかなりざらついてしまいます。

        そこで頭を切り替えて、星を線状に写すことを選択すると、ISO感を下げることができます。
        でも星空写真にあまり馴染のない人は、ちょっと違和感を感じるかもしれませんね。
        フィルム時代には当たり前の手法だったのですが、、、。

        なお4分という設定は特に意味はありません。
        合成の場合の地上風景用の露光条件をそのまま使っただけです。



        木星は明るいですねえ


         2018/05/04 20:47  EF16-35 f2.8 (35mm、F5.6)  ISO1250  固定撮影(240秒)
         EOS 6D RAW  長野県・海ノ口にて


        ”木星” がだいぶ高度を上げてきました。
        この付近は明るい星があまり無いので、木星の明るさが一際目立ちます。

        低空が明るくて濁った色合いなのは関東平野の明かりのせいだと思っています。
        だから全体的に青みを強くして逃げています。

        4分間は待っていると意外と長いです。
        そんな時に限って、鹿の声が聞こえてくるのですよねえ。



        沈んでいくふたご


         2018/05/04 21:03  EF16-35 f2.8 (35mm、F4.0)  ISO1250  固定撮影(240秒)
         EOS 6D RAW  長野県・海ノ口にて


        形の良い木立を配置して、沈んでいく ”ふたご” を撮影しました。
        でももう少し早く撮りたかったですね。

        星景写真を始めた頃は、地上風景の入れ方はほんの少しでした。
        最近は半分以上も入れることもあります。
        これなんか、ほとんど夜の風景写真ですよね。
        星空部分のざらざら感はあまり気になりませんが、地上風景部分はとても気になります。
        ノイズというよりも、暗部の諧調が乏しいのが要因なのかなと思っています。
        ISO感度を低くしたので、地上付近を少し明るくしてもあまりざらざらした感じにはなりません。



        うしかいとかんむりを撮りたかったのですが、、、


         2018/05/04 21:13  EF16-35 f2.8 (20mm、F4.0)  ISO1250  固定撮影(240秒)
         EOS 6D RAW  長野県・海ノ口にて


        大きな木を前景に ”うしかい” と ”かんむり” を撮りたかったのですが、、、。
        あちこちで湧く雲に邪魔されてしまいました。
        ”うしかい” と ”かんむり” のペアはよく撮るのですが、どうもうまく撮れないことが多いです。

        このような構図の場合は、木立は根本まで入れたくなります。
        でも暗いのでファインダーを覗いても全く分かりません。
        試写をして構図を確認するのですが、人間の眼も感度を切り替えられると良いですね。

        月が昇ってくるまであと1時間ほどありますが、これで切り上げることにしました。
        風が強くて寒いし、夏の星座はまだまだ昇ってきませんから。


         








        2018.05.13 Sunday

        昨日のアストロフェスは天気に翻弄されてしまいました

        0

          昨日は北杜市みずがき天文愛好会で「アストロフェス IN みずがき 2018」を開催しました。

          今年は天文ショップの「星見屋」さんと「スタークラウド」さんが参加され、昼間はショップを、そして夜には一緒に観望会を行いました。




          これは17時頃の駐車場の様子で、何やら皆さんが西の空を見ています。
          金星を探しているのです。
          見つけた時はそれそれに歓声を上げていました。


          夕方には雲間も大きく広がり、空模様にちょっと期待が持てそうな感じになりました。
          でも、、、。
          今年は星空の女神さんは微笑んでくれませんでした。
          それでも雲間に顔を出した木星などを見るチャンスがときどきありました。

          詳しいことは、北杜市みずがき天文愛好会のブログをご参照下さい。
            → こちら


           








          2018.05.10 Thursday

          アストロフェス IN みずがき 2018 いよいよ今週末です

          0

            北杜市みずがき天文愛好会が主催する「アストロフェス IN みずがき 2018」が今週末に開催されます。
            皆さんのご来場をお持ちしています。
            特に、晴れ男,晴れ女の皆さん、是非お集まり下さい。

            ご連絡が遅くなってしまいましたが、今年は天文ショップの「星見屋」さんと「スタークラウド」さんが出店なさいます。
            昼間はショップを、そして夜には一緒に観望会を行う計画になっています。





            どこで何をやるかは、下の地図をご参照下さい。






            みずがき周辺は今は新緑がとても綺麗です。
            行楽などでお出かけの方も、ちょっとお寄り頂けるとうれしいです。


             








            ▲top