星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2017.03.15 Wednesday

星野写真(60Da、100mm) りゅう座領域1

0

    60Daと100mm中望遠レンズによる星野写真シリーズです。
    メシエ天体(全て),カルドウェル天体(一部),その他の面白そうな散光星雲や暗黒星雲、が対象です。


    この「りゅう座領域1」には、以下の天体があります。 (※ 領域名は私が勝手に付けています。)
      ・NGC5866(M102?) : 系外銀河(レンズ状銀河)

      ・NGC5907 : 系外銀河(渦巻銀河)






      撮影日時 :  2017/02/25 02:45〜  360sec×17枚
      撮影場所 :  山梨県・みずがき湖にて  気温は約-6℃
      カメラ : EOS 60Da (ISO1600、RAW)
      フィルター : 無し
      レンズ : EF100mm F2.8 Macro (F4.0)
      追尾 : EM11(ノータッチ)
      処理
        ・RAP2 : ダーク減算、フラット補正
        ・CameraRaw6 : Raw現像
        ・FlatAide : フラット処理
        ・Photosop CC : コントラスト調整、色合い調整、等々

      空の暗さ(AB)、透明度(B)、フォーカス(BC)  5段階評価



    StellaNavigator での写野 (恒星は9.5等まで、星雲星団は12.0等までを表示)




    ”りゅう座” は、”こぐま座” を取り囲むように位置しています。
    大きな星座ですが、明るい星が少ないので馴染みが薄いですね。

    星野写真シリーズにおいて、この領域を選んだのは「NGC5866」があるからです。
    メシエ天体であるM102は、メシエカタログに載された位置に該当する天体が存在しません。
    「NGC5866」は、この行方不明天体の候補の一つとして考えられています。
    でも永遠に結論は出ないのでしょうね。

    この日は肉眼では感じなかったのですが、夜空がとても暗かったようです。
    6分露光でヒストグラムのピークが左から1/4を少し過ぎたあたりまでしかいきませんでした。
    ノータッチの追尾なので6分露光としましたが、10分程度の露光に耐えられたと思います。
    そんな好条件だったのに、フォーカス調整が追い込めずに赤いフリンジを発生させてしまいました。
    これを除去する処理をしたので、星の色が淡泊になってしまっています。

    前回と比べると総露光時間が2倍近くになっているので、はっきりくっきり調に仕上げてみました。
      → 前回はこちら
    個々の銀河の細かい様子は到底無理なので、大まかな様子と大きさが表現できれば良いと思っています。



    NGC5866、NGC5907 (ピクセル67%表示で切り抜き)

        あまり明るくありませんが、3つの系外銀河が写っています。

        NGC5866はM102の候補の一つとされているものです。
        S0銀河(レンズ状銀河)に分類されていて、ちょっと特異な姿をしているそうです。

        NGC5907は渦巻銀河を真横から見た、いわゆるエッジオン銀河です。
        銀河中心部(バルジ)の膨らみが非常に小さいそうで、とても細く見えますね。

     


     








    2017.03.13 Monday

    沈みゆくしし

    0

      2/24の晩(2/25の明け方)に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。



      沈みゆくしし


       2017/02/25 04:15  EF16-35 f2.8 (16mm)
       地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)
       星空部分 : ISO8000、F4.0、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
       地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
       EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


      明け方が近づいてきました。
      昇ってくる夏の星座に追い立てられるように、春の星座が次々と西の空で沈んでいこうとしています。
      ”しし” の先導役だった ”かに” はもう山影に隠れてしまいました。

      右側の領域がやや賑やかに感じられたので調べてみたら、”おおぐま” の一部と ”こじし” と ”やまねこ” の一部でした。
      分かったような分からないような、、、(苦笑)。

      ”しし” を見送るために、女神と牡鹿たちみんなに入ってもらいました。
      女鹿と小鹿もいるのが分かりますか?



      沈みゆくしし


       2017/02/25 04:25  EF16-35 f2.8 (16mm)
       地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)
       星空部分 : ISO8000、F4.0、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
       地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
       EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


      女神像や牡鹿像から少し離れて、ビジターセンターの建物を主役として撮ってみました。
      少し広々とした感じが好きです。
      増富温泉へ抜けるトンネル手前の街灯の明りで、地面がオレンジ色に染まっています。


       








      2017.03.12 Sunday

      今年は春の歩みは遅いのかも

      0

        昨日は「北杜市みずがき天文愛好会」の集まりで、みずがき湖へ行ってきました。

        天気が良くて青空がとてもきれいでした。
        でも空気が冷たかったです。

        最新の1ヶ月予報では、関東甲信地方は気温が低めのようで、春の歩みは遅いのかもしれませんね。


        18時頃に帰る時には、西の空には金星が、東の空には丸い月が、きれいに見えていました。
        新月期だったらなあと思ったのは私だけではないでしょうね。





        とは言ってももう3月なので、みずがき湖の氷はすっかり融けていました。




        こんな松ぼっくりを見つけました。
        ドイツトウヒという種類の松でしょうか?




        女神や鹿たちも元気でした(笑)。

        手前の石畳みたいなところは「女神池」という名前が付いています。
        実は女神の水瓶から水が滴り落ちる仕掛けがあって、その水が溜まる場所なのです。
        でもとても残念なことに、その仕掛けは壊れてしまっているそうです。

        写真でも分かるように、この辺りはあちこちに岩(石)が配置されています。
        星景写真を撮るために歩き回る人は、足元に十分に気を付けて下さいね。
        私も何度かつまづいた事があります。


         








        2017.03.11 Saturday

        クロッカス

        0

          庭のクロッカスです。
          梅,沈丁花に続いて咲き出しました。








          毎年少しずつ球根を植えているので、あちこちで咲き始めています。
          でも花が咲くとすぐに食べられてしまうのですよね。
          主な犯人はヒヨドリです。

          今はスギ花粉の最盛期なので、私が庭に出ないので、安心してやってくるようです。
          猫の空(くう)は寝てばかりいて、全く役に立ちません。


           








          2017.03.10 Friday

          昇り始めた夏の星座たち

          0

            2/24の晩(2/25の明け方)に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。



            昇り始めたさそりと夏の銀河(天の川)


             2017/02/25 04:43  EF16-35 f2.8 (22mm)
             地上風景部分 : ISO1600、F4.0、固定撮影(240秒)
             星空部分 : ISO8000、F4.0、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
             地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
             EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


            ”さそり”の上半身が昇ってきました。
            開けている場所なら、もう全身が見えているでしょうね。
            夏の銀河(天の川)を引き連れています。
            思ったよりもよく写っていたので、ちょっとびっくりしました。
            ロバの形をした暗黒帯が分かりますね。
            その左にある明るい星は ”土星” です。

            前景には「女神像」と「牡鹿像」に入ってもらいました。
            ”さそり” の高度が低いので、思いっきり地上風景をたくさん入れた構図になりました。



            昇ってきた夏の大三角


             2017/02/25 04:51  EF16-35 f2.8 (22mm)
             地上風景部分 : ISO1600、F4.0、固定撮影(240秒)
             星空部分 : ISO8000、F4.0、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
             地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
             EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


            ”わし座のアルタイル” がやっと昇って来て、”夏の大三角” ができました。
            山の稜線の傾きが星の昇ってくる角度に近いので、なかなか見えてこないのですよね。

            この場所はこの方向の空が少し明るいのです。
            関東平野の街明りだと思っていますが、空の色合いが濁った感じになってしまうのが嫌ですねえ。
            天の川も肉版では淡くしか見えなかったのですが、思いっきり炙り出してやりました。
            地上の風景もかなりメリハリをつけた仕上がりにしています。
            この画像を仕上げた日は、何故かそんな気分だったのです。


             








            ▲top