星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2017.02.07 Tuesday

西の空に傾いたオリオンとおうし

0

    2/1と2/3の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。

    冬の星座たちが西の空に傾いてくると、”オリオン” と ”おうし” を一緒に撮れるようになります。
    ”おうし” は星の並びが分かり難いですが、”ヒアデス星団” と ”プレアデス星団(すばる)” がとても目立ちますね。



    西の空に傾いたオリオンとおうし


     2017/02/01 23:01  EF16-35 f2.8 (20mm)
     地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)、2枚をコンポジット
     星空部分 : ISO8000、F4.0、固定撮影(30秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


    ”オリオン” と ”おうし” が同じような高さになりました。

    ビジターセンターや女神像や牡鹿像から少し離れた場所から撮っています。
    星空部分は追尾撮影でも撮ったのですが、どうしてもうまく合成できなくて断念しました。
    30秒の固定撮影では星が少し線状になってしまいますが、これだけ写れば文句はありません。
    この日は空の透明度が良かったのですね。



    西の空に傾いたオリオンとおうし


     2017/02/04 00:03  EF16-35 f2.8 (23mm)
     地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)、2枚をコンポジット
     星空部分 : ISO3200、F4.0、追尾撮影(90秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
       2枚をコンポジット
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


    撮影のタイミングとしては、もうちょっと早く撮りたかったですね。
    でもそのおかげと言っては何ですが、冬の銀河(天の川)を一緒に写すことができました。

    湖岸の遊歩道に出て、お気に入りの白い柵を手前に配置してみました。
    これで一面に雪が積もっていたらなあと思うのは贅沢でしょうか?


     








    2017.02.06 Monday

    鹿鳴峡大橋と秋の銀河(天の川)

    0

      2/1と2/3の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。



      鹿鳴峡大橋と秋の銀河(天の川)


       2017/02/01 22:28  EF16-35 f2.8 掘 20mm)
       地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)、2枚をコンポジット
       星空部分 : ISO3200、F4.0、追尾撮影(90秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
          2枚をコンポジット
       地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
       EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


      鹿鳴峡大橋の上に ”カシオペア” から ”ペルセウス” 付近の秋の銀河(天の川)が見えています。
      上のほうの一番明るい星は ”ぎょしゃ座のカペラ” です。

      強い寒気が入っているので、とこどころに雲が湧いています。
      オレンジ色に染まっているのは、清里スキー場の照明のせいでしょうね。
      それが良い感じになってくれましたが、マスク作成は苦労しました。

      みずがき湖は結氷していますが、橋の照明の映り込みが綺麗に見えたのは意外でした。
      地上風景も星空も2枚をコンポジットしてみましたが、その効果はどうでしょうね?



      鹿鳴峡大橋と秋の銀河(天の川)


       2017/02/03 23:45  EF16-35 f2.8 掘 24mm)
       地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)、2枚をコンポジット
       星空部分 : ISO3200、F4.0、追尾撮影(90秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
          2枚をコンポジット
       地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
       EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


      この日の星景写真のファーストショットも、この構図でした。
      ”カシオペア” も ”オリオン” も高度が低くなっていたので、どちらを先に撮影しようか迷いました。

      この日は快晴ですが夜空が少し明るく感じました。
      そのせいか、秋の銀河(天の川)の写りがあまり良くないですね。
      上のほうの一番明るい星は ”ぎょしゃ座のカペラ” です。
      みずがき湖は結氷していて、ときどき氷がきしむ音が聞こえるのがちょっと不気味です。
      低空がオレンジ色なのは、清里スキー場の照明のせいだと思います。



      同じような構図での星景写真ばかり撮っていますが、未だに「これだ〜!」というものが撮れないでいます。
      日によって空の状態が違うし、季節や時刻によって星の位置も違ってきます。
      撮影方法や仕上げの方法もまだ試行錯誤が続いています。
      運良く大火球でも飛び込んでくれればなあと思って撮影していますが、それも未だ実現していません。
      という訳で?、まだ暫く続けそうです。


       








      2016.03.07 Monday

      星景写真 オリオンとヒアデス・プレアデス

      0

        2月の上旬に、山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。

            もう1ヶ月も前に撮ったものですが、
            新月期だというのにこの天気なもので、、、。



        西の空に傾いたオリオンとヒアデス・プレアデス


         2016/02/08 22:41  EF24mm F1.4
         地上風景部分 : ISO800、F2.8、固定撮影(120秒)
         星空部分 : ISO6400、F3.2、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
         地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
         EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


        冬の星座が西に傾いて、”オリオン” と ”おうし” の高度が同じぐらいになりました。
        おうし座には大きくて目立つ2ちの散開星団があります。
        ”ヒアデス星団” と ”プレアデス星団” ですが、それらと ”オリオン” を一緒に撮るのが好きです。
        でも横方向がぎりぎりなのですよね。

        湖との間には白い柵があるのですが、所々に切れ目があって出ることができます。
        この白い柵を入れて構図をとるのが気に入っています。

        いつもは邪魔に感じるトンネル手前のオレンジ色の街灯も、この構図では小道具として役立っています。



        西の空に傾いたオリオンとヒアデス・プレアデス


         2016/02/10 23:15  EF24mm F1.4
         地上風景部分 : ISO800、F2.8、固定撮影(120秒)
         星空部分 : ISO6400、F3.2、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
         地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
         EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


        気に入っている構図です。
        白い柵が何とも良い雰囲気を醸し出していると感じています。

        ノーマルカメラでは星空がほとんどモノトーンになってしまうので、地上風景はこのくらいカラフルなのが良いと思っています。


         








        2016.03.01 Tuesday

        星景写真 冬の大三角

        0

          2月の上旬に、山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。



          冬の大三角


           2016/02/08 20:13  EF24mm F1.4
           地上風景部分 : ISO800、F2.8、固定撮影(120秒)
           星空部分 : ISO6400、F3.2、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
           地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
           EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


          前景にビジターセンターと尖がり屋根を入れてみました。

          時間帯が早いので、夜空がまだ少し明るいです。
          それでも、冬の銀河(天の川)がうっすらと写っていますね。

          ”冬の大三角” を撮影するのも、そろそろ終わりの時期のようです。
          今夜はビジターセンターの2階に明りが灯っていますね。



          西の空に傾いた冬の大三角


           2016/02/10 23:43  EF24mm F1.4
           地上風景部分 : ISO800、F2.8、固定撮影(120秒)
           星空部分 : ISO6400、F3.2、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
           地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
           EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


          ”冬の大三角” がだいぶ西の空に傾いてきました。
          ビジターセンターと一緒に撮ってみましたが、手前に雪があるのが良いですね。

          夜半近くになると夜空がだいぶ暗くなります。
          これは肉眼ではっきり分かります。
          この頃に見る1等星は、薄明終了頃には1.5等星のような輝きに感じます。


           








          2016.02.28 Sunday

          星景写真 大小の柄杓(ひしゃく)

          0

            2月の上旬に、山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。



            牡鹿像と大小の柄杓(ひしゃく


             2016/02/08 22:54  EF24mm F1.4
             地上風景部分 : ISO800、F2.8、固定撮影(120秒)
             星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
             地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
             EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


            ”北斗七星” がちょうど良い高さに昇ってきました。
            牡鹿像を入れて、”こぐま” の小さな柄杓(ひしゃく)と一緒に撮りました。
            このあたりは雪がすっかり無くなってしまいましたね。

            地上風景はISO感度を落として撮ったので、牡鹿像が以前よりもきれいに写せたと思っています。
            でも向こうの山の木々の質感はまだまだですねえ。



            女神像と大小の柄杓(ひしゃく)


             2016/02/10 21:52  EF24mm F1.4
             地上風景部分 : ISO800、F2.8、固定撮影(120秒)
             星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
             地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
             EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


            女神像と大小の柄杓(ひしゃく)の組み合わせを撮ってみました。
            この日は北側の低空が少し赤っぽかったです。
            野辺山のスキー場の影響でしょうかねえ。

            女神像のすぐ真下で、見上げるように撮影しています。
            カメラのファインダーがとても覗きづらくて苦労しました。
            構図はあれこれ試してみたのですが、こぐまの柄杓はどうしても一部が隠れてしまいます。


             








            2016.02.27 Saturday

            星景写真 昇ってきたししと木星

            0

              2月の上旬に、山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。



              昇ってきたししと木星


               2016/02/08 22:19  EF24mm F1.4
               地上風景部分 : ISO800、F2.8、固定撮影(120秒)
               星空部分 : ISO6400、F3.2、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
               地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
               EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


              ”木星” を引き連れて ”しし” が昇ってきました。
              こちら側は山が迫っているので、昇ってきてすぐに撮影しないと地上風景をしっかり入れることができなくなってしまいます。
              この日はちょうど良いタイミングで撮影することができました。

              いつもはこの構図は撮らないのですが、地面に雪が残っているのでちょっと面白い絵になりました。
              野生の鹿でも歩いていたら、もっと良いのですが、、、。



              牡鹿像と昇ってきたししと木星


               2016/02/10 21:40  EF24mm F1.4
               地上風景部分 : ISO800、F2.8、固定撮影(120秒)
               星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
               地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
               EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


              ”木星” が昇ってきた直後に撮ることができたので、牡鹿像を大きく入れることができました。

              牡鹿がその雄姿をししと競っているように見えます。
              いつ見てもこの牡鹿像はとても立派で、特に角が素晴らしいですね。


               








              2016.02.24 Wednesday

              星景写真の撮影条件を変えてみました

              0

                2/10の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。

                星景写真の撮影において、地上風景部分の露光条件を変えてみました。
                ISO感度を大幅に下げて、露光時間を長くしています。
                1枚撮りですが、以前よりも鮮明になったのではないかと自分では思っています。

                少し前にプリントする機会があったのですが、特に暗い部分が潰れているに気が付きました。
                ディスプレイで見ていると、あまり気にならなかったのですが、、、。
                プリントすると全体と細部を同時に見れるので、より正確な評価ができるのですね。

                という訳で、撮影条件を変えてみた訳です。
                もっとISO感度を下げたり、複数枚をコンポジットしたりすると、より良いでしょうね。
                でもたくさんのカットを撮りたい自分には、このあたりが良い塩梅のような気がしています。
                星空ももっとはっきりくっきりさせたいのですが、ポタ赤で追尾するのは億劫で、、、。



                女神像と冬の大三角


                 2016/02/10 20:53  EF24mm F1.4
                 地上風景部分 : ISO800、F2.8、固定撮影(120秒)
                 星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
                 地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                 EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


                女神像と冬の大三角です。

                左下に牡鹿像が写っていますが、お供の犬のように見えますね(笑)。
                ベンチのある芝生部分は、まだ雪が残っていました。



                女神像と冬の大三角


                 2016/02/10 21:15  EF24mm F1.4
                 地上風景部分 : ISO800、F2.8、固定撮影(120秒)
                 星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
                 地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                 EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


                女神像に近づいて大きく入れてみました。
                台座に雪が残っていて、牛柄模様が面白いですね。

                まだ早い時間帯ですが、冬の銀河(天の川)が薄っすらと写りました。
                地上風景部分はISO感度を落として撮っているので、台座や山の木々が以前よりもくっきりしたように思っています。


                 








                2016.02.13 Saturday

                雪もあるけど雲もある星景写真 (続)

                0

                  昨日の続きで、
                  2/2の晩に山梨県・みずがき湖で撮影した星空写真です。



                  西の空に傾いたオリオンとヒアデス・プレアデス


                   2016/02/02 23:05  EF24mm F1.4→2.8  固定撮影(20秒)
                   地上風景部分は4枚をコンポジット、星空部分は1枚でLee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
                   地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                   EOS 6D RAW、ISO6400  山梨県・みずがき湖にて


                  冬の星座たちが西の空に傾いてくると、
                  ”オリオン” と ”ヒアデス星団,プレアデス星団” が同じような高度になります。
                  この時が3者を一緒に撮るチャンスなのですが、24mm広角レンズでも横方向はぎりぎりです。



                  昇ってきたししと木星


                   2016/02/02 23:09  EF24mm F1.4→2.8  固定撮影(20秒)
                   地上風景部分は4枚をコンポジット、星空部分は1枚でLee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
                   地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                   EOS 6D RAW、ISO6400  山梨県・みずがき湖にて


                  とても明るい ”木星” を従えて ”しし” が昇ってきました。
                  上側がぎりぎりになってしまって、もっと早く撮りたかったですね。

                  普段ならこの構図では撮らないですね。
                  でも街灯によって雪がオレンジ色に染まっているのが面白くて撮ってみました。



                  西の空に傾いたオリオンとヒアデス・プレアデス


                   2016/02/02 23:30  EF24mm F1.4→2.8  固定撮影(20秒)
                   地上風景部分は4枚をコンポジット、星空部分は1枚でLee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
                   地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                   EOS 6D RAW、ISO6400  山梨県・みずがき湖にて


                  この白い柵が気に入っていて、こういう角度で撮ると奥行みたいなものが表現できるような気がしています。

                  この雪は2週間前に降ったもので、60cmほど積もったそうです。
                  その後も気温が低い状態が続いているので、なかなか無くなりませんね。



                  とんがり屋根と冬の大三角


                   2016/02/02 23:39  EF24mm F1.4→2.8  固定撮影(20秒)
                   地上風景部分は4枚をコンポジット、星空部分は1枚でLee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
                   地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                   EOS 6D RAW、ISO6400  山梨県・みずがき湖にて


                  いつも気になっているのが、このとんがり屋根です。
                  でもこれと ”冬の大三角” の組み合わせは、なかなか良い構図がとれません。
                  たまたま柵の外側を歩いていて、この構図を見つけました。
                  やはり星景写真は歩き回らなければ駄目です。
                  歩き回ると寒さにも耐えることができて一石二鳥です。

                  雲は南西から北東に流れているようです。
                  でもやはりこの付近で湧いているみたいですね。


                   








                  2016.02.12 Friday

                  雪もあるけど雲もある星景写真

                  0

                    2/2の晩に山梨県・みずがき湖で撮影した星空写真です。

                    まだ雪が残っているので星景写真を撮りたかったのですが、雲が湧いてしまって、、、。
                    でも雲の切れ間を狙って少し撮影しました。



                    昇ってきた冬の大三角


                     2016/02/02 19:25  EF24mm F1.4→2.8  固定撮影(20秒)
                     地上風景部分は4枚をコンポジット、星空部分は1枚でLee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
                     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                     EOS 6D RAW、ISO6400  山梨県・みずがき湖にて


                    予想外に雲が湧いてしまいましたが、雲間を選んでいつもの星景写真を撮りました。
                    星空は少し強調処理をしているので、雲がちょっと凄い感じになっています。

                    地面の雪を入れたかったので、いつもとはちょっと違って、地上の風景から少し離れて構図をとっています。
                    もう2月ですから、暗くなったときには ”冬の大三角” はかなり昇っています。



                    鹿鳴峡大橋とカシオペア


                     2016/02/02 22:52  EF24mm F1.4→2.8  固定撮影(20秒)
                     地上風景部分は4枚をコンポジット、星空部分は1枚でLee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
                     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                     EOS 6D RAW、ISO6400  山梨県・みずがき湖にて


                    みずがき湖はかなりの部分が結氷しています。
                    橋の照明の湖面での反射がいつもとちょっと違った感じで面白いですね。

                    星空は ”カシオペア” と ”ペルセウス” で、秋の銀河(天の川)も辛うじて写っています。
                    ディフュージョン・フィルターはもう少し強めのほうが良かったですかねえ。



                    企画倒れの全員集合


                     2016/02/02 23:01  EF24mm F1.4→2.8  固定撮影(20秒)
                     地上風景部分は4枚をコンポジット、星空部分は1枚でLee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
                     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                     EOS 6D RAW、ISO6400  山梨県・みずがき湖にて


                    地上風景の主役たちを全部入れて、さらに地面の雪を入れたら、こんな構図になってしまいました。
                    ちょっと(かなり?)企画倒れですねえ。

                    地上風景部分をもっと明るく仕上げようとすると、雪がかなり明るくなってしまいます。
                    雪の星景写真って、思っていたよりも難しくて奥が深いです。
                    撮影のチャンスがあまり無いので、毎回同じことを繰り返しているような気がしますね。


                     








                    2015.03.12 Thursday

                    みずがき湖での星景写真 冬の大三角

                    0

                      2月に山梨県・みずがき湖で撮影した星空写真です。
                      地上風景部分と星空部分を別処理してマスクを使って合成しています。

                      今日ご紹介するのは「冬の大三角」が主役の星景写真です。



                      女神像と冬の大三角


                       2015/02/20 21:02  EF24mm F1.4→4.0  Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)  追尾撮影(90秒)
                       EOS 6D RAW、ISO3200  山梨県・みずがき湖にて


                      久し振りに以前のスタイルで撮ってみました。
                      追尾撮影の1枚撮りです。
                      星空優先で仕上げているので、女神像はほとんどシルエットになってしまいます。
                      でもたまにはこれも良いですね。



                      牡鹿と冬の大三角


                       2015/02/13 23:44  EF24mm F1.4→2.8  Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)  固定撮影(20秒)
                       連続して5枚を撮影、地上風景部分は最初の4枚をコンポジット、星空部分は最後の1枚を使用
                       地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                       EOS 6D RAW、ISO6400  山梨県・みずがき湖にて


                      ”オリオン” がだいぶ傾いてきましたね。
                      星景写真では星座が昇ってくる時と沈んでいく時に撮ることが多いのですが、両者で雰囲気が大きく変わります。
                      まあ気分的な部分もあるのかもしれませんが、、、。

                      牡鹿は ”シリウス” を見上げているのかな?
                      中国では「天狼(星)」と呼ばれるそうだから、警戒しているのかもしれませんね。
                      左下に小鹿がいるのが分かるでしょうか?


                       








                      ▲top