星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2014.12.15 Monday

富士山とカノープスとふたご座流星群

0

    昨晩はふたご座流星群の極大日だったので、うちの奥さんと一緒に夜遊びに出かけました。
    流星群のようなイベントのときにはくっついてくるのですよね。
    強い寒気がやってきているので天気がちょっと不安定です。
    出かける時には、八王子も小雨が降っていました。
    八ヶ岳周辺も時雨れていそうなので、場所を悩みましたが、久しぶりに高根町の農道へ行ってみました。
    21時頃に着きましたが、思っていた以上に晴れていました。
    でも八ヶ岳には雲がかかっていて、清里のスキー場の照明がその雲をオレンジ色に染めていました。

    0時過ぎに月が昇ってきたので終了にしましたが、今年のふたご座流星群はかなり活発だったようです。
    そして明るい流星が多かったように感じました。
    でも写真にはなかなか写らないのですよね。
    なぜかカメラを向けていないところばかりを選んで飛んでいました(涙)。


    流星群の前後にはブログを見に来てくれる人が多くなります。
    だからと言うわけではないですが、眠い目を擦りながら、まずは1枚を仕上げました。


    富士山とカノープスとふたご座流星群


     2014/12/14 23:38:07、23:40:37  EF16-35mm(24mm) F2.8→F3.2
     Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)  固定撮影(29秒)
     EOS 5D2 RAW、ISO5000  山梨県・高根町にて


    低空はもやっていて、おまけに南中の1時間も前ですが、”カノープス” が見え出しました。
    大気に減光されてとても赤く見えました。
    ”オリオン” と ”おおいぬ” を入れて、明るい流星が飛んだら絵になるなあと思って暫くカメラを向けてみました。
    運良くかなり明るい流星が続けて飛んでくれたので、2枚の画像を合成してみました。
    写真ではこの程度の写りですが、肉眼ではとても明るくて思わず「おお〜っ」と声が出たほどでした。
    でも贅沢を言わせてもらうと、もうちょっと空の暗いところに飛んで欲しかったです。

    久しぶりにこのレンズを使ってみましたが、周辺部の星像は酷いですねえ。
    少し絞ってディフュージョンフィルターを使えば何とかなるかと思ったのですが、甘かったです。


     








    2014.10.29 Wednesday

    これはオリオン座流星群かなあ?

    0

      10/24の晩のことです。
      この日は流星がとても多い夜でした。
      そこで星景写真を兼ねて流星を狙ってみたのですが、全く写りませんでした。
      まあ、これはよくある話ですよね。
      でも100mmレンズでの星野写真に流星が写っているものが2枚もありました。


      オリオン座流星群?


       2014/10/25 03:20:03  EF100mm F2.8 Macro (F4.0)  追尾撮影(360秒)
       EOS 60Da RAW、ISO1600  長野県・蓼科にて


      これは「ふたご座のエスキモー星雲」を撮ろうとしたものですが、
      同じような方向に流れた流星が2個写っています。

      下に写真の写野とオリオン座流星群の放射点の位置を示します。
       

      流星の方向が微妙にずれているような気もしますが、どうなんでしょう?
      オリオン座流星群かのかなあ?
       

      ピクセル50%表示で切り抜いてみました。
      流星痕が写っていますね。
      緑色が顕著ですが、これは流星痕の色かもしれません。



      これは散在流星?


       2014/10/25 00:29:28  EF100mm F2.8 Macro (F4.0)  追尾撮影(300秒)
       EOS 60Da RAW、ISO1600  長野県・蓼科にて


      これは 「くじら座のM77」 を撮影したものです。
      白っぽい明るい流星で、これはオリオン座流星群ではないと思います。


      流星が写ると嬉しいのですが、星野写真としては使えないので、とても微妙な気持ちです。


       








      2014.08.13 Wednesday

      ペルセ群 やはりダメでした

      0

        今朝はペルセウス座流星群の極大日だったのですが、月がまんまるなのですよねえ。
        おまけに前線の影響で昨日は雨だったので、出かけるつもりはありませんでした。
        でも20時過ぎのGPV予報を見たら、夜半過ぎは晴れそうな感じじゃないですか、、、。

        場所の選択はちょっと迷いましたが、まずは山梨県の高根町へ行って様子を見ることにします。
        甲府盆地は雲が多くて、高根町に23時頃に着いた時にも僅かに雲間が見える程度でした。
        でも1時間ほど待っていたらどんどん雲間が広がってきました。
        やったね!



        農道のまわりの田んぼは、もう稲穂が出ています。
        まずは月夜の風景写真を撮りました。

        月が明るいので、昼間の風景写真のようですね。
        5月に来たときは蛙が大合唱をしていたのですが、昨夜はとても静かでした。
        でも低い雲が邪魔して山々が全く見えず、ちょっと寂しい写真になってしまいました。


        南アルプスが見えません


         2014/08/13 00:04  EF24mm F1.4→4.0  固定撮影(20秒)
         EOS 5DMark2 RAW、ISO800  山梨県・高根町にて



        八ヶ岳が見えません


         2014/08/13 00:06  EF24mm F1.4→4.0  固定撮影(30秒)
         EOS 5DMark2 RAW、ISO800  山梨県・高根町にて



        茅ヶ岳が見えません


         2014/08/13 00:09  EF24mm F1.4→4.0  固定撮影(20秒)
         EOS 5DMark2 RAW、ISO800 山梨県・高根町にて


        雲が低いのが分かるでしょうか?
        2年前の八ヶ岳ふれあい公園でホワイトアウトの状況に遭遇したのを思い出しました。  → 記事はこちら



        でもそうやって遊んでいるうちにまた雲が広がってしまいました。
        かなり低い雲で、地面付近もところどころガスっています。
        その後はなかなか雲間が広がらず、大きく雲間が広がったのはもう2時をまわった頃でした。
        やはりペルセ群は相性が悪いなあ。
        それとも HIGORO NO OKONAI でしょうか?


        夏の大三角 でも流星は流れません


         2014/08/13 02:06  EF24mm F1.4→2.8  Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)  固定撮影(20秒)
         EOS 5DMark2 RAW、ISO1600  山梨県・高根町にて


        とにかく雲間があるところにカメラを向けて撮影しました。

        月がとても明るいので、露出はかなり絞っています。
        またディフュージョンフィルターは一番弱いものを使いました。

        火球を期待したのですが、甘かったですかねえ。
        ”夏の大三角” が写っているのですが分かるでしょうか?



        昇ってきたオリオン でも流星は流れません


         2014/08/13 03:14  EF24mm F1.4→2.8  固定撮影(20秒)  Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)
         EOS 5DMark2 RAW、ISO2000  山梨県・高根町にて


        東の空に ”オリオン” が昇ってきました。


        それにしても流星が飛びません。
        月が明るいからと言っても、少しは見えると思ったのですが、、、。
        結局見たのは1個だけで、写真は全然ダメでした(涙)。

        気温は終始18℃前後で、機材はかなり夜露が付きました。


         








        2013.12.17 Tuesday

        ふたご群ではないですけど

        0

          今年のふたご座流星群は思っていたよりも活発だったようです。

          流星痕を撮影された方もおられます。
              → てらおよしのぶさんのブログ
              → まるこうさんのブログ


          私もふたご群ではないですが、偶然にも流星痕を撮影できました。


          これ、流星のようです

           2013/12/14 05:26:29  EF14mm F1.4→2.8  固定撮影(20秒)  Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)
           EOS 5DMark2 JPEG、ISO5000  山梨県・高根町にて


          左上の光跡は飛行機だと思っていました。 (残念ながら見ていませんでした。)
          でも次のコマにも同じような位置にうっすらと何かが写っているのですよね。
          そしてその次のコマにも、さらにその次のコマにも、、、。

          そこで気がつきました。
          これは流星で、次のコマから写っているのは流星痕ではないでしょうか?
          そこで、同じ部分を切り出して、少しコントラスト強調をしてみました。
          真っ直ぐだった光跡は、うねりながら拡散していく様子が分かります。
          赤っぽく見えていますね。

          なお、この流星はふたご群ではないです。


          20秒露光で連続して撮影した12枚の画像を示します。  (縦に非常に長いです。)
          時刻は画像に付されていたものです。 (当日に秒単位まで正しくセットしてあります。)
            連写モードで撮影したのに、どうしてインターバルが2秒も入るのでしょう?

           


          デジタルカメラになって、こんなものが写せるようになったのですね。
          もっと明るい流星痕なら、露光時間を短くして時間分解能を高くしたら面白いでしょうね。


           








          2013.12.16 Monday

          ふたご座流星群2013 (2)

          0

            昨日の続きです。
            12/13の夜(日付が変わって12/14ですね)のふたご座流星群です。

            カメラは総動員して3台体制でした。
            今のカメラは便利ですね。
            連写モードに設定してレリーズをロックすると、後はカメラが頑張ってくれるのです。

            2001年のしし座流星群のときもカメラは3台体制でした。
            でもそのときは、ときどき時計を見ながら、5分とか10分おきにレリーズを押さなければなりませんでした。


            どうも流星はカメラを向けていない場所に流れるようですね。
            もっと写ったと思っていたのですが、そうでもなかったです。



            ラブジョイ彗星と流星

             2013/12/14 05:06  EF16-35mm(16mm) F2.8→2.8  固定撮影(30秒)   Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)
             3枚を比較明合成  EOS KissX3 JPEG、ISO3200  山梨県・高根町にて


            ”ラブジョイ彗星と、、、” と言うにはかなり無理がありますね。
            まあ一応写ってはいますが、目を凝らしても分かるかどうか程度です。

            流星は火球クラスです。
            もっと東のほうで見ている人は凄かったでしょうね。

            カメラをもう少し右に向けて撮影していたかったです。
            そして、この写野からはみ出すような長い尾の彗星が写したかったです。
            アイソン彗星の核は1kmにも満たない小さなものだったようですね。
            それじゃあ、太陽にあれだけ近づいたらひとたまりもないですよね。
            11月にアウトバーストして楽しませてくれたのが精一杯の頑張りだったのですね。

            そんなことを考えながら撮影していました。



            冬の大三角と流星

             2013/12/14 03:20  EF14mm F1.4→2.8  固定撮影(20秒)
             2枚を比較明合成  EOS 5DMark2 JPEG、ISO3200  山梨県・高根町にて


            西の空で月がだいぶ低くなってきました。
            白く見えていた雲も赤っぽく照らされています。

            続けて流星が写ったので、2枚を比較明合成してみました。
            流星って時間的にかなりムラがあるように感じます。
            流れないときは本当に流れません。
            でも短い時間に複数が流れるときもあります。



            冬の大三角と流星

             2013/12/14 04:37  EF14mm F1.4→2.8  固定撮影(30秒)  Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)
             2枚を比較明合成  EOS 5DMark2 JPEG、ISO5000  山梨県・高根町にて


            これも、続けて写りました。

            JPEGで撮ったのですが、色合いがとっても変です。
            ここまで修正するのが精一杯でした。
            色温度を400Kに設定したのが適切でなかったのかなあ?
            ISO5000で撮ったのも初めてなので、それも関係しているのかなあ?



            薄明が始まりました

             2013/12/14 05:37  EF14mm F1.4→2.8  固定撮影(20秒)  Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)
             EOS 5DMark2 JPEG、ISO5000  山梨県・高根町にて


            薄明が始まって、空がほんのりと明るくなってきました。
            片付けをしながら撮った最後の一枚です。
            色合いが変ですが、見慣れてきたのか違和感が薄らいできました。

            それにしても寒かった!
            でも流星も見れたし、ラブジョイ彗星も撮影できたし、満足です。


             








            2013.12.15 Sunday

            ふたご座流星群2013

            0

              12/13の夜(日付が変わって12/14ですね)は、いつもの高根町で「ふたご座流星群」を見ていました。

              月が沈むのが3:40頃なので、ゆっくり出かけて0:30ごろに着きました。
              雲に少し邪魔されましたが、なかなか楽しめました。
              極大時刻から半日ぐらいずれていましたが、活動は結構活発だったのではないでしょうか。

              強い寒気が入ってくると八ヶ岳周辺は雲が湧くので、場所の選択に悩みます。
              中央道の双葉SAは雲ひとつない快晴でしたが、茅が岳が見えてくると、その上には雲が広がっているように見えました。
              みずがき湖は選択肢のひとつだったのですが、曇っていそうです。
              でも、温泉日和さんのブログによるとそうではなかったようです。  → ブログはこちら

              結局、「悩んだときは高根町」ということで、行き慣れた高根町の農道にしたのです。
              0:30頃に着くと、空の半分ぐらいが雲に覆われていました。
              でも、その雲もだんだんち少なくなっていきました。
              気温は−5℃で、しかも風が強くて、とても寒かったです。



              冬の大三角と流星

               2013/12/14 02:33  AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G (14mm、開放)  固定撮影(20秒)
               Lee Soft-2 Filter(レンズの後ろ)  EOS 60Da JPEG、ISO1600  山梨県・高根町にて


              満月少し前の月が西の空にいるので夜空がとても明るいです。
              ”冬の大三角” のところにはいつも雲が湧いていました。

              かなり明るい流星が流れましたが、もう少し真ん中に流れて欲しかったです。



              放射点が分かりますね

               2013/12/14 03:31-04:49  AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G (14mm、開放)  追尾撮影(30秒)
               EOS 60Da JPEG、ISO3200  山梨県・高根町にて


              3:31から4:49まで30秒露出で撮影し、流星の写っていた5コマを合成しました。
              合成法はこちらの記事を参照して下さい。  → こちら
              月の影響がほぼ無くなるのを待ってから撮影を始めたので、写った流星が少なくてちょっと寂しいですね。
              でも何とか放射点(輻射点)が分かります。
              一番左の色がきれいな流星はふたご群ではありません。

              一番明るい星は ”木星” で、その近くの2つの星が ”ふたご座のカストルとポルックス” です。
              左上には ”しし” が見えています。
              背景用にディーフュージョンフィルターを使えば良かったですね。
              でも、とにかく寒くて、思考回路はほとんど停止していました。

              月が明るいうちは雲が多くて、この撮影法は無理かなあと思っていたのですが、だんだんと雲が少なくなってくれました。



              流星を写すコツは、とにかく写しまくることです。 (コツでもなんでもないですね(苦笑)。)
              できれば複数のカメラを使いたいですね。
              でもその後が大変ですよ〜。
              1枚1枚、流星が写っていないかチェックするのです。
              昨日は徹夜明けでこれをやっていましたが、目がしょぼしょぼしてきて焦点が合わなくなってきました。
              たくさん写っていれば楽しいですが、これも駄目、次も駄目、その次も、、、。
              340枚で、まあまあの流星は3コマだけでした。


               








              2012.12.18 Tuesday

              ふたご座流星群2012 (3)

              0


                12/13の晩に、ふたご座流星群の撮影に出かけました。
                場所は山梨県北杜市の高根町です。

                今日は3台目のカメラでの写真をご紹介します。

                このカメラでは、少し星景写真を撮ってから流星を狙いました。
                でも、この時に設定をRAWのままにしてしまうというミスを犯してしまったのです。
                画質的にはRAWのほうが良いのですが、流星が写っているかどうかのチェックにとても時間がかかってしまいました。
                RAWとJPEGとでフォルダを分けたかったので、メモリーカードを交換しました。
                でも肝心の設定変更を忘れてしまうなんて。
                とても寒かった(−9℃ぐらい)ので、脳もフリーズぎみだったのでしょう。



                おおぐま、こぐま

                 2012/12/14 01:11:59  EF24mm F1.4→2.8  固定撮影(29秒)  Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)
                 EOS 5DMark2 RAW、ISO3200  山梨県・高根町にて


                最初は「昇ってきたしし」を入れた構図で撮影しました。
                でも、45コマ撮影して流星は写りませんでした。

                次に「おおぐま、こぐま」を入れた構図にしてみました。
                これは惜しい!
                もう少し下に流れてくれていたら、、、。
                普段の行ないでしょうかねえ。

                この日に写ったなかで一番明るくて、火球クラスですね。
                この構図では181枚撮影して、6個写りました。



                冬の大三角

                 2012/12/14 02:01:59  EF24mm F1.4→2.8  固定撮影(29秒)  Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)
                 EOS 5DMark2 RAW、ISO3200  山梨県・高根町にて


                ”冬の大三角” が南アルプスの上にやってきたので、またまた構図を変えました。
                相変わらず、南アルプスの手前が明るいですねえ。

                甲斐駒に突き刺さるように流星が流れました。



                冬の大三角

                 2012/12/14 02:01:59-02:53:29  流星の写っている4コマを比較明合成
                 EF24mm F1.4→2.8  固定撮影(29秒)  Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)
                 EOS 5DMark2 RAW、ISO3200  山梨県・高根町にて


                流星の写っている4コマを比較明合成してみました。
                背景は「02:01:59」のもので、他のコマの流星は投げ縄ツールで選択して貼り付けています。
                固定撮影なので、時間と共に星の位置が動いていきます。
                貼り付けた流星の位置合わせは、平行移動だけでなくて回転も必要になります。

                手間はかかりますが、その甲斐はありますね。
                でも、もう少し明るい流星が流れると良かったのになあ。


                続きを読む >>






                2012.12.16 Sunday

                ふたご座流星群2012 (2)

                0


                  12/13の晩に、ふたご座流星群の撮影に出かけました。
                  場所は山梨県北杜市の高根町です。

                  今日は2台目のカメラでの写真をご紹介します。


                  赤道儀にカメラを載せて追尾撮影し、流星の写った22コマを比較明合成しました。
                  1枚の露光時間は30秒です。

                  インターバルタイマーを使って、29秒の露光+1秒のインターバルでの連続撮影をするつもりでした。
                  ところが、カメラの設定がBULBではなくて30秒の露光になっていました。
                  構図確認等の試し撮りの設定を変更せずに撮影してしまったようです。
                  その結果、30秒の露光+30秒のインターバルになってしまったようです。
                  うう〜ん、どうしてそうなるのだろう?

                    カメラ及び設定
                      ・60Da
                      ・JPEG
                      ・WBは太陽光(5200K)
                      ・ISO3200
                      ・露光時間は30秒 (インターバルは30秒)

                    レンズ
                      ・AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G → 14mm、F2.8で使用

                    後処理(CameraRaw6)
                      ・ノイズ低減
                      ・周辺減光補正
                    後処理(PhotoshopCS5)
                      ・コントラスト強調
                      ・明るさ調整
                      ・色合い調整





                  思ったよりも流星がたくさん写りましたね。
                  ほぼ狙い通りの写真が出来て、昨年のリベンジができました。

                  比較的明るい流星も写ったし、輻射点(今は放射点と言うのかな?)も分かりますね。

                  でも、設定のミスが惜しかったですねえ。
                  計算では、この2倍の流星が写ったはずですから。

                  2001年のしし座流星群の時に、この撮影機材と処理方法があったら、凄い写真が撮れたでしょうね。
                   


                  続きを読む >>






                  2012.12.15 Saturday

                  ふたご座流星群2012 (1)

                  0


                    12/13の晩に、ふたご座流星群の撮影に出かけました。
                    場所は山梨県北杜市の高根町です。
                    一晩中快晴で、レンズが曇ることもなくて、ほぼ考えていた撮影が出来ました。
                    昨年はすぐにレンズが曇ってしまってひどい目に合いましたねえ。

                    カメラは3台使ったのですが、今日は1台目のカメラの写真をご紹介します。


                    この場所で一番気に入っている景色を入れて、流星を狙いました。
                    固定撮影で、29秒の露光+1秒のインターバルでの連続撮影です。
                    バッテリーは思った以上に長持ちして、1つめのバッテリーは298枚、2つめは270枚も撮影できました。
                    気温は終始−8℃ぐらいでした。


                      カメラ及び設定
                        ・KissX3
                        ・JPEG
                        ・WBは太陽光(5200K)
                           → 現地でいろいろ試してみて良い感じだったのですが、家で見たら赤みが強かったです。
                        ・ISO3200
                           → このカメラでISO3200は初めて使ったのですが、少しノイジーですね。
                        ・露光時間は29秒 (インターバルは1秒)

                      レンズ
                        ・EF16-35mmF2.8 → 16mm、F2.8で使用
                        ・Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろに配置)

                      後処理(CameraRaw6)
                        ・色合い調整
                        ・明るさ調整
                        ・ノイズ低減


                    肉眼ではかなりたくさんの流星が見れました。
                    おおっと声が出るような、とても明るい流星も何個か見ました。
                    でも写野にはなかなか明るい流星が流れてくれません。
                    それでも幾つかは写真に収めることができました。
                    画像をクリックすると、別ウィンドウが開いて大きな画像が見れますので、是非そちらを見て下さい。

                    八ヶ岳の右側に見えるオレンジ色の明かりは、清里のスキー場の照明です。



                    12/13  23:09:30−23:09:59


                    比較的明るい流星が2つ写りました。



                    12/13  00:34:00−00:34:29


                    流星が八ヶ岳に突き刺さったように見えますね。


                    続きを読む >>






                    2012.08.13 Monday

                    やはり曇られてしまいました

                    0


                      昨晩はペルセウス座流星群の極大日でした。
                      天気予報は曇りでしたが、駄目もとでいつもの高根町に出かけました。
                      22時半頃に着くと、雲間が少しあって星が見えていました。
                      でも雲間は広がることはなく、0時頃にはその雲間さえ無くなってしまいました。

                      見えた流星は僅かに2個で、残念ながら写真には写りませんでした。
                      山梨県よりも自宅付近の方が天気は良かったようです。

                      今年の夏は、天気に泣かされっぱなしです。
                      昨日も今日も、昼間はきれいな青空が広がるのですがねえ。
                      明日の金星食も期待薄のようです。



                      北天

                       2012/08/12 22:39  EF24mm F1.4→2.8  固定撮影(59秒)  Lee Soft-3 Filter(レンズの後ろ)
                       EOS 5DMark2 RAW、ISO1600  山梨県・高根町にて


                      着いた時は北天に少し星が見えていました。
                      でもカメラをセットしているうちに雲が広がってしまい、”北斗七星” も ”北極星” も見えなくなってしまいました。
                      八ヶ岳はその姿を終始見せてくれませんでした。



                      南天

                       2012/08/12 22:51  EF24mm F1.4→2.8  固定撮影(59秒)  Lee Soft-3 Filter(レンズの後ろ)
                       EOS 5DMark2 RAW、ISO1250  山梨県・高根町にて


                      南天に少し星が見えたので、カメラをそちらに向けてみました。
                      見えている明るい星は ”フォーマルハウト” でしょうか?
                      気温はずっと21℃前後でした。
                      風が無いのでレンズが曇るかなあと心配しましたが、大丈夫でした。



                      雲間に見えた夏の大三角

                       2012/08/12 23:26  EF24mm F1.4→2.8  固定撮影(59秒)  Lee Soft-3 Filter(レンズの後ろ)
                       EOS 5DMark2 RAW、ISO1600  山梨県・高根町にて


                      この時間帯は、天頂の ”夏の大三角” 付近だけに少し雲間がありました。
                      もっと雲間が広がっていたと感じたのですが、写真では雲間はほんの僅かですね。
                      この構図で35分ほど撮影して、流星を2個見ました。
                      1個は写っていると思ったのですが、駄目でした。
                      流星が写っても、雲が移動してきて隠されてしまったかもしれません。
                      1枚の露光時間を60秒にしたのですが、もっと短くしたほうが良かったですね。


                      1時前には月が昇ってくるはずですが、全く見えません。
                      それだけ雲が厚いということでしょうか?
                      2時半頃に諦めて帰りました。










                      ▲top