星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2016.09.12 Monday

勉強会を開催します

0

    天文写真の画像処理に関する勉強会を開催します。

    7月に発足した北杜市みずがき天文愛好会のメンバーと興味のある一般の方向けです。
      日時 : 9月17日 土曜日  14時から
      場所 : みずがき湖ビジターセンター 2F(みずがき天文愛好会特別観測ラボ)

    当日はゆっくりお茶もしたりご飯も食べたり、難しい話もゆるーい話もしながら画像処理についてみんなで勉強しましょう。
    夜には満月の光で「月光浴タイム」もいかがでしょうか。

    参加には申し込みはいりませんが、行けたら行くよ・・的な連絡もらえると嬉しいです。
      → 「北杜市みずがき天文愛好会」のブログのBBS(電子掲示板)にでも書き込んで下さい。

    会員以外にもこれから天体写真や星景写真を撮ってみようという方も是非ご参加ください。

    急な告知で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。


     








    2016.07.31 Sunday

    アストロフェス IN みずがき 2016

    0

      土曜日の晩に「アストロフェス IN みずがき 2016」が開催されました。

      ほぼ計画通りに進んで無事に終えられて、ほっとしています。





      13時頃の空の様子です。
      梅雨明けはしたものの、雲がどんどん湧いてくるような天気でした。
      女神さ〜ん、雲を追い払って下さ〜い。
      鹿さんも協力願いま〜す。





      雲間から太陽が顔を出したので、Kさんの太陽望遠鏡でお客さんに見てもらっています。
      小さな黒点が1つしか無かったのは残念でしたが、プロミネンスやダークフィラメントが見えて喜んでもらえたようです。
      やはり肉眼で直接見てもらうことはインパクトがありますね。
      実は私もプロミネンスは初めて見ました(苦笑)。
      望遠鏡で天体を見てもらう時に、コツを掴んでもらうことの難しさと、どのように見えかのイメージを提供することの必要性を痛感しました。





      梅雨明け後の初めての週末なので、ビジターセンターへはお客さんがたくさんやってきます。
      そんな人たちにも望遠鏡を覗いてもらいました。

      スタッフの皆さん、日差しが強いなかご苦労様です。

      午後は天気が不安定で、にわか雨に数回見舞われました。
      どうもスタッフの中に雨男(雨おじさん?)がいるようです。





      20時過ぎの駐車場の様子です。
      それぞれの機材を設置して、晴れ間が広がるのを待っています。
      こちらでも雲間の土星などを見て楽しみました。
      いろんな機材で見比べるのも楽しいですね。





      ビジターセンターの2階のテラスでも観望会が行われました。
      一般のお客さんには土星や火星を大きな望遠鏡で見てもらい、喜んで頂けたようです。
      雲間が広がったときに、私たちも星雲星団なども見て楽しみました。


      その後は思いがけずに雲が少なくなり、22時過ぎにはほぼ全天で快晴になり、天の川も見えてきました。
      それからは雲が湧くこともなく、カシオペア付近の秋の天の川も見え、朝まできれいな星空を楽しみことができました。
      晴れ男(晴れ女?)は誰だろう?

      駐車場では観望モードから撮影モードに変わったようです。
      私は星野写真の機材は持ってこなかったので、星景写真を少し撮って遊びました。

      細い月が見えてきた頃、多くの人がエネルギー切れになったようで、私も寝袋に潜り込みました。





      翌朝の6時頃の様子です。
      この青空を見れば、どんな星空だったかは想像できるでしょう。


      今回は初めての開催だったこともあって、いろいろとバタバタしましたが、私たちも十分に楽しむことができました。
      参加して下さった皆さん、本当にありがとうございました。
      次回は、もっと一般のお客さんに楽しんで頂けるようなアイデアもたくさん盛り込みたいですね。
      それにしても、きえいな星空を楽しむことができて本当に良かったです。
      きれいな星空を撮影された皆さん、写真の公開を待っていますよ〜。


       








      2016.07.29 Friday

      アストロフェスINみずがきの開催 いよいよ明日です

      0

        アストロフェス IN みずがき 2016 は、予定通り明日開催します。

        それに合わせたかのように、関東甲信地方では昨日梅雨が明けました。
        星空が見えると良いですね。

        一般の方も楽しめるように企画しましたので、是非お越し下さい。





        連絡先等はこちらのブログをご覧下さい。 → みずがきの森から

        また、「北杜市みずがき天文愛好会」のブログを立ち上げましたので、そちらもよろしくお願いします。
         → ブログはこちら


         








        2016.07.24 Sunday

        アストロフェスINみずがきの開催

        0

          少し前に開催予定を記事にした「アストロフェス IN みずがき 2016」の件ですが、
          詳細が決まりましたのでご連絡させて頂きます。





          連絡先等はこちらのブログをご覧下さい。 → みずがきの森から

          また、「北杜市みずがき天文愛好会」のブログを立ち上げましたので、そちらもよろしくお願いします。
           → ブログはこちら


          関東甲信地方はまだ梅雨明け宣言がでておらず、この先も微妙な天気が続きそうです。
          自称で結構ですので「晴れ男」や「晴れ女」と思われる方がたくさん参加して下さると嬉しいです。


           








          2016.07.17 Sunday

          アストロフェスINみずがき(仮称)の開催

          0

            先日、7/2に山梨県・みずがき湖で天文の集まりを行い、集まった方々で「北杜市みずがき天文愛好会」を立ち上げました。
            会員相互の交流や観測技術向上のための勉強会、そして一番に考えている天文普及や、美しい星空の継承など、長く続けていこうと話し合われました。

            さて早速ですが、企画されたのが「アストロフェスINみずがき(仮称)」の開催です。
            詳しい内容はこれから詰めていきますが、まずは日時をご連絡させて頂きます。


            開催日時 : 2016年7月30日(14時)〜7月31日(昼頃まで)
            場所 : 山梨県・北杜市・みずがき湖ビジターセンター及び駐車場

            どなたでも参加できます。
            会費などは無料です。 (但し施設での買い物、食事などは有料)

            星空のイベントですので、昼間の太陽観測、夜の星空観望会、また参加者同士の交流会が中心です。
            どうぞ奮ってご参加ください。

            詳しいことはこちら → みずがきの森から


             


             








            2016.07.03 Sunday

            7/2のみずがき湖での集まり

            0

              7/2に山梨県のみずがき湖で「天文ファンの集まり」が開催され、楽しい時間を過ごすことができました。

              ブログ仲間のテナーさんとヤマボウシさんが参加して下さり、
              そしてなんと三重県の四日市から駆けつけて下さった方がおりました。
              みなさん、ありがとうございました。






              写真はビジターセンターのこうちゃんさんの機材を囲んで天文談義に花を咲かせている様子です。
              大昔はみんな天文少年だったことがよく分かりました。
              ハレー彗星だの、水素増感だの、という話が出てくるともう年齢がバレバレですね(笑)。


              またときどき集まって、情報交換などをしましょうということになりました。
              会の名前は仮に「北杜市みずがき天文愛好会」とします。





              夕方になって北の空にこんな雲が現れました。


               








              ▲top